IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

もらって嬉しい年賀状の添え書きの例文3つ|年賀状の添え書きの仕方

初回公開日:2019年10月16日

更新日:2019年10月16日

記載されている内容は2019年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

年賀状は、1年の始まりになるとも言われています。毎年書いているとマンネリしてきたと感じる方もいるのではないでしょうか。この記事では年賀状が宝物になる添え書きの仕方から例文についてまで紹介します。年賀状を宝物にしたいと考えている方は、ぜひ読んでみてください。

年賀状の添え書きとは

年賀状に手書きで、一文付け加えることを添え書きといいます。送る人によって出産や結婚などの近況報告をします。年賀状がただの郵便物から、大切な宝物になるちょっとした工夫です。 この記事では、どうすればいいか分からない添え書きのやり方を紹介していきます。ぜひ、参考にして今までの年賀状とはひと味違う年賀状で驚かせましょう。

添え書きはどんな内容がいい?

添え書きの内容は、大きく分けて4つ最適なものを紹介します。それは近況報告と新年の抱負、共通の話題や振り返りです。 この記事では、添え書きの内容にふさわしいものを紹介していきます。書き方の分からない人などは、読んで参考にしてください。

近況報告

年賀状の添え書きにふさわしい内容として、近況報告を書くのは一番無難です。近況報告に分類されるのは、出産や結婚、転職と退職などがあります。特に出産と結婚は、相手を選ばず年賀状の添え書きに書きやすいです。 出産と結婚は基本的におめでたいことなので、万人受けしやすいでしょう。もちろん、年賀状の添え書きにどの程度書くかは、相手によって多少変える必要がありますよ。

新年の抱負

ありきたりな年賀状の添え書きは嫌だと考えている人には、新年の抱負を選ぶといいでしょう。個性的で他の年賀状より目立てますし、多くの場合新年の抱負を達成しなければいけなくなります。 どうしても達成したい目標や夢がある人に、向いています。年賀状の添え書きに書くことで新年の抱負を記憶に残しやすくなるので、オススメです。

共通の話題や振り返り

相手と自分にしか分からない共通の話題や、1年の振り返りを年賀状の添え書きにするのは、より親密さと相手に関心があることを伝えられます。 共通の話題を年賀状の添え書きに選ぶのは、共通の秘密を持っているようで特別感が増します。親しくなりたい人や、もっと親しくなりたい人などに効果的です。

もらって嬉しい年賀状の添え書きの例文3つ

年賀状の添え書きの書き方が分からない場合でも、安心して書けるように例文を4種類紹介していきます。例文の種類は、近況報告と新年の抱負、共通の話題や振り返りです。 誰にでも書ける例文や目上の人向けの例文、同僚・部下向けの例文や取引先向けの例文など4種類それぞれ細かく解説します。 例文を元にしてオリジナリティーを入れるのもいいですし、参考にしてオリジナルの添え書きを書いてもいいでしょう。あなたの好みに合わせて、年賀状の添え書きを考えてください。

もらって嬉しい年賀状の添え書きの例文1:近況報告

アクセスランキング