面接の服装はクールビズでもいい?現在の面接事情

就活ノウハウ

面接の服装はクールビズでもいい?現在の面接事情

更新日時:

shin21

現在では多くの企業でクールビズスタイルが浸透してきています。それは働く側だけではなく、導入企業に来訪する人たちつまりは面接目的で来訪する学生にも近年クールビズの適応が推進されるようになってきています。ですが、「面接でクールビズ」とは面接を受ける側にとってはとても難しいですよね。軽装で面接を受けることが許されてもどのような服装が望ましいのか、どこまでが許容なのか明確なガイドラインがあるわけではないので判断できなのが実情です。

今回はクールビズ面接の服装についてご紹介していきます。クールビズで行くべきかどうか悩んだ就活生の方はぜひ一読ください。

クールビズでもいいの?浸透するクールビズ社会

一口でクールビズといっても業態や社風などによって大きく異なりますが、ポロシャツやTシャツ、Gパンにチノパンのスタイルは面接ではNGと認識しておくことが大切です。企業側から「クールビズなので軽装でお越しください」と案内があった場合でも、多くの企業は面接に来訪する学生に配慮してのケースが多く、このような案内があっても服装には注意を払う必要があります。

それでは許容されるクールビズの服装はどういったものなのでしょうか?

クールビズを意識した服装

面接でクールビスを意識した服装は男性はジャケット、ネクタイは不要、長袖(半袖)白シャツ、スーツ用のズボン、革靴といったスタイルが望ましいでしょう。女性の場合はスーツ用のスカートと靴は黒のパンプス以外はすべて同じとなります。

ただし、シャツは半袖よりも長袖の方が面接という場では好ましいでしょう。また、いくら暑くても面接で腕まくりなどをしてはいけません。場に相応しくない行動は避けましょう。

クールビズ面接の常識

前述でも、解説したようにクールビスの定義は社風や業態によって考え方が異なります。そのため、クールビスの案内があっても企業側にとっては「面接なのだからスーツ着用で来る」という考えのある企業もあります。

どちらか自分で判断できない場合は無難にリクルートスーツを着用していくことが望ましいでしょう。スーツを着用したからといって自分だけが浮いてしまうということはありません。もし、心配という方はクールビズの服装にネクタイなどを持参されてはいかがですか。

まとめ

難しいクールビズと面接の関係、しかし面接には相応の服装が求められます。服装で合否に影響する企業も中にはあることを覚えておきましょう。面接官などに好印象を持ってもらう事が大切です。そのため面接時の服装には注意をはらいましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)