IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

接待を成功させるための基本マナー15|接待には日頃からの思いやりが大切

ビジネスマナー

商談を上手くまとめるためは接待が欠かせません。では、接待を成功させるためにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか?この記事では接待を成功させるための基本マナーについて徹底解説しているので、ぜひ参考になさってみてください。

更新日時:

接待を成功させるためのマナー

ビジネスパーソンとしてマスターしておきたいスキルのひとつが、接客マナーです。 クライアントから信頼を得て良好な関係を築くことが商談を成功させるための大前提ですが、そのためには接待を成功させるためのマナーを心得ておく必要があります。 しかし、接待マナーについて先輩や上司に逐一丁寧に教えてもらえることはほとんどありません。そこでこの記事では、接待に関する基本的なマナーについてご紹介していきます。

接待を成功させるための基本マナー15

接待を成功させるためには、接待相手の好みや嗜好などについてあらかじめきちんとリサーチしておくことや細やかな心配りをすることが不可欠です。 そうは言っても、具体的にどのように振る舞えば接待を成功させることができるか分からないという方もおられることでしょう。 ここからは接待を成功させるための基本的なマナーを15個ピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

接待を成功させるための基本マナー1:接待する相手の好みに基づいて料理や店を選ぶ

接待を成功させるための基本マナーとしてまずご紹介したいのが、接待相手の好みに応じて料理やお店をチョイスするということです。 自分の好きな料理を出してもらえる雰囲気のよいお店で接待を受けることができたならば、喜ばない人はいません。 あらかじめ接待相手の好みをリサーチしておき、相手が好きそうな料理の種類やお店の雰囲気について情報収集を徹底することが肝心です。

接待を成功させるための基本マナー2:接待前に一度お店で食事してみる

接待相手の好みにもとづいてお店選びをしたならば、実際に接待でそのお店を使う前に、一度そこで食事をしてみるというのもマナーとして挙げられます。 ネット上で評判のよいお店であっても実際にそこで食事をしてみなければわからないことも多いため、接待前に確認作業として接待に使うお店で食事をしてみましょう。 本当に料理が美味しいかどうか、感じがよくホスピタリティのある店員が多いかどうかをチェックしてみてください。

接待を成功させるための基本マナー3:あらかじめトイレの場所を確認しておく

接待を成功させるための基本マナーとして、あらかじめトイレの場所を確認しておくということも大切です。 事前の確認作業の際にお店を訪れたならば、その時にトイレの場所や清潔さをチェックしておくことがビジネスパーソンとしての嗜みです。 接待相手がトイレに行こうとした時にスムーズに案内をすることができます。また、接待相手が足腰が悪い場合などにはバリアフリーで使いやすいトイレかどうかも確認しましょう。

接待を成功させるための基本マナー4:身だしなみは接待を成功させるための基本

きちんとした身だしなみを心得るというのも、接待を成功させるための基本中の基本のマナーとして挙げられるでしょう。 どんなに美味しい料理と素敵な雰囲気のお店で接待をしたとしても、肝心の身だしなみが不潔でだらしなければ全てが台無しになってしまいかねません。 きちんとクリーニングやアイロンがけを行い、清潔感のある爽やかな身だしなみを徹底しましょう。

接待を成功させるための基本マナー5:手土産や2次会などの準備をしておく

接待を成功させるためのマナーのひとつとして、手土産や二次会などの準備をしておくということも挙げられます。 接待の最中だけでなく接待が終わった後もクライアントに気持ちよくなってもらうためには、心遣いとしての手土産が必須ですし、クライアントが希望した場合に備えて二次会会場を抑えておく必要があるでしょう。

接待を成功させるための基本マナー6:接待は当日の直前準備が命

当日の直前準備を徹底するというのも、接待を成功させるためにぜひ覚えておきたいマナーのひとつです。 どんなに入念にお店選びなどを行っても、当日の直前準備で手を抜いてしまうと接待が失敗してしまいかねません。 接待相手をお迎えに行く段取りやお店まで案内する段取りなどを徹底しておきましょう。

接待を成功させるための基本マナー7:お店のスタッフを味方につける

接待を成功させるための基本マナーのひとつとして、お店のスタッフを味方につけるということも含まれるでしょう。 接待相手に最初に料理を配膳してもらったり細やかな気配りをしてもらうためには、事前にお店のスタッフに「今日は接待なので」と説明して協力をしてもらうことが大切です。 お店のスタッフの協力を取り付けるためには、事前にお店を訪れて食事をし、その際に接待用にお店を利用したいことを伝えるとよいでしょう。

接待を成功させるための基本マナー8:お冷とお茶を上手に使う

お冷とお茶を上手に使うというのも、接待を成功させるためにぜひ覚えておきたい基本的なマナーです。 アルコール度数の高いお酒を接待相手が飲む時には、酔いが回ってしまわないように、お店のスタッフに頼んでお冷を持ってきてもらうのが心遣いというものです。 また、接待相手のお箸のスペースが落ちてきたら、口直しの意味も込めてお茶を持ってきてもらうようにしましょう。

接待を成功させるための基本マナー9:お酒は控えめにする

接待にはお酒がつきものですが、かといってこちらがお酒で酔ってしまっては接待できるものもできなくなってしまいます。 酔って失礼をしてしまうこともあり得るでしょう。このようなリスクを減らすために、お酒は控えめにするのがベストです。 かといって、お酒を好まれる接待相手の場合はこちらも飲まないと失礼にあたるので、その場の様子を見ながら酔わない程度にお酒をいただきましょう。

接待を成功させるための基本マナー10:相手のお酒や食事の進み具合を気配りする

接待相手のお酒や食事の進み具合をそれとなくチェックしながら、気配りを欠かさないというのも接待の必須マナーのひとつでしょう。 相手のお酒や食事がハイペースで進んでいるようならば、他の料理やお酒を待つ時間を作らないためにも、適宜新しいオーダーをする必要があります。

接待を成功させるための基本マナー11:グラスが空いたらすぐに次の一杯を

接待を成功させたいならば、グラスが空いたらすぐに次の一杯をお酌するようにしましょう。 接待相手に手酌をさせてしまうのは絶対にNGですので、常にグラスの空き具合を確認し、グラスが空いたならばお酌をするのがマナーです。

接待を成功させるための基本マナー12:話が途絶えないように気配りする

話しが途絶えてしまうことほど、接待で気まずいことはありません。このような最悪の状態を避けるためには、話が途切れてしまわないように気配りすることが大切です。 接待相手が話し好きの場合には楽しそうに相槌を打ち、寡黙な場合には事前にリサーチした興味のありそうな事柄について話題を振ったり、質問をするとよいでしょう。 また、コミュニケーション能力の高い社員を接待メンバーに一人入れておくと安心です。

接待を成功させるための基本マナー13:帰り方をさりげなく聞く

接待を成功させるための基本マナーのひとつとして覚えておきたいのが、帰り方をさりげなく聞くということです。 接待の最中だけではなく接待が終わってクライアントが自宅に帰宅するまでは本当に接待ですので、それとなく帰り方を聞き、タクシーの配車を頼むなどの心遣いが必須でしょう。 また、タクシーチケットをお渡しする際には封筒に入れておくこと、金額が足りないことがないようやや多めに入れておくことが大切です。

接待を成功させるための基本マナー14:見えないところで会計を済ませる

接待相手の見えないところでお会計を済ませておくというのも、接待を成功させるための基本マナーのひとつとして挙げられます。 接待そのものがよかったとしても、目の前でお会計をされると興ざめされてしまいますので、必ず接待相手の見えないところでそっとお会計をすましましょう。

接待を成功させるための基本マナー15:手みやげは帰り際に

接待を成功させるためには、手土産は帰り際にお渡しするというのも基本マナーのひとつでしょう。 お店についてすぐに手土産をお渡ししてしまうと邪魔になってしまいかねませんので、接待相手に余計な負担をかけないためにも、帰り際に手土産をお渡しするのがマナーです。

接待には日頃からの思いやりが大切

接待を成功させるためには、杓子定規なビジネスマナーだけではなく、日ごろから相手の立場にたって物事を考え、相手に対して心配りを行うといったおもてなしの心が大切です。 ホスピタリティは一朝一夕では身につかないものですので、普段からビジネスの相手に対して心配りを行い、ホスピタリティを磨くようにたいものでしょう。

接待のマナーについて理解を深めよう!

今回は接待を成功裏に進めるために覚えておきたいマナーについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 この記事でご紹介した基本的なマナーをきちんと守りながら、おもてなしの心を持って相手を接待すれば、きっとよい関係を築くことができるはずです。

アクセスランキング