IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「銭ゲバ」の意味は?「守銭奴」との違いや漫画の名言も詳しく解説!

更新日:2022年03月07日

言葉の意味

「銭ゲバ」の正しい意味と使い方を解説します。銭ゲバの由来になったジョージ勝山さんの漫画についても、あらすじや名言を交えて紹介しています。この記事を読めば、銭ゲバとお金に関して似た意味を持つ「守銭奴」との違いがわかるでしょう。

「銭ゲバ」の意味と「守銭奴」との違いを解説!

「銭ゲバ」と「守銭奴」は、似ているようで全く意味が違います。しかし、違いが分かりにくいため、混同して使われている場面が多いです。銭ゲバの正しい意味と使い方がわからない、という人も多いのではないでしょうか。 この記事では、銭ゲバの意味や使い方について解説します。銭ゲバの意味がわかれば、守銭奴と使い分けられるようになるでしょう。

「銭ゲバ」の意味とは?

銭ゲバは、お金に関する言葉であることは知っていても、詳しい意味は説明できないという人が多いです。この記事を読んで銭ゲバの意味を学び、正しく使えるようにしましょう。ここからは、銭ゲバの意味を、名前の由来や守銭奴との違いとあわせて解説します。

「銭ゲバ」の意味と使い方

銭ゲバは、「お金に対する執着心が強く、お金のためならなんでもする人」という意味です。「お金のためなら、どんな仕事でもこなすため、彼女は銭ゲバに違いない」というように使用します。「彼の銭ゲバっぷりには、言葉も出ない」と、使用することも可能です。 出典:「銭ゲバ」の解説|コトバンク 参照:https://kotobank.jp/word/%E9%8A%AD%E3%82%B2%E3%83%90-719009

「銭ゲバ」の由来

銭ゲバの由来は、ジョージ秋山さんの漫画のタイトルです。漫画の内容になぞらえて、お金に執着が強い人を、銭ゲバと呼ぶようになりました。 銭ゲバは、銭とゲバルト(Gewalt)を組み合わせて作られています。ゲバルトは、学生運動などの報道に使われることが多い、「実力行使」を意味するドイツ語です。お金のためなら武力行使も厭わない人、という意味が込められています。

「銭ゲバ」と「守銭奴」の違い

お金を使うことを嫌い貯め込むことに執着する人を、「守銭奴」と呼びます。一方、お金を稼ぐ事ばかりを考えてそのための手段を選ばない人を、「銭ゲバ」と呼びます。銭ゲバは、貯蓄をするよりも、収入を増やすことにこだわる人を意味する言葉です。 銭ゲバと守銭奴は、お金に執着するという点が共通しています。しかし、お金の求め方は違うため、意味を混同しないように気をつけましょう。

「銭ゲバ」の漫画とは?

銭ゲバは、ジョージ秋山さんが発表した漫画です。1970年から1971年にかけて、週刊少年サンデーで連載していました。2009年には、テレビドラマ化もされています。漫画の流行から、銭ゲバという言葉は広がっていくことになります。

「銭ゲバ」の漫画のあらすじ

次のページ:「銭ゲバ」の意味を理解して使うと表現の幅が広がる
初回公開日:2022年03月07日

記載されている内容は2022年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング