IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

確定申告では印鑑が必要?|不備なく1度で確定申告手続きを行おう

ビジネスマナー

会社に勤めている人は税金に関する手続きといえば、年末調整を思い浮かべる人が多いかと思います。確定申告も税金を支払うための手続きです。確定申告をすることにより人によっては納め過ぎた税金が戻ってきます。そんな確定申告について詳しく紹介している記事です。

更新日時:

確定申告とはなにか

確定申告とは所得にかかる税金額を計算し、税金を支払うための手続きのことです。確定申告書や決算書など1年間分の必要書類をそろえて税務署に申告し納税します。 場合によっては、確定申告を行うことにより納めすぎた税金が還付金として戻ってくる場合もあります。簡単に説明すると一人一人の年収やその他納めた税金などを国へ自己申告するのが「確定申告」です。

確定申告の対象者とは

所得がある人は確定申告が必要となります。所得があっても法律により例外的に申告しなくてもよい人や、会社の年末調整のみで済んでしまう人以外は、確定申告をする必要があります。 個人事業主以外で確定申告の必要があるのは「年収2,000万円を超えている会社員」「副業所得が20万円を超えた人」「ふるさと納税や医療費控除などを受けたい人」「住宅ローンを組んだ人」「年金に係る雑所得のみの方」という場合などです。

確定申告の時期

確定申告の時期は毎年、2月16日から3月15日までとなります。この時期に、前年の1月1日から12月31日までの個人所得に関する必要書類を税務署へ提出します。 確定申告は毎年2月16日から3月15日と決まっていますが、開始日や終了日が土日と重なる場合は次の平日へずれます。このため数日ずれることも考えられるためその年度の確実な申告期間は、必ず税務署のホームページなどで確認しましょう。

確定申告の行い方

会社で年末調整を行っている方々にとって確定申告は、あまり馴染みのないものではないでしょうか。 確定申告という言葉は知っていてもいざ自分が確定申告が必要になった時に、確定申告に必要な書類や手続きの仕方を承知しておりスムーズに手続きができる方は多くないはずです。 確定申告が必要なったときに迷わないためにも、確定申告に必要なものをご紹介いたします。

確定申告時に必要な持ち物

確定申告時に必要な持ち物は「申告用紙」「印鑑」「控除に必要な書類」です。「控除に必要な書類」というのは場合によって違います。 農業所得がある場合は、収支内訳書の提出が必要です。家の新築や改築をした場合は「住宅借入金など、特別控除額の計算明細書」「源泉徴収票」「借入金年末残高などの証明書」「土地や建物の登記簿謄本」「売買契約書または建築請負契約書の写し」「住民票」が必要となります。

確定申告時に必要な物:確定申告書

確定申告に必ず必要な確定申告書には「確定申告書A」と「確定申告書B」の二種類があります。 「確定申告書A」は申告する所得が給与所得や公的年金など一時所得のみであり予定納税額のない場合使用できます。「確定申告書B」は所得の種類にかかわらずどんな場合でも使用でき個人事業主はこちらを使用します。 「確定申告書A」と「確定申告書B」の違いは「確定申告書B」の方が項目が多く広くカバーできるということです。

確定申告時の必要な物:証明書

申告理由により必要な添付書類が違います。どんな証明書が必要となるのかよく確認しましょう。 住宅ローン控除には「登記事項証明書」が必要となり、医療費控除を受ける場合は「医療費の領収証」が必要です。 e-Taxを利用して確定申告書を提出する場合、「雑損控除の証明書」「社会保険料控除の証明書」「生命保険料控除の証明書」「地震保険料控除の証明書」などの添付が省略化できます。

確定申告時に必要な物:印鑑

確定申告は公的書類となるためシャチハタではなく必ず「印鑑」を用意しましょう。 なぜ確定申告の書類に印鑑を押すのかというと、本人確認のためです。「その書類を確かに本人が作成した」という意味で印鑑を押すため、押せる印鑑は「実印」「銀行印」「認印」となります。

確定申告時に必要な物:内容記入

白色申告では「収支内訳書」を青色申告では、「所得税青色申告決算書」を添付します。 どちらも確定申告書Bと一緒に提出しますが、青色で確定申告するにはあらかじめ「所得税の青色申告承認申請書」を税務署へ提出しておかなければなりません。

確定申告の提出方法

確定申告の提出方法は主に「税務署に郵送」「直接最寄りの税務署へ提出」「e-Taxを使いインターネット上で提出」の3つがあります。 それぞれどのような特徴があり、どの方法が便利なのか詳しくご紹介いたします。

確定申告の提出方法<郵送>

なるべく余裕を持って発送手続きをすることをオススメしますが、郵送の場合は3月15日つまり受け付け期日の最終日までの消印があれば、期限内として認められます。 確定申告の書類は郵便局の窓口で定形郵便として扱っていますので、郵便料金はそのようになります。

確定申告の提出方法:持ち込み

確定申告で一般的な提出方法は、直接税務署に提出をする方法です。持ち込むときは不備があってもよいように必ず印鑑を持って行きましょう。 直接申告をすると受付印を押した申告書の控えをもらうことができますが、確定申告時期は税務署が大変混雑するので1時間は並ぶ覚悟が必要です。 確定申告期間中でも税務署は土日祝日は閉庁していますが 閉庁日や閉庁時間後でも申告書は時間外収受箱へ投函できます。

確定申告の提出方法:インターネット

パソコンで作成した申告書をそのまま「e-Tax」を利用してインターネットで提出ができます。 インターネット申告では添付書類の提出が必要ないだけでなく、自宅から24時間いつでも確定申告が行えます。そして還付金の入金がスピーディーです。 インターネット申告は便利ですが利用には、マイナンバーカードの準備など事前準備が必要となります。そしてメンテナンスなどで利用できない場合もありますのでご注意ください。

印鑑とシャチハタの違い

一般的に多くの方が「シャチハタというのは朱肉のいらない簡単な印鑑のことである」と思っているのではないでしょうか。 実はシャチハタというのは印鑑製品の名前ではなくメーカーの名前です。そして印鑑は公的書類に使用できますがシャチハタは使用できません。印鑑の代わりにシャチハタを持って行っても役所などで手続きができないということです。 どちらも同じ「はんこ」ですがシャチハタと印鑑の違いとは何でしょうか。

印鑑とは

印鑑とは役所や銀行などに登録してある、ハンコを紙に押したときに残る朱肉のあとのことです。皆さんが印鑑と呼んでいるものは、印章という名称で印鑑という名前ではありません。 なぜハンコを押した朱肉のあとのことを「印鑑」というのかというと、印象が本物か偽物か判断するのに使用していた「印影」の照合台帳を「鑑(かがみ)」と呼んでいたためです。

シャチハタとは

一般的に皆さんがシャチハタと呼んでいるものは朱肉の必要がない、インクが本体に内蔵されたはんこのことです。 シャチハタというのはメーカーの名前になります。皆さんがよく「シャチハタ」と呼んでいて簡単な認め印として利用しているはんこは「ネーム印」のことです。 「シャチハタ」と呼ばれる以外にも「シャチハタ印鑑」「インク浸透印」などと呼ばれることもあります。

なぜ公的な書類は印鑑でないとだめなのか

なぜ公的な書類は印鑑でないとだめなのか、主に3つの理由があります。 シャチハタはハンコ面がゴムでできているため、実際に押していくと少しづつ形が変わっていきます。そのため何年も保存しておく必要のある公的書類には形が変わりやすいシャチハタは不向きです。 またシャチハタ印は大量生産品のため同じものを誰でも手に入れる事ができてしまうこと、そしてシャチハタに使われているインクは数年たつと消えてしまうためです。

書類の不備なくスムーズに確定申告を行いましょう

時代により確定申告書の提出方法も「税務署に直接持ち込む」「郵送」以外にもインターネットの利用ができるようになり簡単になりました。 確定申告書の提出方法が郵送の場合は消印が最終日当日であれば期限内として受付てもらえますが、確定申告をする時は必要な書類はなるべく早めに漏れなく揃えて確定申告したいものです。 必要な書類は申告理由によりさまざまですが必ず「確定申告書」と「印鑑」は用意しましょう。

アクセスランキング