IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

忌引き休暇は有給扱い?忌引き休暇について確かめておくべきこと7つ

ビジネスマナー

どうしても、休まなければならない事柄に忌引きがあります。忌引きは有給扱いになるのかが、気になりますが、果たして忌引きが今働いている会社ではどういった扱いになるのかを知ることが大切です。そして、一般的には忌引きは有給扱いになるのかも知っていきましょう。

更新日時:

忌引きとは?

忌引きとは、自分の家族や親族が亡くなった際に、喪主を務めなければならない、もしくは葬儀人参列しなければならないときに取得する休暇のことをいいます。つまり、身内の葬式に参加するためにもらう休みのことを忌引き休暇と呼びます。 忌引き休暇は、会社によってあるところとないところがあるので、企業規則を確認しておくことが大切です。もし、忌引き休暇を使う際には何日間まで忌引き扱いになるかも確認すると良いでしょう。

法廷休暇と法定外休暇

休暇には、法律で定められている法定休暇と、定められていない法定外休暇があります。法定休暇は、労働基準法で定められた年間5日間は有給を使用しなければならないなどの決まりのことで、法定外休暇になると企業で独自に定められた休暇のことをいいます。 例えば、忌引きを例にあげると忌引きで休む場合に、忌引き扱いになる日数や自分とどのような間柄かで取得できる日数が決まることなどがあります。

忌引き休暇は法定外休暇にあたる

忌引き休暇は、法定外休暇にあたります。忌引きは法で定められた休暇ではないので、忌引きも有給扱いになる会社もあります。忌引きは有給として消化されるのかされないのかは、企業規則で定められているので確認が必要です。 もし、忌引きが有給扱いになるか知らない場合には、企業規則を前もって調べておくのも大切でしょう。

忌引き休暇について確かめておくべきこと7つ

忌引き休暇は、有給とは違い、前もって取得するよりも突然取得しなければならない休暇の一つなので、確かめておくべきことがあります。その主に確かめておくべきことを7つ紹介します。 あまり忌引き休暇は使いたくて使う休暇ではありませんが、もしものときのために前もって確認しておくことで、いざという際にはスムーズにトラブルなく処理できるでしょう。

忌引き休暇について確かめておくべきこと1:忌引き休暇が就業規則に定められているか

忌引き休暇が就業規則に定められているか確認しておくことは大切です。そもそもが、忌引きは有給扱いになるのか、有給が消化されない休暇になるのかを職場に確認することはトラブル回避として重要です。 もし、忌引き休暇が有給扱いでも、法的には問題ではないのであらかじめ確認しておきましょう。

忌引き休暇について確かめておくべきこと2:忌引き休暇が取得できる雇用形態

自分の雇用形式が忌引き休暇を取得できる雇用形式なのかを確認することも大切なことです。雇用形式によって、忌引きが有給扱いになる場合もあります。職場に忌引き休暇があっても、雇用形式によっては取得できない場合もあるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。 例えば、派遣社員や契約社員、準社員の場合、忌引きではなく有給扱いになる場合もあるので確認しておくと良いでしょう。

忌引き休暇について確かめておくべきこと3:忌引き休暇が有給になるか無給になるか

そもそもの忌引き休暇が無給になるのか有給になるのかを確認しておくことも大切です。忌引き休暇が認められている場合でも、忌引きが有給として扱われる場合もあります。 例えば、皆勤手当などがある会社では忌引き休暇は有給になるのか無給になるのかを確認しておくことが大切でしょう。

忌引き休暇について確かめておくべきこと4:忌引き休暇を取得可能な日数

忌引き休暇を取得可能な日数を確認しておくことも大切なことです。忌引き休暇が認められていても、具体的な日数を確認しておかなければ、何日分が有給扱いになるのか計算が出来ません。 例えば、実家が県外の場合は、何日間まで忌引き扱いになるのかをあらかじめ確認しておくことで、有給が何日分消費されるのかを確認することも出来ます。

忌引き休暇について確かめておくべきこと5:忌引き休暇を取得できるのは何親等まで?

忌引き休暇が何親等まで取得できるのかどうかを確認しておくことも、大切なことの一つです。親等によって、取得できる忌引き休暇の日数が異なる会社もあります。親等によっては、忌引き休暇ではなく有給になる場合もあります。 もし、親戚が亡くなってしまった際に、休む場合は忌引きとして認められるのかどうかを確認しておくことで、有給になるのか無給になるのかを知る事が出来ます。

忌引き休暇について確かめておくべきこと6:忌引き休暇取得の連絡方法と連絡先

忌引き休暇を取得するための連絡方法と連絡先も確認しておくことをお勧めします。忌引きは急遽取得しなければならない休暇なので、どこに連絡すれば良いかは確認しておくことで万が一に備えられます。 忌引きが有給扱いになる場合でも、もしもの際の連絡先は確認しておきましょう。仮に、忌引き以外の急な有給を利用しなければ行けない場合でも、連絡先を知っておくことで、職場への余裕を持った対応が出来ます。

忌引き休暇について確かめておくべきこと7:忌引きであることの証明が必要かどうか

会社によっては、忌引きであることの証明が必要な場合があります。忌引きであることの証明が必要かどうかの確認もしておく事が大切でしょう。前もって確認しておく事で、トラブル回避にも繋がります。 例えば、忌引き休暇として認める場合、証明がなければ有給になってしまうこともありますので、必要の有無は確認しておくと良いでしょう。

忌引き休暇が社内制度にないとき

忌引き休暇が社内制度にないこともあるので、そういった際での有給を取得する方法を確認しておくことは大切なことです。急遽休む場合には、どのような有給申請を提出すれば良いのかを知っておくことで、万が一に備える事が出来ます。 会社や就業規則によって有給の申請方法なども違うので、あらかじめ確認しておく事が備えになるでしょう。

有給休暇を取得する

忌引きのために有給休暇を取得する際も、どのような形で申請を出せば良いのかを確認しておくことが、万が一の備えになります。有給の申請方法も、会社によって異なるので、どのように取得すれば良いのかを確認しておきましょう。 例えば、忌引きが有給である場合でも、忌引きである証明が必要になる場合もあるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

法廷休暇以外の有給休暇は会社ごとに違う

忌引きなどの法定休暇以外の有給休暇は会社によって異なります。勿論、法定外なので会社によって様々な形の休暇があります。その休暇が、有給ではなく無給になることも会社によって様々です。 もし、法定外休暇がある会社ならば、あらかじめ取得方法などを調べておきましょう。

無給休暇を取得する

無給休暇を取得することで、有給として休暇を利用せずに休暇を取る事が出来ます。会社で定められた無給休暇を確認し、申請方法などを確認しておきましょう。また、様々な種類の休暇は無給になるのか有給になるのかを確認する事が大切です。 例えば、有給以外で定められた休暇が無給になる場合は、取得方法を知っておく事で、働くことの意欲に繋がることもあるでしょう。

社会人なら知っておきたいその他の休暇

社会人なら知っておきたいその他の休暇の事例を紹介します。一般的な休暇の種類として、多く見られるものを紹介します。会社によって様々なので、あらかじめ自分の職場の休暇を知っておきましょう。 もし、利用したい休暇があった場合は、今働いている職場にその休暇の有無と有給扱いになるのかも合わせて調べておくと良いでしょう。

結婚休暇

結婚休暇を設けている会社は多々あります。結婚手当として祝い金と無給の結婚休暇を取得出来る会社もあります。また、新婚旅行を考慮して、何日か分の無給や有給を取得することを認めている会社もあります。 もし、結婚をする際に何日か分の休暇が欲しい場合は、職場に確認してみると良いでしょう。結婚休暇がなくても、休暇取得を勧めてもらえることもあるでしょう。

リフレッシュ休暇

リフレッシュ休暇は、多くの企業が導入している休暇の一つです。働きづめにならないよう、リフレッシュとして1日もしくは年間何日かの休暇を認めている会社もあります。リフレッシュ休暇の取得方法も、会社によって違うのであらかじめ確認しておきましょう。 もし、リフレッシュ休暇を利用する際には、有給扱いになるのか無給扱いになるのかも合わせて確認しておきましょう。

病気休暇

病気休暇を設けている企業も多くあります。病気のために長期的な休養が必要な場合、病気休暇として認められる会社も多くなっています。病気休暇を無給として定めている企業もあります。 例えば、インフルエンザなどの出勤停止になる病気の場合、病気休暇として、有給ではなく無給扱いしてもらえることもあるので、確認してみましょう。

教育訓練休暇

教育訓練休暇とは、就労者が資格などを取得するための休暇を無給として認める休暇のことです。更に、就労者が教育を受けることで、企業により貢献してくれるということで教育訓練休暇手当てが出る企業もあります。 海外では、法定休暇としている国もありますが、日本国内では教育訓練休暇を導入している企業は多くありません。もし、資格取得を目指している場合は、教育訓練休暇を確認してみると良いでしょう。

ボランティア休暇

ボランティア休暇は、社会貢献休暇とも呼ばれる休暇の種類の一つです。震災が多い日本で、災害ボランティアに参加するために特別に取得出来る休暇の一つです。導入している企業も多くなってきています。 目的として、災害ボランティアに自社社員が参加することで、企業イメージが向上するということで設立している休暇の種類です。もし、災害ボランティアに参加したい場合は、そういった特別休暇も調べてみると良いでしょう。

裁判員休暇

裁判員休暇は、裁判員に選ばれた際に休暇を取得するために設けられた特別休暇です。裁判員制度により、休暇を取得しなければならない際に認められている休暇なので、裁判員に選ばれた場合でも安心して休暇を取得する事が出来ます。 無給とするか有給にするかは企業によって異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。もし裁判員休暇がある職場の場合は、あらかじめ有給になるのか無給になるのかを確認しておく事が大切です。

夏季休暇

夏季休暇は、猛暑の夏場に特別休暇として取得出来る休暇の一つです。夏季休暇を導入している企業も増えてきています。熱中症や脱水など、夏の暑さで具合が悪くならないように夏季休暇でリフレッシュする事で、英気を養う事が出来ます。 もし、夏季休暇を導入している職場に勤めているならば、夏季休暇が無給になるのか有給になるのかも合わせて確認しておきましょう。

忌引き休暇など特別休暇は就業規則をしっかり確認しよう

忌引きは勿論ですが、特別休暇は就業規則をしっかり確認しておく事が大切です。就業規則を確認する事で、特別休暇が有給になるのか無給になるのかが分かります。また、忌引きの場合は詳しく調べておくと良いでしょう。 忌引きなどの万が一に備えて特別休暇を調べておくのも一つですが、例えば自分が知らない特別休暇を知る事で仕事へのモチベーションが上がることもあります。就業規則を確認する事で、働く安心も取得しましょう。

アクセスランキング