IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英語のスピーキング力向上にお勧めのアプリ8選|スピーキングのコツ4つ

英語

英語を学ぶ上で必要なスキルがスピーキング力です。これからの時代で必要不可欠なスキルが英会話ですが、勉強方法がわからない人も多いのではないでしょうか。今回は、スピーキング力をアップさせるのにおすすめのアプリをご紹介して、学習するポイントもまとめました。

更新日時:

英語の重要性は上がっている

英語を学ぶことにより、世界の人とコミュニケーションを取ることができるようになります。 インターネットが普及したことにより、他に国の人とも簡単に連絡を取ることができますが、英語を使うことができないとコミュニケーションを取ることができません。 社会やビジネスはグローバル化が進んでいます。 今後、日本語だけでは他の国とコミュニケーションを取ることが難しくなってきます。 英語は世界の公用語としても認められているので、自分自身のスキルアップのためにも必要になってきます。

レベルの高い教育を受けられやすくなる

英語をある程度理解することができると、レベルの高い教育を受けることができます。 その中で代表的なものが、「MOOC」です。 MOOCは大規模な公開オンライン講座として有名ですが、講座の内容のレベルも高いものを選ぶことができます。 現地へ行かなくてもハーバード大学やスタンフォード大学の講義も受講することができるので、自宅にいながら海外の有名大学の講義を受けることができます。 しかし、講義はもちろん英語で行われているので、英語がわからなくては学習内容を理解することができません。 自宅でなく、直接講義を受講したいといった人には、留学という選択肢もありますが、ある程度英語が理解できていないと現地で講義の内容を理解することができません。 日本以外で質の高い教育を受けたい場合には、英語の能力があることが必要不可欠になっています。

職業や人生の選択の幅が広がる

英語でコミュニケーションを行うことができると、外資系企業での就職や、留学後にそのまま海外での就職をすることも可能になります。 海外で就職をすることに興味がなくても、外資系の企業での就職も視野に入れることができるのが、メリットがあります。 1995年頃から日本のGDPの伸び率は停滞しています。 それとは反対に、日本にある外資系企業では、急成長をしている企業が多くあります。 外資系企業へ就職するためには、英語ができなくては、本社の人や同じオフィスにいる外国の人とコミュニケーションを取ることができません。 他にも、収入を増やしたいのであれば、外資系企業の方が高収入で求人を出している場合も多いので、収入も多くもらうことができる可能性があります。 これから就職について考えている人にも、選択の幅を広げることができるのが英語の素晴らしいところでもあります。

受験や就職に有利

大学入試で英語があるのは有名ですが、これからは中学入試や高校入試でも英語の科目を行う学校が増えてきています。 早めに英語学習を始めることにより、得意な科目として点数を取ることができるようになります。 実際に、早くから英語を学ぶことはメリットも多くあります。 実際にリスニング力やスピーキング力が他の人よりも発達することもありますし、英語に対して抵抗がなくなるために勉強をしやすくなります。 他にも、受験だけではなく、就職をする際にも英語を重視する会社が多く見られます。 海外の取引先と連絡を取る際には、必要不可欠な能力ですし、今後海外展開を考えている場合や、外資系企業への就職をするのにも有利になります。

英語のスピーキングとは

英語のスピーキングは、独学で学ぶのに一番難しい部分です。 英語を学習するのに必要なスキルとして、スピーキングの他には、リーディングとライティング、リスニングの4つあります。 日本人は、TOEFLでもスピーキングでの平均点が低く、世界でもスピーキングのレベルが低いのが現状です。 しかし、苦手であるスピーキングを行うことができると、世界中の人とコミュニケーションを取ることができるようになりますし、何より英語が楽しくなります。 実用的に使うことができるようになるためにも、英語のスピーキング力を向上させることをおすすめします。 今回は、スピーキング力をアップするためにおすすめしたいアプリをご紹介した後に、ポイントの解説を行います。

単語帳だけでは身につかない英語

英語を学習する方法として、残念ながら単語帳だけでは英語を話せるようになりません。 もちろん、単語帳は空いた時間に英語を学習することができるメリットや新しい単語を知るのに必要なことでもあります。 単語帳の効果的な使用方法としては、単語だけでなく、英文を記入するようにします。 英文を英語から日本語、日本語から英語と訳せるようなれば、自然と話すことができるようになります。 英語は、単語を覚えることも大切ですが、まずはしっかりと文法を理解することも重要です。

英語のスピーキング力をアップするおススメのアプリ9選

日本人が一番苦手をしている英語のスピーキングもアプリを活用することで、簡単に学習することできて、スキルアップを行うことができます。 今回は、おすすめしたいスピーキング学習アプリを9つ紹介します。

英語のスピーキング力をアップするアプリ1:スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHのアプリは、自分にあった学習方法を選ぶことができます。 気軽に日常会話を学習したい場合にも、月額980円から利用することができるのもおすすめのポイント。 コースは、自分のペースで進める「ベーシックプラン」や、現場で使うことができる実践的な英語を学べる「パーソナルコーチプラン」などがあります。 どのコースを選んでも、スマホにアプリをダウンロードするだけで、通勤通学中の空いた時間にインプットとアウトプットを行うことができるのも魅力です。 TOEICのスコアアップを目指した人に対しても、「パーソナルコーチプラン」もあるので、しっかりと英語を学び、テストの対策をすることができます。

英語のスピーキング力をアップするアプリ2:Catch It English

短時間でスピーキングの学習を行いたいのであれば、Catch It Englishがおすすめ。通勤通学中の1分で行うことができるのをポイントにしています。 実際に声に出して発音をチェックしてもらう機能があるので、日常的に正しい発音で英語を話すことができるようになります。 英語を日常的に話す機会が少ない日本人にとっておすすめの機能が搭載されています。 学習アプリは飽きてしまうという人にもおすすめしたいのが、ゲーム機能です。 ゲーム感覚で学習をすることができる機能が20個以上搭載されているので、飽きることなくスピーキングを学習することができます。 アプリをダウンロードするだけではお金がかからないので、気になる人は、試してみてはいかがでしょうか。

英語のスピーキング力をアップするアプリ3:英語を学ぶ リスニングとスピーキング

よくある会話をネイティブの発音で学習したい人におすすめのアプリが、英語を学ぶ リスニングとスピーキング。 初心者から中級者を上級者へステップアップするのに活用してもらいたいアプリです。 シチュエーションによってさまざまなトピックの中から選び、学習することができるので、気になる英会話をすぐに学ぶことができます。 日常的に役立つ買い物や挨拶だけでなく、ビジネス会話を学ぶことができるのも魅力。 英語をこれから学習しようと考えている人の他にも、ビジネスで英会話を使用する機会の多い社会人にもおすすめしたいアプリです。

英語のスピーキング力をアップするアプリ4:Real英会話

ネイティブが開発に関わっていて、英文が日々更新されるので、常に新しいことを学ぶことができるのがポイントのReal英会話。 実際に作者で英会話講師のテリー氏に質問をすることができるのも特徴のアプリです。 Real英会話は、質問をすることができる「リクエスト機能」の他にも、フレーズを覚えるための「トレーニング機能」、シチュエーションから英語を学びたい人に向けた「基本機能」の3つの機能から選ぶことができるアプリ。 実際に発音をチェックすることもできます。 他のアプリにはない機能として、一度学習をしたものは一定期間が経過すると、復習が必要なフレーズとしてアプリが教えてくれるので、何度も学習する機会を与えてくれるアプリです。

英語のスピーキング力をアップするアプリ5:英会話SpeakBuddy

自分にあったカリキュラムで学習をすることができるアプリが、英会話SpeakBuddyです。 作成されるカリキュラムは、1日15分から行うことができるので、無理なく学習することができます。 リスニングモードで英語を聞くことも、スピーキングモードで話すこともできます。 スピーキングモードでは、実際に話した内容を聞くこともできるので、見本と聞き比べることができるのもポイントです。 普段自分が話す英語は聞く機会がないので、弱点を知ることができます。 他にも、さまざまな場面での英会話を学ぶことができるので、本格的に英語を学ぶ人以外にも、旅行のときにもおすすめしたいアプリ。 海外に行く機会が多い人も活用している人が多いのが特徴です。

英語のスピーキング力をアップするアプリ6:Duolingo(デュオリンゴ)

Duolingo(デュオリンゴ)は、ゲーム要素が豊富で楽しみながら英語を学ぶことができるアプリ。 エビデンスに基づいて作成されているので、大学の言語コースを受講したときと同じような効果を、Duolingo(デュオリンゴ)では34時間で得ることができる優れた学習アプリです。 パソコンで行うこともできますし、スマホにアプリをダウンロードするだけで、空いている時間に英語の学習を行うことができるので、自宅でも空いた時間でも学習を行うことができます。 気になる料金は、無料。気になる人は試してみてはいかがでしょうか。 まだ英語の基礎わからない人に対しても利用することができるアプリ。 勉強が苦手な人でもゲーム感覚で英語を覚えることができるのが魅力です。

英語のスピーキング力をアップするアプリ7:FluentU

FluentUの特徴は、動画をみて学ぶことができるアプリです。 文章と一緒に実際に英語を使用したいシチュエーションの動画をみて学ぶことができます。 自然な英語を理解しやすいのが特徴です。 サイト内が英語で表示されているので、基本的な英語を知らないと操作するのは難しく感じてしまいますが、調べながら行うことも学習することに繋がります。 基本的には無料で利用することができるアプリですので、試してみて使いやすければ有料版へ切り替えることをおすすめします。 動画の種類も豊富にあり、観ていて飽きません。 ニュースからも映画の予告編のような動画からも学ぶことができるので、自分にあったものを選ぶことができます。

英語のスピーキング力をアップするアプリ8:TerraTalk

職業や役職にあった英語を学びたいのであれば、TerraTalkがおすすめです。 英会話教室へ行っても実際に仕事で使用する英語とは違う場合がありますが、TerraTalkではすぐに活用することができる英語を学べるコースを選べます。 他のアプリではない機能として、単語帳機能があります。 会話レッスンで使用する英単語を単語帳形式で発音やリスニングを練習することもできるので、さまざまな使い方ができます。 普段単語帳を持ち歩かなくても、スマホがあればどこでも単語帳で英語を学習することができます。 月額1,980円かかりますが、気になる人は無料でお試しすることもできます。1つのアプリでさまざまな機能が欲しい人におすすめです。

英語のスピーキング力をアップするアプリ9:英会話の実践練習

200レッスン以上の英会話レッスンがあり、実践的に英会話を上達させたい人におすすめが英会話の実践練習アプリ。 他のアプリでは珍しい機能として、録音機能があります。 録音して自分の発音を確認することができるので、スピーキングの上達につながります。 スピーキングを向上させるために必要な会話練習機能も搭載しているので、アプリ名にもあるように英会話の実践練習を行うことができます。 また、アプリ自体が英語で表示されているので、アプリを使用することにより、英語に触れる機会が多くなるのもポイントです。 リスニング機能やプラクティス機能、録音機能の他にも、クイズ機能もあります。 通勤通学時間や空いた時間に行うことができます。 シンプルで機能が豊富にあるアプリを探している人におすすめです。

英語のスピーキング力をアップする4つのポイント

今までは、スピーキング力をアップするのにおすすめのアプリをご紹介してきました。 しかし、おすすめのアプリを使用しても正しく活用できなければ意味がありません。 そこで、英語のスピーキング力をアップさせるのに行なってもらいたいポイントをまとめました。 ①英語の発音 ②英語で独り言を言ってみる ③吹き替え映画を見て発音してみる ④大きな声でしっかり話す 英語のスピーキング力をアップするポイントとして以上の4つを解説していきます。

英語のスピーキング力をアップするコツ1:英語の発音

スピーキング力をアップするためには、まずは発音記号を正しく理解することが重要です。 カタカナ英語やなんとなく話せば通じると考えている人もいますが、正しく発音をすることができないとネイティブの人と会話をすることはできません。 発音記号を理解することは、他にもメリットがあります。 スピーキングだけでなく、リスニングの際にも正しく理解することに繋がります。 話すだけでなく、聴くときにも重要なのが、発音記号です。 正しい英語を理解するのに必要不可欠ですので、まずは発音記号から勉強を行なってください。 発音記号を勉強使用しても、数が多くて大変そうと考えている人がいます。

しかし、発音記号は1日もあればマスターすることができます。 英語を学習するのには、まずは発音記号から勉強を行うことがポイント。 日本語と違い、母音の数が15個と多いですが、しっかりと覚えてネイティブと英語で会話をすることができるようになりましょう。

英語のスピーキング力をアップするコツ2:英語で独り言を言ってみる

英語のスピーキング力をアップするのに、いつでも簡単に行うことができるのが、英語で独り言を言うことです。 日本人がスピーキングが苦手な理由は、英語を話す機会が少ないからです。 英語を上達するのに必要なのは、英語を喋りまくることです。 話す相手はいないのですが、実際に声に出して英語を話すことが重要です。 頭で考えるだけでなく、実際に声に出して話すことで英語で考える力も身につきますし、発音もよくなります。 行動しようとしたことも英語であればどういった風に話せば良いか同時に考えることができます。 わからない表現については、調べることにより、英語の知識も増えます。 毎日習慣にすることで自然と英語が身近に感じることができるので、いきなり英語にふれるときと違い違和感なく話すことができます。

英語のスピーキング力をアップするコツ3:吹き替え映画を見て発音してみる

字幕の映画を字幕なしで観れるようになりたいという人は多いことでしょう。映画はスピーキングにも活用することが可能です。 日本語の吹き替えに対して、英語の字幕をつけることにより、日本語を英語に訳して発音をすることができるようになります。 さまざまな映画がありますので、ビジネスのシーンがある映画の場面を活用すれば、実際のビジネスの場面でも利用することができるスピーキング力を学ぶことができます。 いきなりビジネス英語を学ぶことは難しいので、比較的簡単な英語を使用している海外ドラマから始めるのがおすすめです。 海外ドラマは、中学生レベルの英語でも理解することができるようになっているので、まずは英語にふれたい人は試してみてはいかがでしょうか。 慣れてきたら少しずつステップアップをするようにしてください。海外ドラマの次は、アニメもわかりやすいです。

英語のスピーキング力をアップするコツ4:大きな声でしっかり話す

英語を話せるようになって、実際に英語で会話をしていると聞き返されることが多いです。 聞き返される理由は、話すことの意味がわからないのではなく、声の大きさが小さいことから聞き返される場合が多いです。 そもそも、日本語と英語は音の出し方が違うために、ボソボソと話していてはきちんとした発音で英語を話すことができるようになりません。 まずは、ゆっくりと滑舌良く発音をすることを意識して、舌と口を鍛えてはっきりと発音できるようにすることが重要です。 ゆっくりと大きい声で話すことにより、相手に「Sorry?」や「Pardon?」と聞き返されることが少なくなります。 英語に慣れていないからこそ小さい声で話さずに、大きな声でしっかりと話す練習を行なってください。

スピーキング力をアップして英会話をマスターしましょう

英語にふれる機会が多い人も、そうでない人も英語を学ぶためには、スピーキング力をアップさせるのが、英会話をマスターする近道です。 今回ご紹介した英語アプリの中で気になるものがありましたら、試してみることをおすすめします。 ほとんどのアプリが無料で試すことができるものばかりですので、お気に入りのスピーキングアプリが見つかるまで比べてみてはいかがでしょうか。 学びたい場面や、上達するにつれて使用するアプリも変わってくることでしょう。 上手にアプリを利用してください。 英語が苦手と諦めずに、ポイントを抑えた学習方法を行い、英語のスピーキング力をスキルアップしましょう。

アクセスランキング