エンジニアがUX/UI入門する際におすすめの本5冊

デザイン

今回は、そんなUX/UIに入門するのにおすすめの本をご紹介していきます。これまで、UX/UIはデザイナーとして働く人々に深く関連する概念でした。しかし、今後は、エンジニアやプログラマーなどのデザイナー以外の職に就く人も、知っておいた方が良いでしょう。この機会にぜひ、UX/UIに入門してみて下さいね!

更新日時:

UX/UIとは、「UX」という言葉と「UI」という言葉をまとめた単語です。実際には、それぞれ異なる意味を持っています。簡単に言えば、UXとは「体験」を意味する単語です。例えば、皆さんが今、パソコンやスマートフォンの画面を通して、この記事を読んでいることも体験であり、UXと言えます。一方で「UI」は、皆さんが見ているパソコンやスマートフォンの画面のことを指します。IT業界では、UXはサービスを使う体験や使用感を意味することが多く、UXはデザインやアイコン、レイアウトのことを指すケースが殆どです。 今回は、そんなUX/UIに入門するのにおすすめの本をご紹介していきます。これまで、UX/UIはデザイナーとして働く人々に深く関連する概念でした。しかし、今後は、エンジニアやプログラマーなどのデザイナー以外の職に就く人も、知っておいた方が良いでしょう。この機会にぜひ、UX/UIに入門してみて下さいね!

厳選!UX/UI入門におすすめの本5選

それでは、UX/UIの入門におすすめの本をご紹介していきます。本の特徴や価格、著者などもまとめているので、気になる本があったらぜひ参考にしてみて下さいね。

1.SF映画で学ぶインタフェースデザイン アイデアと想像力を鍛え上げるための141のレッスン

・著者: Nathan Shedroff(著), Christopher Noessel(著), 安藤幸央(監修,翻訳), その他 ・出版社:丸善出版 ・価格:3456円(2016年5月6日現在) ・ページ数:371ページ SF映画の未来的なデザインから、インターフェースデザインが学べる入門書。インターフェースデザインとは、UIのことです。しっかりと研究された理論から、UIの概念を理解することができます。

2.インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

・著者:Susan Weinschenk(著), 武舎広幸(翻訳), 武舎るみ(翻訳), 阿部和也(翻訳) ・出版社:オライリージャパン ・価格:3024円(2016年5月6日現在) ・ページ数:288ページ 一見IT業界と関係のなさそうな心理学という観点から、インターフェースデザインについて述べている本です。デザインが人の心理に与える影響について学ぶことができます。また、デザインだけでなく、コミュニケーションの取り方など、ビジネス全般に関わる内容についても触れているので、エンジニアやプログラマーとしても学ぶ点がたくさんある1冊です。

3.失敗から学ぶユーザインタフェース 世界はBADUI(バッド・ユーアイ)であふれている

・著者:中村聡史 ・出版社:技術評論社 ・価格:3218円(2016年5月6日現在) ・ページ数:256ページ 間違ったり失敗したりしやすいデザイン「バッドユーアイ」に関する、200以上の例や写真が掲載されているUX/UI入門書籍です。それらのデザインがなぜわかりにくいのか、解説もされているので、失敗例からUX/UIについて学べます。

4.UXデザイン入門

・著者:川西裕幸(著), 潮田浩(著), 栗山進(著) ・出版社:日経BP社(2016年5月6日現在) ・価格:2800円(kindle版/2016年5月6日現在) ・ページ数:194ページ UXデザインがどのようなものなのか、そしてどのようにして構築していけば良いのかを、詳しく解説している本です。説明するのが難しい、概念的な要素も、文章で分かりやすく表現しているので、UX/UI入門書としておすすめの1冊と言えるでしょう。

5.誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論

・著者:ドナルド・A. ノーマン(著), D.A. ノーマ(著), 野島久雄(翻訳) ・出版社:新曜社 ・価格:3564円(2016年5月6日現在) ・ページ数:427ページ インターフェースデザインの入門書としては、定番と言われている1冊。長く読まれているだけあって、紹介されている例などが多少古いものもありますが、現代社会に置き替えてみても十分当てはまるものばかりです。デザイナーだけでなく、プログラムやシステなどを含めた「物作り」に関わる職種に就いている方なら、読んでおいて損はない1冊と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、UX/UIの入門に特におすすめの、5冊の本をご紹介しました。1冊読み終えたら、ぜひまた新たな1冊を手に取って、繰り返しUX/UIについて学習することをおすすめします。UX/UIに関する本は、概念的な内容のものが多いだけに、著者や出版社によって、全く異なる見解や意見と出会えるかもしれませよ。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)