IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【年代別】社労士の平均年収3選|社労士のおおまかな業務内容3つ

転職事情

社労士は人事のスペシャリストである国家資格です。難易度が高いことから、年収も期待できる一面があります。また、住んでいる所などによって年収の差が出る傾向にあります。社労士の年収について掘り下げてみましたので、ぜひ読んで参考にして下さい。

更新日時:

社労士とは?

社労士とは人事関係のスペシャリストで、国家資格を所有している人です。 会社員として勤めていると、税金関係などの事は会社が代行しています。住民税や所得税などはフリーランスの方であれば自分でするしかないのですが、会社員であれば会社が代行してくれるので、会社員からフリーランスになった方はその額に愕然とすると言われています。 社労士の仕事について、もっと掘り下げて見ていきましょう。

社労士資格の難易度

社労士の合格率は、5%から7%と言われているので、合格率は非常に低く難易度は高いです。 社労士資格の試験は、問題自体が難しいこともあるのですが、問題数や時間が長く、いかにスピード感を持って、問題に正解していくかがカギとなっています。 難しい問題を理解する力と、問題を解くスピードという俊敏力が物を言う試験と言ってもいいでしょう。

社労士の平均年収には個人差がある

難関な資格を突破してなる事ができる社労士ですので、当然年収も気になるところが、平均値では、約527万円と言われています。 社労士の年収は、開業をするのか企業に勤務するのかでも別れてきます。さらには都心か地方かにもよって違ってくるところがありますので、必ず平均値や平均以上の年収を稼ぐことができるとは限りません。

社労士の平均年収は年代や地域で異なる

社労士の平均年収は、地域によっても違いますが年代によっても違いがあります。 最低賃金の違いもありますので、東京都と他の地方でも年収が違ってくる一面は納得がいく一面があります。地方でも北海道や、福岡なども社労士の年収が高い傾向があります。 社労士でたくさんのお金を稼ごうと考えたとしたら、東京を含めた最低賃金が高い所で働くか、社労士の需要が高い所で働く事を視野に入れましょう。

【年代別】社労士の平均年収3選

社労士の年収は、年齢によって上がってきます。 20代であれば、まだ駆け出しの時期に近く場合によっては、通常の会社員と同じくらいであるケースが多いです。しかし、年齢を重ねる毎に年収が上がってきます。 では、社労士の平均年収を30代から50代の場合をそれぞれ見ていきましょう。

【年代別】社労士の平均年収1:30代の場合

社労士の平均年収は、30代前半で約423万円から523万円、30代後半で約492万円から約596万円です。 一人当たりの年収で多い層は300万円から400万円と言われています。地方だと、年収は平均並み、もしくは少し超えるくらいと言えるでしょう。この年収の平均値には男性女性ともに入っています。女性の場合でしたら、社労士で高収入の部類に入れる可能性があります。

【年代別】社労士の平均年収2:40代の場合

40代での社労士の平均年収は、40代前半で約549万円から約670万円、40代後半で約628万円から約750万円です。 一流企業に勤めていたり、出世をした方の年収分くらい社労士で稼ぐことが可能になるのが、40代からです。この時期はお子さんが成長している人も多く、お金がかかる時期です。この時期のために社労士を若いころから目指すのも良い考えです。

【年代別】社労士の平均年収3:50代の場合

50代になると社労士の平均年収は、50代前半で694万円から804万円、50代後半で687万円から797万円になります。 どの職種に関してもそうなのですが、50代半ばから定年退職に向けて、年収が下がります。この時期になると、お子さんが成人している方も多く、支出も減る時期です。

社労士のおおまかな業務内容3つ

社労士の年収が分かったところで、気になるのは社労士の業務です。 主に人事関係の事を扱う事が、社労士の仕事であると認識している方も多いですが、人事関係の仕事と一口に言っても、その仕事内容は多岐に渡ります。 では、社労士の大まかな業務内容について見ていきましょう。

社労士のおおまかな業務内容1:各種保険に関する手続きや給与計算

各種保険の手続きなどは専門知識も必要ですし、給与計算に関しても税金のことなどの知識が必要です。 各種保険の手続きや給与計算のスペシャリストこそが社労士です。年間を通して仕事はありますが、主に4月5月の労務保険関係、7月の社会保険の算定など、忙しい時期を円滑にサポートする事が社労士の仕事となっています。

社労士のおおまかな業務内容2:人事や労務に関するコンサルティング

働く人の権利を守ったり、正しい人事関係や労務関係事をアドバイスをしたりする事も、社労士の仕事の一つです。 労務診断をしたり、安全衛生管理をしたりするなど、快適に働くことができるように企業にコンサルティングするなど、人事や労務関係の仕事は多岐に渡ります。

社労士のおおまかな業務内容3:企業や個人を対象とする年金相談

年金の受取りを含む年金関係は煩雑ですので、年金に関する相談を受け付けてくれるのも社労士の仕事です。 年金などのもらうことができるお金に関しては、こちらから手続きをしないと受け取れない一面がありますが、申請の仕方は煩雑です。まだ受け取る世代ではない方も払い込みがありますので、年金に関しては他人ごとではありません。 社労士は年金関係のスペシャリストでもある一面があります。

社労士の働き方とは

社労士は、人事関係のスペシャリストである必要がありますが、働き方にも違いがあります。 大まかに言うと、2種類の働き方があります。一つは安定性が強い働き方で、もう一つは大きく稼ぐことができる働き方ですので、ご自身の力量や好みによって選ぶことができます。 では、社労士の働き方の主な2つについて見ていきましょう。

勤務型

勤務型の社労士の一番の魅力は、何といっても安定性です。 勤務型でしたら、事務所の業績がどうであれ、給与が出ることは約束されていますので、年収も安定します。安定収入がある事はすなわち、生活の安定があるという事です。 開業型に比べると年収は少ない傾向があるでしょうが、安定性においては魅力的である一面があります。

開業型

社労士の開業型の一番の魅力は、頑張れば頑張るほどに稼げる可能性がある事です。 勤務型は固定給であるケースが多いですが、開業型でしたら利益が出たらその分だけ稼ぎが増える可能性があります。しかしながら、安定性には欠ける傾向があります。 故に自分で開業して稼ぎ出す自信が出たときに、社労士としての独立を視野に入れましょう。

社労士の年収を把握しておこう

社労士の仕事は、地方の年収を鑑みると稼ぐことができる傾向にある仕事ですが、資格取得には苦労を伴います。 せっかく取った社労士の資格をうまくいかせるようにするには、年収、仕事内容などを把握しておく必要があります。社労士の仕事に魅力を感じている方は、年収を全て把握したうえで検討をしてみましょう。

アクセスランキング