IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

円満退職ができる理由7つ|退職理由を伝える時のポイント3つ

退職ノウハウ

円満に今の職場を退職して、人間関係も維持していくには、前向きな退職理由にすることが大切です。自分を応援してもらえる環境を退職日までに作っておくのが円満退職のコツです。また、「飛ぶ鳥跡を濁さず」自分の責任と引き継ぎをしっかり行い、次のステップに向かいましょう。

更新日時:

円満退職は可能なのか

明確な理由と伝え方の工夫があれば円満退職は可能です。 そして、もう一つ大切なことは、退職を願いでる姿勢です、上司や会社は長い歴史の中、たくさんの人材を雇用し、また、退職者も見てきました。 数々の退職者の理由を聞き、受理を促してきた方々です。理由や伝え方、姿勢の在り方を熟知した方々に辞意を伝えるのは安易なことではありませんが、敬意を示し、誠意をもって伝えることで円満退職は可能です。

円満退職を伝える時のポイント3つ

長年勤めた会社で退職の意思がはっきり決まったなら、正しい切り出し方とタイミングで円満退職につなげることが大切です。 退職意思の伝え方によっては、会社を辞めにくい雰囲気を作ったり、トラブルの原因となり、その結果、円満退職とは程遠い退職状況になる場合もあります。 ここでは「円満退職を伝える時のポイント3つ」を詳しく紹介いたします。

円満退職を伝える時のポイント1:ポジティブな理由にする

円満退職を実現させるためには、退職理由が会社に惜しまれつつも、快くあなたを送り出してくれるポジティブな理由にすることが大切です。 自分の今後の目標と、前向きな姿勢が伝わる内容を伝え、退職理由にすることがポイントです。今までお世話になった会社に対し、敬意をはらう言葉から切り出し、締めくくることを心がけましょう。

円満退職を伝える時のポイント2:退職することがやむを得ない理由を伝える

円満退職を望み、退職がやむを得ない理由だと、上司に納得してもらう必要があります。 個人的環境の理由が最も受け入れやすく「家業を継がなくてはならない」「昔から描き続けた夢の目標を実現したい」「結婚で遠方に引っ越しをする」などの理由であれば、上司は受理せざるを得ないでしょう。 しかし、やむを得ない理由であっても、会社にとっては損失であることには変わりなく、誠意をもって、会社を敬う姿勢で伝えましょう。

円満退職を伝える時のポイント3:転職先は明らかにしない

退職理由によっては、露骨に転職先を聞かれる可能性もありますが、できるだけ伏せるようにしましょう。 転職先を伝える義務はなく、伝えたことで余計なトラブルが生じたり、不愉快な気持ちになる可能性もあります、話すとしても内定をもらったぐらいに、とどめる程度にしておきましょう。

円満退職ができる理由7つ

円満退職ができる理由7つ

退職理由を正確に伝え、上司が納得してもらえるような、正当性のある理由が円満退職です。 そのためには前向きな退職理由を用意し、これまでにお世話になったことに対する感謝の気持ちや、退職後も繋がりを大切にしていきたい気持ちを表すことも、円満退職には大切なことです。 ここで円満退職ができる理由7つを詳しく紹介していきます。

円満退職ができる理由1:キャリアアップのため

円満退職の理由として、「以前からずっとチャレンジしたく、やっと一歩踏み出す決断ができました」キャリアアップのための辞意を正確に伝え、「今がそのタイミング」をしっかり伝えることがポイントです。 上司・会社側にすれば部署の移動を提案されやすい理由なので、回避手段も考えておくといいでしょう。 そのためには、自信をもって、意思が固いことをアピールし、お世話になった上司・会社への感謝の気持ちは忘れずに伝えることを心がけましょう。

円満退職ができる理由2:配偶者の転勤のため

配偶者の転勤のための退職理由は、比較的受理されやすい理由です。 男女問わず、いつでも起こりうる問題であることを、職場のみんなが理解しているからです。 ただ、退職理由の補足に、期日はしっかり伝えることが好ましいでしょう。上司・会社にとってできるだけ在籍してほしい願望はあるはずなので、こちらからしっかり期日を決めて、退職理由を述べることが大切です。

円満退職ができる理由3:違う業種の仕事にチャレンジするため

現在の職務に、関連性がありつつも違う業種に臨みたい理由を、細かく明確に伝えることが大切です。 曖昧なチャレンジ精神を理由にすれば、上司が納得するより「大丈夫だろうか」と感じ、逆に年の功で、「もう一度考え直せ」と言われる方向性になりかねません。 「本来この業種の仕事がしたく、ここで学んだことを生かしチャレンジする意志を固めました」と強い意志をもって上司に伝えましょう。

円満退職ができる理由4:起業の目的のため

将来に向けた前向きな思いを強く意思表示することは、円満退職につながりやすく、応援してもらえる可能性も高いでしょう。 起業することが、従来からの夢であり、目標であったことを伝え、自分の人生にとって、とてもポジティブな理由で、「ここでたくさんのことを学ばせていただいた」と感謝の気持ちと意気込みが伝われば、上司・会社も「激励」し円満退職へとつながります。

円満退職ができる理由5:寿退社のため

女性の場合は寿退社で円満退職がもっともポピュラーな理由です。 現在は、女性が結婚しても、仕事を続けるケースが多く見られ、退職するケースのほうが少ない傾向にありますが、結婚や出産を機に辞意を伝えることは、いまだに円満退職できる理由の一つです。 結婚と同じタイミングで転職する意思があっても、それは伏せて「結婚を機に」と伝えれば、上司も「おめでとう」で円満退職です。

円満退職ができる理由6:親の介護のため

親の介護は、上司の反対も少なく、職場の人も納得して、円満退職ができる理由です。 高齢化社会の現在、親の介護はとても多くの退職理由に挙げられ、少子化が進み、誰かがその役回りを担うことは、だれもが持っている課題です。 親の介護は、詳細まで聞くことははばかられるため、円満退職にせざるを得ないのが、上司・会社の心情でしょう。

円満退職ができる理由7:健康上の理由

体調不良や持病の悪化など、回復の目途が立たず、業務に支障をきたすなどの理由が円満退職とされます。 体調不良や持病の悪化は、本人にしか分からないもので、上司に判断ができません。また、業務に支障をきたし、職場の人達に迷惑をかけると言われたら引き止めづらく、退職理由としては体調不良や持病の悪化はオーソドックスな理由といえます。 しかし、この理由は、上司に迷惑がかかる事があるので、注意しましょう。

退職の理由別文例3つ

退職の際には、必ず退職届・退職願を雇用主に出す必要があり、これは退職の希望を伝えるための書類です。 退職届・退職願は、会社と労働契約を結んでいる一般社員が、契約を解除してもらうための申し出をする書類で、提出するだけでは退職をすることはできません。 会社との合意を得て退職となります、また、この合意を得る順序に退職届・退職願の提出の窓口が直属の上司です。 ここで退職届・退職願のポイントにあたる文例を紹介いたします。

退職の理由別文例1:キャリアアップのための文例

退職の理由に重要なのは、前向きな姿勢の伝え方と、揺るぎない意思を示すことです。 また、キャリアアップを退職の理由としたならば、今の職場では成し遂げられなくて、やむを得ず、目的のため退職することを、理解してもらえるよう伝えることがポイントです。 文例「こちらの会社で十分なスキルを養わせていただいたにも関わらず、現状のスキルを活かした○○の職業に挑戦したく、よく考えた結果、退職を決断するに至りました。」

退職の理由別文例2:配偶者の転勤のための文例

配偶者の転勤のための、退職はやむを得ない理由としては認められやすいでしょう。 会社で働く人の大半は家族を養う立場や配偶者をサポートをする立場の人が占めていて同じ立場だからこそ、この退職理由は誰もがやむを得ない理由と理解できます。 文例「この度、突然ですが、主人が転勤辞令を申し渡され、家族ともども転勤地に移住することになりました。大変お世話になったにも関わらず、ご迷惑をおかけし申し訳ございません。」

退職の理由別文例3:違う業種の仕事にチャレンジするための文例

自分の意思がゆるぎないことを、しっかり伝えるためにも、曖昧な文書にならないよう心掛け書くことが、読み手に「決意は固そうだ」と印象づけることが大切です。 また、会社に対し敬う姿勢が、読み取れる文言を使いましょう。 文例「現在の仕事に不満はなく、快適なビジネスライフを送らせていただきましたが、以前から成し遂げたい職種があり、よく考えた結果、やはり挑戦したい気持ちが抑えきれず、覚悟をもって退職を決意するにいたりました。」

角の立たない退職の理由を知って円満退職をしよう

退職の意思は固まっていても、上司や会社に辞意を伝えるのは、容易なことではありません。 また、退職とは、どんな理由があったにしろ、会社側からすると、損失であることには変わりなく、このことを理解した上で、円満退職する理由を伝えましょう。 角を立てずに退職するためには、「本音」ではなく「建前」をもって理由づけが好ましく、会社や上司に敬意を示した文言付けはとても大切です。

アクセスランキング