フロントエンドエンジニアの平均年収・年収アップに必要なこと

転職ノウハウ

今回は、フロントエンドエンジニアの平均年収についてご紹介していきます。現在フロントエンドエンジニアとして働いてる方は、自分の年収と比較してみて下さい。また、フロントエンドエンジニア以外のエンジニアの皆さんも、自分の職種と比較して稼げる職業なのかどうか、考えてみてはいかがでしょうか。

更新日時:

年収に満足してますか?

現在、エンジニアとして働いている皆さんは、自分の給与や年収に満足していますか?エンジニアは、技術を提供する職業。営業職などと異なり、仕事の成果が数値で出るわけではないので、自分の年収が提供している技術や働きぶりに相応しいものなのか、考えづらい一面があります。しかし、貴重な技術を企業や社会に提供し、さまざまなシステムなどの成長や発展を支えている存在なのですから、技術に見合った正当な報酬を得る権利が、エンジニアにはあります。 数値化しづらいエンジニアの技術や仕事ぶりが正当に評価され、それに見合った給与であるかどうか、判断するのは難しいことですが、その方法の1つに、他の職種との平均年収の比較があります。自分と同じ職種、また異なる種類のエンジニアの平均年収がどのくらいなのか知ることで、自分の給与や年収が適正なものなのか、考えることができるのではないでしょうか。 そこで今回は、フロントエンドエンジニアの平均年収についてご紹介していきます。現在フロントエンドエンジニアとして働いてる方は、自分の年収と比較してみて下さい。また、フロントエンドエンジニア以外のエンジニアの皆さんも、自分の職種と比較して稼げる職業なのかどうか、考えてみてはいかがでしょうか。

フロントエンジニアの平均年収事情

フロントエンドエンジニアの平均年収についてご説明する前に、フロントエンドエンジアがどのような職業なのか、ざっくりとご紹介しておきますね。 フロントエンドエンジニアは、かつてはHTMLコーダーやマークアップエンジニアと呼ばれていた職業を含む、比較的新しい職種です。主に、webサイトなどの記述。ユーザーが直接閲覧するページやコンテンツを、JavaScriptやHTML、CSSなどを駆使して構築し、画像などを挿入しながら作成していく業務を担当しています。 フロントエンドエンジニアの業務内容やポジションは、企業によって異なる場合もあります。企業や部署によっては、画像の作成や編集、webページのデザインを担当することもあるので、幅広い分野の知識や技術が求められる職業でもあるのです。

フロントエンドエンジニアの平均年収

それでは、フロントエンドエンジニアの平均年収を見ていきましょう。今回は、「世界の求人検索エンジニアIndeed(※1)」のデータを参考にして、考察していきます。 「Indeed」に掲載されている「フロントエンドエンジニア」の求人情報を見ますと、フロントエンドエンジニアの年収には、大きくばらつきがあります。平均年収は400万円にはなりますが、求人により求める技術範囲が違い、「350-500万円」「500-700万円」といった大きく2種類に分かれて求人があります。 一般的には、30代フロントエンドエンジニアの平均年収が400万円と言われています。しかし、センスや技術次第では、20代で年収400万円以上稼ぐことも可能で、「技術力」だけでなく「技術範囲」も大きく年収に影響します。 開発知識を活かし、webディレクターのような役割もこなせるようになると、年収500万円以上稼ぐことも不可能ではありません。とはいえ、webディレクターやマネージャーのようなポジションに就くには、フロントエンドエンジニアとしての実力以外にも、マネージメント能力なども求められるので、社会経験・技術経験を積んだ、40代が多くなります。このような背景から、40代フロントエンドエンジニアの平均年収は、500万円前後と考えられます。 フロントエンドエンジニアの求人情報の中には、実力や条件を満たせば年収1200万円というものも存在します。実力が認められれば、年齢やキャリアに関係なく、昇格や昇給が期待できる職業です。

webデザイナーやHTMLコーダーの平均年収

フロントエンドエンジニアと業務内容が似ている、webデザイナーやHTMLコーダーの平均年収はどのくらいなのでしょうか?「DODA 平均年/生涯賃金データ2014(※2)」によると、webデザイナーの平均年収は、以下のようになっています。 20代:300万円 30代:349万円 40代:387万円 平均年収としては、全体的に、フロントエンドエンジニアの平均年収の方が高いと言えます。 HTMLコーダーの場合は平均年収は370万円前後です。給与や年収の水準としては、webデザイナーと同程度と言われているので、HTMLコーダーの給与と比較しても、フロントエンドエンジニアの給与や年収の方が高いと考えられます。 フロントエンドエンジニアはHTMLコーダーの業務を包含していることが多いため、フロントエンドエンジニアのほうが平均年収が高くなる傾向があります。また、Webデザイナーでは勤める企業によりデザインだけの狭い範囲の業務から、コーディングまで行うといった幅の広い業務まであり、年収の幅も大きくなります。そのためフロントエンドエンジニアとの年収比較にはあまり意味はないでしょう。

フロントエンドエンジニアは技術力・技術範囲・センスが年収アップの軸

いかがでしたでしょうか? 将来的に、フロントエンドエンジニアとして働きながら高い収入を得る為には、幅広い分野の知識や技術を習得することが必要です。まずはコーダーやWebデザイナーとして少しずつ自分の専門業務を広げていくことで、フロントエンドエンジニアとして活躍していけるでしょう。

自信がある人もない人も転職して年収UP!

IT転職なら、ITに特化した転職エージェント「レバテックキャリア」がおすすめ。 経験豊富なコンサルタントがあなたのキャリアをサポートします。 求人数はトップクラスを誇ります。 まずは、無料登録から始めましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)