IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職におけるキャリアアップの考え方3つ|キャリアアップの種類5つ

転職事情

転職においてキャリアアップを確実に実現するためには、どのような考え方をすればよいのでしょうか?この記事ではこれから転職活動をスタートさせる方のために、キャリアプランの考え方や転職によってキャリアアップを実現するための指針についてご紹介しています。

更新日時:

キャリアプランの考え方

みなさんはどのようにしてご自身のキャリアプランを考えているでしょうか。より良いキャリアを築くためには、キャリアに関するきちんとした考え方を身につけることが不可欠です。 そうは言っても、何から手を付けてよいのかよくわからないという方もおられることでしょう。 ここではまずキャリアプランの基本的な考え方についてご紹介していきますので、転職などによってキャリアを変更する際にぜひご参考ください。

Will・ Can・ Mustのフレームで考える

キャリアプランの考え方としてまず大切なのが、キャリアの全体像をWill・Can・Mustの3つのフレームにもとづいて設計するということです。 将来的にやりたいことや頑張れば成し遂げられそうなことに関してはWillで、今の自分の能力・スキルならば実現可能なキャリアについてはCanで、絶対に成し遂げなければならない最小目標についてはMustで考えてみてください。

Can(できること)を磨いて可能性を高める

Will・Can・Mustの3つのフレームのうち、キャリアの考え方で特に大切にしたいのは、Can(できること)を磨いて自分の可能性を高めるということです。 頑張ればできることをリストアップし、それらを達成することでキャリアアップを実現することができます。 今の環境に満足したり現状に甘んじるのではなく、できることを貪欲に追求し、場合によっては転職などを通じて自分の可能性をどんどん広げていきましょう。

転職におけるキャリアアップの考え方3つ

転職を考えているけれど、「もしも失敗してキャリアダウンしてしまったらどうしよう」と考えて、なかなか転職に踏み切れないという方も少なくないことでしょう。 では、どうすれば転職を通じて着実にキャリアアップを実現することができるのでしょうか。 ここからは、転職を通じたキャリアアップを実現する上で大切な考え方を3つピックアップして解説していきます。 ぜひこのような考え方にもとづいて転職活動を行ってみてください。

転職におけるキャリアアップの考え方1:キャリアの具体性

転職におけるキャリアアップの考え方としてまず知っておきたいのが、キャリアの具体性を明確にするということです。 自分はこれまでどのようなキャリアを築いてきたのか、転職を通じてそのキャリアをさらにどのように飛躍・発展させたいのかを明確にすることが、転職を成功させるための基本的な考え方です。 ぼんやりとした将来像ではなく、明確なキャリアプランを設計することからスタートしましょう。

転職におけるキャリアアップの考え方2:キャリアの一貫性

キャリアの一貫性を重視するというのも、転職を通じてキャリアアップを実現するために欠かすことのできない考え方のひとつです。 キャリアアップをするためには同じ、あるいは同系統の職種で一貫性を持ったキャリアを構築することが必要になります。 転職をするにしても、違う業種・職種を選んでしまうとそれまで築き上げたキャリアが積み直しになってしまうので、キャリアの一貫性を重視して転職先を選びたいものです。

キャリアの一貫性:幅を広げる

では、キャリアの一貫性を実現するためにはどのような考え方が必要になってくるのでしょうか。大切なのは、キャリアの幅を広げるための考え方を持つということです。 専門性を追求することはもちろん大切ですが、「専門バカ」になってしまうとつぶしがきかなくなってしまう可能性もあります。 ひとつの業種に特化しつつも、周辺領域や関連分野のスキルに関しても貪欲に学び吸収していきましょう。

キャリアの一貫性:深める

キャリアの一貫性を実現するための考え方としては、ひとつの分野を徹底的に深めるということも大切です。 今の職種で身につけることのできるスキルや知識を徹底的に深めることで、真のプロフェッショナルに近づくことができますし、転職の際にはそれが有利に働いて着実にキャリアアップを実現することができるでしょう。 広く浅くではなく、狭く深くキャリアを極めるというのもキャリアアップのために必要な考え方です。

転職におけるキャリアアップの考え方3:転職で重要な「転職の軸」を考える

転職におけるキャリアアップの考え方のひとつとしてご紹介したいのが、転職で重要な軸をきちんと定めておくということです。 転職によって何を成し遂げたいのか、その優先順位をきちんとつけることで、軸がぶれることなく転職活動を効率的に進めることができるはずです。 ここからは、転職で重要な軸を定める上で大切な考え方について確認しておきましょう。

転職で重要な転職の軸1:なぜ転職をしたいのか改めて理由を考える

転職で重要な軸を定める考え方としては、まずなぜ転職をしたのかを改めて考えてみるということです。 今の給与や待遇・職場の人間関係への不満といったネガティブな理由で転職に踏み切っても、転職の軸が曖昧で定まっていないので、キャリアアップをするのは難しいでしょう。 どうしても転職をしなければ成し遂げられないことがあるのか、転職によって自分は何を達成したいのかをきちんと考えることが大切です。

転職で重要な転職の軸2:希望の仕事内容・雇用条件を整理する

希望する仕事内容や雇用条件を整理しておくというのも、転職において重要な軸を定める際の考え方のひとつです。 転職先に望むものは多くあるはずですが、全てをパーフェクトに満たしてくれる転職先から内定を得られる確率は限りなく低いため、まずは希望する条件をリストアップし、それらに適切な優先順位をつけてみてください。 そうすることで、自分が本当に望む転職先を絞り込むことができるはずです。

転職で重要な転職の軸3:キャリア目標を設定する

転職で重要な軸を定める際の考え方として、キャリア目標を明確に設定するということも挙げられるでしょう。 数年後・数十年後に自分はどのようなキャリア目標を達成したいのかをクリアにして、それを実現するためにはどのような転職先でいかなるポジションに就けばよいのかを考えてみてください。 キャリア目標をきちんと設定することができれば、おのずと転職の軸が定まってくるはずです。

転職におけるキャリアアップの種類4つ

転職によってキャリアアップを実現するのには、どのようなパターンがあるのでしょうか。キャリアアップの方法やあり方は、人によって多種多様です。 ここからは、転職を通じたキャリアアップの種類について詳しく見ていきましょう。

転職におけるキャリアアップの種類1:大企業の課長から中小企業の部長へ

転職におけるキャリアアップの種類としてまず挙げられるのが、大企業の課長から中小企業の部長に転職したというパターンです。 大企業から中小企業と聞くとキャリアダウンのように感じられますが、役職に注目してみると課長から管理職の部長に昇進しているため、年収もキャリアも確実にアップしています。

転職におけるキャリアアップの種類2:中小企業から大企業へ

中小企業から大企業の社員になったというのも、転職によってキャリアアップを実現したパターンのひとつとして挙げられるでしょう。 特に役職やポジションが変わらないのであれば、中小企業よりも大企業の社員になったほうがキャリアは確実にアップしますし、金銭的にも余裕が出ます。

転職におけるキャリアアップの種類3:下流工程から上流工程に

転職におけるキャリアアップのパターンのひとつとして、下流工程から上流工程にランクアップしたということも挙げられるでしょう。 システムエンジニアの業界では、主に作業を行うブルーカラーの下流工程から、指示を行うホワイトカラーの上流工程に転職できるとかなりのキャリアアップだと言われています。

転職におけるキャリアアップの種類4:より年収の高い業界へ

より年収の高い業界に転職したというのも、転職によるキャリアアップの種類のひとつに数えられます。 たとえば年収の低い介護業界や保育業界から、より平均年収の高い医薬品業界などに転職することができれば、金銭的な面でもキャリアの面においても栄転したと言えるでしょう。

キャリアプランの考え方について理解を深めよう!

今回は転職におけるキャリアアップのための考え方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 転職をしてキャリアダウンしてしまう人もいればキャリアアップを実現できる人もいますが、後者になるためにはキャリアプランについての適切な考え方を身に着けておくことが必要です。 転職をお考えならば、ぜひ今一度、キャリアプランについて深く考えるための時間を作ってみてください。

アクセスランキング