IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

武井バーナーのパープルストーブを知って自分好みのヒーターを見つけよう!

アウトドア・スポーツ

夏のキャンプも楽しいですが、これから寒くなってからのキャンプも風景の移り変わりや温かい料理で気持ちがとても和むので、楽しみな季節になってきました。すると大事なのはストーブで欠かせないアイテムです。調理にも使え暖も取れる武井ストーブの魅力をさぐってみます。

コンパクトで暖かくルックスもの武井バーナーのパープルストーブとは?

寒い季節になってもアウトドアの楽しみはたくさんあり、もちろんキャンプや釣りなど楽しめることがたくさんあります。そんなシーズンのアウトドアに必要なのは調理にも暖を取るのにも活躍するストーブの存在でしょう。 とくにアウトドアに持っていくからにはなるべくコンパクトで、しっかりした火力のものが必要です。現在なのは武井バーナーのパープルストーブがです。

武井バーナーのパープルストーブの特徴

武井バーナーのパープルストーブは真鍮製の美しいデザインと低価格で入手がしやすい灯油を燃料に使っているところが特徴で、アウトドアにつきものの風にも強く、簡単に消えない構造になっています。 この現在大の武井バーナーパープルストーブの特徴を見ていきます。

特徴1:コンパクトなボディから発せられる高熱量

武井バーナーパープルストーブの特徴はコンパクトな本体からは想像もできない高熱量で、1リットルの水を夏なら2分、冬なら4分で沸騰させることができる高火力になっています。 しかも着火に要する時間は約80秒と非常に早く着火することが可能です。さらに完全燃焼タイプなので、アウトドアにつきものの風の影響が少ないです。

特徴2:味わいのあるレトロなルックス

強さも重ね持った真鍮を採用しているこのレトロなデザインで、今までのアウトドアグッズにありがちだった武骨な印象はほとんどありません。 さらにこの武井バーナーパープルストーブ特有のデザインはキャンプなどのシーンにもものすごくマッチし、気分を盛り上げてくれることでしょう。そして堅牢なつくりと安定した性能がしっかりと火力を提供してくれます。

特徴3:灯油が燃料なのでランニングコストが安価

武井バーナーパープルストーブは、燃料として安全で入手しやすく比較的安価な灯油を採用しているので、使用の際のランニングコストも安く済みますので、経済的に使えます。 しかも灯油を使用するストーブにありがちな予熱にアルコールなどの他の燃料は一切使うことはないですので、安全に使用することができるようになっています。

特徴4:火入れに手間がかかる

ただし、灯油を燃料として使用しているため、火入れの際のポンピングにかなり労力と手間が必要です。これは灯油を燃料としているストーブの宿命ともいえるので、いささか仕方がないところもあるかと考えたほうが良いです。 ただこういった作業に手間がかかるのもアウトドアならではの楽しみといった具合にとらえておいた方が良いでしょう。

武井バーナー含む灯油ヒーター総合5

武井バーナーパープルストーブは今大ですが、アウトドア向けの暖房と調理に向けた灯油ヒーターは数多く発売されています。これらの灯油を使用したストーブの中で評判が良いタイプをまとめてみました。 現在の灯油ストーブを武井バーナーを含めて各メーカー5種類紹介していきます。

の基準
  • 火力の大きさ
  • 燃料のコストパフォーマンス
  • 連続燃焼時間

1位:2泊以上なら【武井バーナー パープルストーブ 501aセット】

武井バーナー パープルストーブ 501A 中古
武井バーナー パープルストーブ 501aセット
武井バーナー パープルストーブ 501aセットの特徴
  • 入手がしやすく安価な灯油を燃料に使用
  • 連続燃焼時間10時間の大容量
  • 風に強い完全燃焼型

アクセスランキング