IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社で孤立したときの対処法10個|会社で孤立してしまう原因3つ

転職の悩み・不安

会社で孤立してしまい、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、会社で孤立してしまったときの対処法と、会社で孤立してしまうよくある原因についてご紹介します。会社で孤立し職場で居心地が悪い方は、ぜひ参考にしてみてください。

更新日時:

会社で孤立してしまうとずっとストレスを感じ続けることになる

会社で孤立してしまうと居心地が悪くなり、仕事中は常にストレスを感じ続けることになります。仕事は一人ではできませんので、孤立してしまうのは死活問題です。 特に孤独は精神へのダメージも大きく、プライベートや人生全体にも被害を及ぼす可能性があります。早めに孤立解消のために動いた方が良いでしょう。

会社で孤立したときの対処法10個

会社で孤立してしまった場合でも、対処法はあります。人間関係は本人次第で改善していくことができるからです。特に孤立してまだ日が浅い方であれば、早期に対応することで汚名返上もしやすいです。 会社で孤立した時の対処法をご紹介しますので、参考にしてください。

会社で孤立したときの対処法1:周りの人との接点を増やす

会社で孤立してしまったときは、周りの人との接点を増やしていきましょう。やはり自ら動いていかないことには始まりません。接触回数を増やして一緒に過ごす時間を増やせば、自然と仲良くなります。 具体的にはランチに誘ってみたり、仕事でわからないことがあれば気軽に聞くと良いでしょう。孤立している状況から接点を増やすべく動いていくのは勇気が必要ですが、一歩踏み出せば状況は今よりも良くなっていきます。

会社で孤立したときの対処法2:弱みをさらけ出してみる

会社で孤立している状況を抜け出すには、弱みをさらけ出してみることも効果的です。弱みを見せることで、相手に信用しているというメッセージを発することができます。特にプライドが高い方ほど弱みを見せられず、孤立してしまう傾向にあります。 自分のダメな点やコンプレックスに感じていることなどを、会社の人に相談してみると良いでしょう。自分の弱みを見せられる人のほうが、親近感を感じて仲良くなりやすいです。

会社で孤立したときの対処法3:自分の得意分野で結果を出す

会社で孤立してしまったときは、自分の得意分野に集中して結果を出すと良いでしょう。孤立している方でも、得意な仕事で結果を出せる方であれば尊敬されます。会社は仕事をする場ですから、仕事で語りましょう。 目立った得意分野が無くても、ミスをしないとか、他の人よりも少し仕事が早い程度のことでも構いません。孤立していても仕事に集中して結果を出せば、社内でのポジションを確立することができます。

会社で孤立したときの対処法4:一人でもいいから自分の味方を作る

会社で孤立したときの対処法としては、一人でもいいから味方を作ることも効果的です。一人でも味方がいれば、孤立していた時に比べて大幅に働きやすくなります。味方がいれば、問題が起きた時に気軽に相談することも可能です。 具体的には、できるだけ年齢が近い人や、なんとなく趣味が合いそうな人を選びましょう。少しでも共通点がある人であれば、仲良くなりやすいです。最初は勇気が必要ですが、一歩踏み出してみましょう。

会社で孤立したときの対処法5:プライベートを充実させる

会社で孤立してしまったときは、割り切ってプライベートを充実させるのも方法の一つです。会社は仲良しごっこをする場所ではなく、仕事をする場所だからです。孤立しても仕事をしてお金が稼げればいい、と割り切ってプライベートを充実させましょう。 とにかく目の前の仕事に集中し、できるだけ定時で帰れるように頑張りましょう。プライベートをしっかり確保できれば、会社で孤立してもリフレッシュすることができます。

中見出し:会社で孤立したときの対処法6:上司に相談してみる

会社で孤立したときは、上司に相談してみると良いでしょう。部下の管理をするのも上司の仕事です。特に孤立している場合は仕事にも悪影響が出てしまいますので、早めに相談したほうが被害が少なく済みます。 言い出すのは勇気が必要ですが、もしあなたに辞められてしまったら、そのほうが困ります。何らかの解決策を提示してくれるでしょうから、気楽に相談してみましょう。

会社で孤立したときの対処法7:部署異動を願い出る

会社で孤立したときは、部署異動を願い出るのも方法の一つです。今の部署では孤立していますが、他の部署であれば問題なく人間関係が築ける可能性があります。新たな部署で一から人間関係を作ってみると良いでしょう。 ただ、部署異動をするには上司と面談がある会社が多いです。一度孤立していることも含めて、上司に相談しましょう。

会社で孤立したときの対処法8:挨拶をしっかりする

会社で孤立したときは、挨拶だけはしっかりするようにしましょう。人間関係の基本は挨拶ですし、挨拶から仲良くなるケースも多いです。逆に最低限のマナーである挨拶をしない人は、一番に嫌われてしまいます。 朝会社に行ったら、大きな声で会社の人に挨拶しましょう。気持ちいい挨拶ができる人であれば悪い印象は持たれませんし、仲良くなりやすいです。孤立している人こそ、挨拶のような基本的な部分を徹底しましょう。

会社で孤立したときの対処法9:仕事で分からないところを聞く

会社で孤立したときは、仕事で分からないところを聞くのも方法の一つです。会社で孤立してしまう方は雑談などのコミュニケーションが苦手な場合が多いですが、仕事の話であればできるでしょう。仕事の話から広げていけば、十分仲良くなるきっかけになります。 特にまだ入社して間もない方ほど、分からないところを積極的に聞きましょう。分からないところを聞けば印象も良いですし、打ち解けやすくなります。

会社で孤立したときの対処法10:他の人の仕事を手伝う

会社で孤立したときは、他の人の仕事を手伝うのも効果的です。自分のことを手伝ってくれる人には悪い印象は抱きませんし、むしろ好印象です。特に他の人が困っている状況で助けてあげれば、仲良くなるきっかけになります。 ただ、他の人を手伝うには自分の仕事を先に終わらせることが大前提です。自分の仕事を早めにマスターして、他の人の仕事を手伝えるようにしましょう。

会社で孤立してしまう原因3つ

会社で孤立してしまうことには、いくつかの原因があります。会社の環境に問題がある場合もありますが、本人に問題がある場合も多いです。あなたの内面に問題があり孤立している場合は、あなた次第で十分改善していくことができます。 会社で孤立してしまうよくある原因をまとめてみましたので、自分の状況と照らし合わせて参考にしてください。

会社で孤立してしまう原因1:場の空気が読めない

会社で孤立してしまう原因として、場の空気が読めないことが挙げられます。特に日本人は和を重んじる民族ですから、場の空気が読めない人間は一番に嫌われるでしょう。ほとんどの場合は忠告などもなく嫌われ、いつの間にか孤立しています。 自分の発言で場がシーンとしたことはありませんか。周りをよく見て、不用意な行動は控えるようにしましょう。

会社で孤立してしまう原因2:社交性がない

会社で孤立してしまう原因として、社交性がないことも挙げられます。コミュニケーションが苦手な方ほど、同僚となじむことができずに孤立します。社交性がない方は雑談などもできないので、仕事の話しかできない傾向にあります。 特にまだ入社して間もない方は、こちらから話しかけていく必要があります。社交性がない方は積極的に話しかけることもできず、打ち解けることができません。

会社で孤立してしまう原因3:自分の非を認めない

会社で孤立してしまう原因として、自分の非を認めないことも挙げられます。自分の非を認めない頑固な方は、仕事の進行にも悪影響を及ぼします。結果的に仕事が遅れたり、ミスが増えたりするでしょう。 仕事で間違いを指摘されて、反論してしまったことはありませんか。まずは大人しく自分の非を認め、謝るべきです。自分の非を認めず謝れない、人として最低限のことができない人は嫌われて孤立します。

会社で孤立するような行動は避けましょう

会社で孤立したときの対処法と原因をご紹介しました。自分に当てはまる部分があった方も多いのではないでしょうか。 会社で孤立するような行動は、最初からしないに越したことはありません。仕事は一人ではできませんので、孤立してしまうと仕事も満足にこなせなくなってしまい悪影響が出ます。 会社で孤立しないためには、ちょっとした心がけが大事です。一緒に働く人たちのことをよく考えて、周囲と良い関係を築いていきましょう。

アクセスランキング