IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

心理的安全性を高める方法8つ|心理的安全性を高める際の注意点2つ

マネジメント

皆さんこんにちは、今回は「心理的安全性を高める方法8つ|心理的安全性を高める際の注意点2つ」と題して、「心理的安全性を高める方法8つ」をメインに、さまざまな分野で覗かれる心理的安全性を高める際の注意点2つについてご紹介します。ぜひご参考下さい。

更新日時:

心理的安全性とは

心理的安全性とは

最近でも特に世間で聞かれている「心理的安全性」ですが、これは「チーム内で自分の人間性・実力をいかんなく発揮できる空間づくり」に発展するもので、誰とでも気兼ねなく(チームとして)1つの仕事に熱中できる空間づくりを土台にしています。 英語では「psychological safety」と表記されますが、具体的に1人1人の心理面での安全性を指すのではなく、複数人が一緒になった場合の心理面がテーマになります。

心理的安全性確保による効果

次に「心理的安全性確保による効果」ですが、これは先述でもご紹介しましたように、チーム全体で特定分野の仕事をする際に、1人1人の実力がいかんなく発揮され、その人間力を引き出すことに余計な遠慮をせずに居られる空間づくりに率先して役立つ効果があります。 つまり、複数の社員が集まればたいてい「恥ずかしさ」や「遠慮」といった気兼ねする部分が生まれますが、それらがまったくなく、チーム力向上に役立つ形になります。

心理的安全性不足によるデメリット

次に「心理的安全性不足によるデメリット」ですが、心理的安全性が不足することによって先述してきた「チーム力の向上」や「1人1人個別の実力を引き出す」ことが半減してしまうことになり、特定分野の仕事を集団でする場合に円滑に進まなくなります。 これは飽くまで可能性の問題になりますが、多くの社員が一緒に何か仕事をする場合、実力を出す場合に気兼ねする部分が多くなる傾向が見られ、その点が解消されないでしょう。

心理的安全性を高める方法8つ

さてここからは「心理的安全性を高める方法8つ」と題し、心理的安全性を向上させるための具体的な方法やコツについてご紹介していきます。 この心理的安全性を高める方法は得てして簡単で、それは各自がまず自覚して向上させることに協力し、それぞれの安心できる空間づくりに徹する形になるでしょう。つまり、1人が努力しても駄目で、必ずチーム全員が一団となって尽力しなければなりません。

心理的安全性を高める方法1:相互信頼性を高める

まず心理的安全性を高める際の中心的かつ基本的なコツですが、この「相互信頼性」を高めておく必要があります。相互信頼性というのは、特定のチーム内で誰もが自分の事・他人の事を仲間と想えるよう工夫しておき、そのためのチーム作りに徹する形になります。 お互いをよく知り、何か失敗した場合は助け合い、その仕事を全員で気兼ねなく行なえるよう「パフォーマンス性の高いチームワーク」を事前に充実させる必要があります。

心理的安全性を高める方法2:アイスブレイクを活用する

この「アイスブレイク」というのは、初対面の人同士で作ってしまう緊張した空気を和らげるための方法を指し、たとえばそのためのジェスチャーを取り入れたり、緊張をほぐすための空間づくりを別に設けたりと、とにかく和んだ空気にすることを目的とします。 心理的安全性を高める場合はこの「アイスブレイク」を多用する企業も現在では多く見られ、それによって打ち解け合って、仕事にも尽力できる傾向が高まります。

心理的安全性を高める方法3:不安原因を排除する

チーム内の誰かに一定の不安材料があった場合、その不安材料を周りのチームメンバーが一緒になって解消させておく事も非常に重要な方法・コツになります。この場合の不安材料には大きく分けて2つあり、1つ目は「人間関係」、2つ目は「仕事」になるでしょう。 この場合は「人間関係での不安材料」をできるだけ早めに解消させておくことが大切で、それによって心理的安全性を高める効果のタイミングも大きく変わります。

心理的安全性を高める方法4:最大限のパフォーマンスを発揮できる環境作り

これについては先述しましたが、チームワークを大事とする時、そのワーク内で最も重要視されるのは「そのチーム特有のパフォーマンス性」です。つまり、仕事量・仕事率を最大限に引き上げておくことが重要で、そのための心理的安全性を高める事が効果を生みます。 この場合もできるだけ早めのパフォーマンス改善・想定をしておくことが大切で、早ければ早い程、心理的安全性を高めるタイミングも早くなるでしょう。

心理的安全性を高める方法5:組織内のフラット化

ある人だけが優遇されたり、また他の誰かはいつも仕事量が多かったりした場合、そのチーム内のメンバー同士にどうしても偏りが見られてしまい、それによってチームワークそのものが瓦解してしまう可能性も広がります。 チームワークを円滑に保ち、その上で永続的にチームワークの仕事率を維持していくためには、組織内のフラット化を目指す上で、「誰でも皆、平等の仕事量・仕事率が課されるよう配慮する事」が重要になります。

心理的安全性を高める方法6:ポジティブシンキング

「ポジティブシンキング」というのはその名のとおりに「積極度の高い考え方」を意味し、いわゆる「プラス思考」を指しています。 チームワーク向上を永続的に心掛けていく場合、どうしても積極的に物事(仕事)に当たるための努力が重要となり、それによってチームワークを実際に組んでいく空間づくりにも余裕が生まれ、常に心理的安全性を高めることが可能になるでしょう。

心理的安全性を高める方法7:チームの見直し

一度チーム作りをし、チーム内の仕事量・仕事率を引き上げるための施策をした場合でも、その後、定期的にチームの見直しを図ることがとても大切になります。 これはいわゆる「チーム内点検」となり、チーム力が変わらず維持されているか・誰かに問題が大きく降りかかっていないか・偏ったチームワークが展開されていないかなどへの確認となり、この点検・見直しは定期的に続けていく必要があります。

心理的安全性を高める方法8:目的をはっきり定めて仕事量を少なくする

仕事量が多いと、どうしてもチーム内に重苦しい空気が流れてしまいます。またその仕事量によっては、「自分に多くの仕事がのしかかってくるんじゃないか」などと不安になる人も中には居り、その不安は懸念材料となって継続的に残る可能性も出てきます。 そのため、仕事の目的をはっきりと決めておき(短期目標・長期目標などで)、できるだけ「今すべき仕事量」を少なくしておくことが大切です。

心理的安全性を高める際の注意点2つ

さてここからは「心理的安全性を高める際の注意点2つ」と題し、心理的安全性を実際に高めていく際に「これだけは注意しよう」という点を簡潔に2点ご紹介します。 心理的安全性を高める場合に大切なのは、まず馴れ合いになって緊張感を失くしてしまうことや、仕事量が多すぎたり緊張感がなくなってマンネリしたしして、仕事放棄したりしないことが重視されるでしょう。

心理的安全性を高める際の注意点1:馴れ合いにならない

心理的安全性を高める場合によく見られるケースになりますが、あまりに「初対面同士の緊張をほすぐため」や「お互いのスキンシップを図るため」の行動の度が過ぎてしまって、そのまま馴れ合いになって緊張感がまったくなくなってしまうことがあります。 は絶対によくなく、緊張感がなくなることによって仕事への気持ち・覇気が大幅に落ちてしまうことがあり、そのままチーム瓦解につながる可能性が高まってしまいます。

心理的安全性を高める際の注意点2:役割放棄しない

これには主に2つの理由が見られ、1つ目は「仕事量があまりに多いため、その仕事を完遂することがしんどくなる」、2つ目は「馴れ合いになり過ぎて緊張感がなくなり、べつにいいやと言う形で持ち場から離れてしまう」という点です。 自覚の問題と外部環境の問題になりますが、チーム内での心理的安全性を高める場合には、この2面性への配慮が必要で、バランスが取れたチーム作りが大切になるでしょう。

心理的安全性を確保しよう

いかがでしたか。今回は「心理的安全性を高める方法8つ|心理的安全性を高める際の注意点2つ」と題して、「心理的安全性を高める方法8つ」をメインに、心理的安全性を高める際の注意点2つについてご紹介しました。 心理的安全性を高めるというのは、主にチーム内で繰り広げられる仕事率向上に大きく役立つ上で、メンバー1人1人の人間力を十分発揮させるための土台になります。バランスの取れた方法を工夫しましょう。

アクセスランキング