IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

作業効率を上げる10個のコツ|作業効率アップで得られるメリットとは

初回公開日:2019年10月29日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2019年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職の悩み・不安

作業の効率化をすれば仕事が捗るとはいうものの、実際にやるとなるとどうすればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。この記事では、作業効率の悪い人の改善点や作業効率アップのためのコツを伝授します。すぐに実践できる簡単なものもあるので試してみ下さい。

作業効率とは?

作業効率とは、どれだけ少ない労力で素早く仕事を完了させることができるかという効率のことです。 作業効率が悪いと、作業をする時間が長くなり締切に間に合わない、マルチタスクで手いっぱいになってしまってすべての仕事が中途半端な仕上がりになるなど不都合が起こり、評価の低下を招くこともあります。 逆に作業効率が良い人は、無駄を省くことで、省エネで素早く仕事を完了することができています。

作業効率が悪く仕事ができない人の特徴4つ

作業効率を上げるにはポイントとなるコツがありますが、コツを実行する前にまずは作業効率を悪くしている原因を排除することが重要です。マイナス点を取り除かないままコツを覚えても効率は悪いままです。 何が原因で効率が落ちているのか分析し、把握し、対処した上で、効率化のコツを実行すれば仕事のスピードは格段に上がります。 以下に作業効率の悪い人に見られる特徴を挙げるので、思い当たるものがあれば改善してください。

作業効率が悪く仕事ができない人の特徴1:完璧主義

完璧に仕事を仕上げようとすると作業効率は悪くなります。 「頼まれた仕事を完璧に仕上げるまで提出できない」「納得するような仕上がりになるまで何度でもやり直してしまう」という傾向のある人は少なくありません。 完璧な仕事をすることは良いことですが、約束が守れない人・仕事ができない人という印象を与えてしまうことにもなりかねません。 作業効率の良い人は完璧を目指さず、及第点で素早く完成させることができています。

作業効率が悪く仕事ができない人の特徴2:優先順位ができていない

作業効率の悪い人は、自分に割り振られた仕事の中でどれを優先するべきなのかを決めずに作業を始める傾向があります。 優先順位をつけてから作業を始めないと、どの作業も途中までしか終わらないうちに仕事の締切が迫るという事態が起こり、全ての仕事が中途半端になってしまいます。 作業を始める前に各作業の締め切りや重要度などを考えて優先順位の高い順に始めればそのような状況は起こる可能性は低くなるでしょう。

作業効率が悪く仕事ができない人の特徴3:アドバイスを聞かない

作業効率の悪い人は、職場の上司や先輩、同僚のアドバイスを聞きません。 上司や先輩は培ってきた経験とノウハウがあり、どうすれば効率よく仕事を進めることができるかということをあなたよりも知っています。 意思を曲げない頑固さが必要なときもありますが、人の意見に耳を貸す柔軟さも大切です。自分のやり方に固執していると作業効率が悪くなるうえに、周囲から協調性がないと思われる原因にもなります。

作業効率が悪く仕事ができない人の特徴4:仕事の目的が定まっていない

自分に与えられた仕事の目的が具体的に定まっていない人は作業効率が悪くなりがちです。 何のためにその仕事をしているのかが曖昧なまま仕事をしていると、作業の途中で目的とは別の方向に向かっていることに気づかず、そのまま進めると最終的に的外れな完成物ができあがることもあります。 最終的にたどり着くゴールがないと、仕事に対するモチベーションが上がらず、だらだらと時間だけがかかるということにもなります。

作業効率を上げる10個のコツ

作業効率をあげるにはいくつかコツがあります。 作業効率を上げるベストな方法は、作業の無理・無駄をなくすことだといわれていますが、具体的に何をすればよいのでしょうか。 ここでは、無理・無駄をなくして作業効率を上げる代表的なコツを10個紹介します。今日からでも実行できるコツもあるので、手始めにどれか1つ、手軽にできそうなものから始めてみて下さい。

作業効率を上げるコツ1:身の回りは整える

アクセスランキング