IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書】「資格」欄への「自動車免許」の書き方&例

就活ノウハウ

資格の中で、特に多くの学生が共通して持っている「自動車免許」を書く際には、いくつかの書く注意点とポイントがあります。今回はその「自動車免許」の資格欄への書き方をご紹介します。志望企業に応募する人はぜひ参考にして、要領よく履歴書をまとめてくださいね。

更新日時:

履歴書「資格」欄「自動車免許」の注意点

書き方を述べていく前に、ちょっと考えてみたいのが「運転免許がないと就活に不利なのだろうか?」ということ。 かつては就活前に多くの学生が、運転免許はまず取っておく資格の一つでした。ところが近年の若者は、車離れ。都心を中心に自動車所有も減っており、それに伴って自動車学校の卒業者も、自動車免許を取得する人の数も減少しています。ですから、自動車(またはバイクやトラックなど)を運転しない仕事の場合は、履歴書に免許の記載がなくても不利になることはないと言われています。 注意するべきは、運転免許が評価対象になる業種・職種の場合です。営業車や配送車両・輸送車両など、日常的に車の運転が発生する仕事内容の企業は、応募要件にも「○○免許必須」と書かれている場合があります。ドライバーだけではなく、ルート営業などの職種の求人でも、業務に必要な場合は応募資格に自動車運転免許が記載されているケースがあります。そのようなときは、必ず所有免許を正しく記載するようにしましょう。 運転免許が必須でない職種に応募する場合は、他の保有資格と合わせ、その求人・企業に対し、評価されそうな資格は何か、優先順位を付けていくと良いでしょう。履歴書の免許・資格欄は行数が限られています。他にもっと大切な免許・資格がある場合は、そちらを優先すると良いですよ。 書くべき「免許資格」がきちんと整理され、欄内におさまり、かつ自動車免許を持っている場合は、もちろん記載したほうが有利です。運転ができるということは、仕事の幅が広がるからです。主な業務ではなくても、時には配達や面会などの必要が発生することがあります。地方に行けば必ずといっていいほど、車移動が必須になりますから、転勤の可能性も考慮すれば、普通自動車免許はやはり必要です。履歴書に運転免許取得済みと書いておくことがアピールに繋がるわけです。

注意点1:自動車運転免許の種類

書き方を知る前に、自動車運転免許の種類を知っておきましょう。基本的には大きく二つに分かれます。 ・第一種 ・第二種 「第一種」は、一般的な運転に必要となるものです。自動車や原動機付自転などを運転する為に必要な免許証になります。多くの学生が持つ自動車免許はこちらになるでしょう。 「第二種」は、タクシーやハイヤーなどの旅客車両を運転して旅客を運送する場合や、運転代行のように業務として顧客の自動車を運転する場合などに必要です。「第二種」取得するためには、 ・認定の自動車教習所で技能卒業検定に合格すること。 ・運転免許試験場で技能試験に合格すること。 のいずれかが必須条件となります。

注意点2:中型免許は取得していなければついていない

2007年6月2日の道路交通法改正に伴い、車両重量が5トン以上11トン未満の自動車等を中型自動車と定義するようになりました。中型自動車を運転する際に必要となる免許が、中型免許です。この道路交通法改正以前に普通免許を取得している人は、8トン限定と条件付きでこれに該当しています。現在、就活している学生の場合は、普通自動車免許の運転条件が変更されたことにより、中型免許は付いていないことになります。

注意点3:取得日を知るには左下の欄を見る

免許証の取得日は左下の日付をチェックしましょう。四輪免許は普通自動車だけ、という場合は「他」の欄に書かれている日付になります。 免許証の上部に「交付」と記されている期日は、その免許証の発行日であり、再交付日や更新日など、必ずしも取得した日とは限らないので、注意が必要です。

注意点4:全ての免許の取得年月日を知る方法

「普通」以外に「大型」や「中型」など他の自動車第一種免許を取得している場合は、「他」の欄を見ただけでは、それぞれの取得年月日はわかりません。バイク関係を表す「二・小・原」、四輪関係を表す「他」、二種をひとまとめにした「二種」の3つしか枠がありません。この取得年月日を知るには、ICチップの記載情報を専用端末で閲覧する方法があります。 警察署もしくは免許センターの専用端末を使用することで、記載のない種類の免許取得日を知ることができます。端末の利用には免許を取得・更新した際に設定した暗証番号が必要になりますから、忘れずに準備していきましょう。 専用端末の名称は、警察署もしくは免許センターによりまちまちですが、「IC免許証読み取り装置」「IC免許証確認装置」といった名前で扱われている場合が多いです。

注意点5;運転免許は全部で14種類

まず、自分の保有している免許を把握するために、免許証を確認しましょう。2015年2月現在、日本の運転免許はぜんぶで下記14種類です。 1.大型=大型自動車 2.中型=中型自動車 3.普通=普通自動車 4.大特=大型特殊 5.大自二=大型二輪 6.普自二=普通二輪 7.小特=小型特殊 8.原付=原動機付自転車 9.け引=けん引 10.大二=大型二種 11.中二=中型二種 12.普二=普通二種 13.大特二=大型特殊二種 14.け引二=けん引二種

履歴書「資格」欄「自動車免許」の書き方

書き方1:第一種と第二種の自動車免許の書き方は、正式名称で書く 第一種の自動車免許の場合は、一般的な自動車免許なので「第一種」を省略しても記載してもどちらでも可です。 第二種の場合は特殊な免許ですから、しっかりと正式名称で書きましょう。第二種の場合は第一種よりも貴重な運転免許で、取得者も第一種と比べて少ないですから、就活の際は業種によって、有利になることがあります。志望企業がこのようなプロフェッショナルな運転免許を求めるか否かは、あらかじめ調査しておきましょう。 普通自動車(第一種)運転免許 普通自動車第二種運転免許 書き方2:「AT限定」の場合の書き方 オートマ限定の免許証とはオートマチックの車両のみに限定して運転する事ができる自動車免許証の事を指します。オートマ限定の自動車免許証はマニュアルを運転できる免許証よりも短時間の教習で取得する事ができます。教習の全体時間が短くなるので教習所へ通う為の費用も少なく済み、取得している人が年々増加している免許証です。 ではこのオートマ限定の自動車免許を取得している場合の履歴書の書き方はどのようにすると良いのでしょうか。 ・普通自動車運転免許(AT限定) ・普通自動車第二種運転免許(AT限定) この場合は、正式名称でオートマチック限定と書かずに、AT限定とかっこ書きで記入します。伝わりやすさ、見やすさという点でこの書き方が標準とされています。 マニュアル車の自動車免許については、限定免許ではないのでこちらが標準となり、かっこ書きをつけずに上記2種の正式名称となります。

履歴書「資格」欄「自動車免許」の記載例5個

「自動車免許」の書き方について説明してきました。それでは実際の例を挙げておきましょう。

履歴書「資格」欄「自動車免許」の例1:普通

平成○○年 1月 普通自動車第一種運転免許 取得

履歴書「資格」欄「自動車免許」の例2:AT限定

平成○○年 ○月 普通自動車第一種運転免許(AT限定)取得

履歴書「資格」欄「自動車免許」の例3:大型

車両総重量11t以上、最大積載量6.5t以上の車両になります。 平成○○年 ○月 大型自動車第一種運転免許 取得

履歴書「資格」欄「自動車免許」の例4:普自二

400ccクラス、250ccクラスのような中型や125ccや90ccの小型バイクなど、総排気量が51cc以上で400ccを超えないバイクで、AT限定免許、小型二輪限定免許、AT小型限定免許の3種類があります。 平成○○年○月 普通自動二輪車免許(AT限定)取得

履歴書「資格」欄「自動車免許」の例5:大自二

750ccや1300ccなど、総排気量400ccを超えるバイクです。 平成○○年○月 大型自動二輪車免許 取得

おわりに

履歴書「資格」欄「自動車免許」の書き方についてみてきましたが、いかがでしたか? 運転免許は必ずしも持っていなくても不利なものではありませんが、持っている場合は、自己PRの一環として記載しておくことをお勧めします。武器は有効に使うものですからね!この記事を参考にして、要点を押さえたアピール履歴書をぜひ作成してください。 他にも、面接の方法や履歴書の書き方などの就活の不安は新卒エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)