IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

離職票が届かない!いつもらえるの?届かないときの対処法

退職ノウハウ

「離職票」について。転職活動をしたことがない方には馴染みのない書類ですが、失業期間の生活を保障する「基本手当」をもらうためには離職票が必須です。今回は離職票が届かないときのトラブルについてです。離職票が届かないのはいくつか考えられる要因があります。

更新日時:

離職票とは?

雇用保険から給付される「失業手当」(現在は基本手当と言います)を受給する際の手続きに必要な用紙です。複写式の緑色で薄い紙のことを指します。 一般的には、在職中雇用保険に加入していた人が離職した場合に、離職後1週間~10日程度で会社から本人宛に送られてくるものです。

離職票が届かない!

離職票の受け取りに関するトラブルはいろいろあります。 もしも離職後10日以上経過しても自宅に離職票が届かない場合は、以下のケースが考えられます。

離職票が届かない・・・留守だったのかも!

離職票には、「住所」「氏名」「生年月日」「企業名」「過去の給与内訳」「離職の理由」等、大事な個人情報がぎっしり詰まってます。 自宅に届かない場合や普通郵便でうっかり紛失してしまうのを防ぐために、一般的に郵便の履歴が残る簡易書留等で郵送をするものですが、簡易書留郵便を受け取るには貰い手のサインが必要。 一人暮らしの人だと余計に、留守で配達員とすれ違うことがありますので、もらいそびれているのかも・・・。 預かり期間を過ぎると会社に書類が返戻されてしまいますので、「離職票が届かない!」と焦る前にまずは前職に電話をして、再送を依頼しましょう。 そのときに自宅で書留を受け取れる時間を伝えるのを忘れずに! 会社が「普通郵便で送りましたよ」と言う場合には、履歴が追えないので(また、普通郵便だとさらにまた届かない可能性が高いです)必ず簡易書留で再送してもらうよう依頼をするようにしましょう。

離職票が届かない!いつもらえるの?届かないときの対処法

離職票が届かない・・・会社の事務処理が遅れているのかも!

規模が大きい会社だと、「離職票を作成するのは月に一度」と手続きについてルールがある場合があります。 また、離職票には毎月の給与を記載する欄があるので、退職月の給与計算が終わっていないと、離職票を100%完成させることはできません。 それでも急ぎでほしいという場合に、一人分だけ先に発行することも可能かもしれませんが、外部に事務処理委託している会社の場合は難しいです。 離職票が届かないことで焦るのはわかりますが、少しだけお待ちを。

離職票が届かない・・・発行を拒否していない?

会社は退職前のオリエンテーションで、離職票の要否を退職者に問います。 「実は転職先が決まっていて、失業給付を受け取るつもりないんですよね~」 こんなことを話していると、離職票をいらないものとして判断し、発行自体していない可能性があります。 離職票不要と思われているので、届かないことも当然です。 自動的に送られてくるものかと思っていた・・・と思っているあなたは一旦会社に「離職票が届かないのですが」と確認したほうがいいかもしれません。

雇用保険に加入していなかった可能性も。

あなたが辞める前は、週に何時間働いていましたか? 週に20時間以上働いていない場合にはそもそも「雇用保険」の加入要件を満たしていません。 「離職票」は「雇用保険に加入していた人の離職証明書」であるので、発行は不可能です。この場合は、離職票の発行が不可能であるため、離職票が届かないのも当然です。 「離職票が届かないのですが」と連絡をしたところで意味がありません。 雇用保険に加入していたかどうかは、会社から入社時に提示された雇用契約書に記載があるはずですので一度確認をしてみるのをお勧めします。

おわりに

というわけで、離職票が届かないことには上記のような何らかの事情が考えられます。 ・雇用保険に加入していなかった場合 ・自分から発行不要と宣言した場合 を除き、離職票は必ずもらえる書類ですので、万が一手元に届かない場合にはとりあえず前職に「離職票が届かないのですが」と問い合わせてみるのがいいでしょう。

会社が発行を拒否する場合には

会社が発行を拒否する場合には、会社がすべき義務を果たしていない状態です。 「離職票が届かないので困っています。会社に発行も希望したのですがどうすればいいでしょうか」と最寄りのハローワークに相談してみてください。 あなたの助けになってくれることでしょう。

離職票が届かない!いつもらえるの?届かないときの対処法

関連タグ

アクセスランキング