IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

課長と部長はどう違うのか?一般的な違いと必要とされるスキル5つを紹介

ビジネスマナー

部長と課長という役職には当然違いがあります。役職は大きさによって責任というものが発生します。役職になるのに必要なことを知り、解決するためのスキルや必要なことを知ることで、役職を目指しやすくなり、毎日の仕事に対する向き合い方も変わってきます。

更新日時:

部長と課長はどちらが上?

部長と課長を比べた場合部長が上になります。会社にはさまざまな役割があり、それは規模が大きくなるほど多くなっていきます。 役職はこの二つだけではありません。部長の下に次長や課長や係長などの役職が存在するという事を覚えておくと、名刺交換の際にどちらからすればよいかなどを悩むことがなくなります。 どういう役職があるのかを知っておくことは、決して無駄になることではありません。

部長と課長のお給料の違いはどのくらい?

基本的に偉い順でいえば部長なので部長のほうが必然的に給与は高くなります。部長の下に課長が多く紐づけられるイメージなるため、それをまとめる役職として相応の給与を得ることになります。 もちろん、課長も役職であるので役職を持っていない社員よりはほとんどの場合高くなります。

なぜ部長と課長が必要なのか?

役職は無駄に存在するわけでありません。組織は大きくなるほどに管理する人間が必要になっていきます。 無駄に存在しているという訳では当然なく、部長、課長という役割を置くことで、より効率的な仕事をすることができます。

組織の構成を区分けするため

部長がより経営の視点により、課長はより現場に近い視点に置きやすい役職です。部長と課長では役割は当然ことなります。 それぞれが会社が発展するためには大事な視点であり、それをわけることによって運営を効率化でき、発展させやすくします。また、わけていくことによって問題点ができても解決しやすくすることができます。

区分けした組織を長でまとめるため

大きなものを一人でまとめるとどうしても粗が出やすくなります。部長という存在と課長という存在を複数配置することによって、効率よく運営できる体制を作ることができます。 このまとまりはなにを目的としているのか、ということを明確にすることで、社員は動きやすく目標意識も高めることができます。小分けにすることで、その上のまとめる人が動かす時に動かしやすく、タイムラグも少なくできます。

部長と課長の違い

部長と課長では当然やることもできることも違いがあります。役職の名前が違うだけということはもちろんありません。 部長には部長の、課長には課長のできること、しなければならないことというのが当然定められています。

権限の範囲が違う

部長はより経営という大きな視点で権限を持ち、課長はその部長よりも現場に近い視点でふれる権限を持っています。もちろん、部長のほうが大きく権限を持っています。 部長のほうが大きな権力を持っているのは事実ですが、それは逆にいうと課長には必要のない権限であるともいえます。部下も権限の範囲というものを知っておくと、下についたときに納得しやすく、動きやすくなります。

管理する範囲が違う

部長はいわば戦略を考え、課長は戦術を考えるとすれば、おのずとその範囲の違いに気づくことができます。規模の応じて必要な能力も考え方も違ってきます。 枠の大小で請け負う仕事に差がでてきます。人をどちらかとみていかなければならないのが課長で、部長はより大きな視点で見ていかなければならないため、その管理する範囲には大きく違いが発生します。

部長や課長になるために必要な5つのスキル

部長や課長になるために必要な5つのスキル

人の長となるというのは、誰しもができることではありません。役職を持つというのはより多くの部下を持つことです。部下持ち、そしてより良い形で使っていくには必要なスキルというものが存在します。 ここではそのスキルを5つ紹介します。もちろん、ここで紹介するものが全てではなく、必要なものを吸収していくという姿勢が必要になっていきます。

部長や課長になるために必要なスキル1:柔軟な組織管理

管理職というのは、少なからず組織運営に関わっていく役職です。人が多くかかわり、変化していく中に存在する役職であるので、柔軟性というものは重要になります。 一つのものにとらわれ過ぎない柔軟な組織管理のやりかた、考え方というものを意識しながら勉強していくと、突発的なアクシデントに直面した際も慌てることなく対処していくことができます。

部長や課長になるために必要なスキル2:自発性の高い部下の育成

管理職は部下を育てることも大事な役割となります。どうやれば効率的に、部下を負担なく育てていくことができるのかという指導力が必要になります。 押しつけがましくならず、思考を柔軟に、部下に合わせた教育というものは難しいものではあります。しかし、少しづつでもそれができるようになれば、自分の仕事も楽になっていきます。

部長や課長になるために必要なスキル3:弛まぬ自己研鑽

役職につくことができたと安心するのではなく、次に進もうという向上心が大事です。役職というのは認められた証であるともいう事ができますが、その分責任というものが発生します。 問題を起こさず、より評価されるためにはそこで満足せずに向上心を持って、次にいくという上昇する気持ちを持つことがトラブルを発生させないためにも大切なポイントです。

部長や課長になるために必要なスキル4:俯瞰的な視野

大きく俯瞰的な視点を持つことは、管理職だけでなく他の仕事をする上でも大事な能力です。俯瞰的に物事をみることで他の社員が気付くことができてない点に気付くことができます。 また、広く視野をとることができるため、事前にトラブルが起きそうな点を察知して避けることもできるため、管理もしやすくすることができます。

部長や課長になるために必要なスキル5:グローバルな情報収集力

人も仕事も流動していくものであるため、情報収集能力は必要です。自分の会社のことや、部下のことなど、知っておかなければならない情報というものは役職が上がるに応じて多くなっていきます。 知るべき情報とは何かをまず知り、それを調べる能力を持つことで、どういう問題があり、何をすればいいのかという事をはっきりとさせることができ、仕事を効率に行うことができます。

部長と課長以外の一般企業の役職

部長や課長以外にも当然役職は存在します。会社によってさまざまであり、同じ役職が必ずあるというわけでは当然ありません。 よく使われる役職には、上から部長、次長、課長、係長、主任などがあります。これらは、会社の規模や必要に応じて変わるものですが、どういう順番でどれが偉いのかという順番を覚えておくことで挨拶などをする際に困らなくて済みます。

課長と部長の違いを知るとまた違ったものが見えてくる

役職の違いを知ると、目指すものが見えてきます。部長や課長など、どういう役職があって、それらがどういう動きをして、何を目的にしているのかという事を知っていくと、それを目指すためには何が必要なのかがわかってきます。 目的をはっきりとさせ、そこに到達するにはどういうスキルを得ればいいのかを考えて仕事をしていくことで、毎日の仕事もスキルアップするチャンスに変えていくことができます。

アクセスランキング