IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

小さい会社で働くメリット5つ|デメリットや小さい会社の特徴とは?

転職事情

小さい会社で働く場合には、働く上で生じるメリットとデメリットがあります。メリットの面を大きく感じるためにもデメリットの部分を補う努力が必要です。小さい会社で働く場合は大企業とは違うことをあらかじめ承知して働くようにしましょう。

更新日時:

小さい会社の定義

小さい会社と呼ばれる企業には特徴があります。従業員が少なかったり、会社の建物が小さく、大手企業の下請の仕事をしている場合は、小さい会社として認知されることが多くなります。 小さい会社で働く人は、中小企業で得られるメリットを活かしながら、ビジネスマンとしての経験を積むことが大切です。

小さい会社で働くメリット5つ

小さい会社で働く上で得られるメリットが5点ほどあります。大きな会社と違い、上に声が届きやすく意見に対するレスポンスが早かったり、職場環境が整っていることが多いので、本人の仕事への取り組み次第では大きく出世することも夢ではありません。 小さい会社で働く人は、社員自体の人数が少ない場合があるので、チームワークを重視して丁寧な仕事を心掛けるようにしましょう。

小さい会社で働くメリット1:昇格できる可能性が高い

小さい会社で働くメリットに昇格できる可能性が高いことが挙げられます。小さい会社は社員の人数が少ないこともあり、また、大企業のように熾烈なライバル競争がないため、真面目に仕事をこなしていれば昇格できるチャンスが高くなります。 小さい会社で働く人は、与えられた仕事を正確にこなすようにして、会社の信頼を得て昇格へのチャンスを高めるようにしましょう。

小さい会社で働くメリット2:上に話が通りやすい

小さい会社で働くメリットに上に話が通りやすことが挙げられます。小さい会社は社員の人数が少なく、組織自体が複雑でないため、上司や役職と話をする機会を持てることが多く、比較的意見を通しやすくなっています。 上に話を通したい人は、同じ部署で働く人の意見を集める形で上層部へ話を持っていくようにしましょう。また、フランクにならない話し方で話すようにします。

小さい会社で働くメリット3:比較的自由

小さい会社で働くメリットに比較的自由に仕事ができる点が挙げられます。小さい会社で仕事をする場合、大企業のような大きな組織と違い、アットホームな職場が多く、仕事をする上で比較的制約がないことがあります。 小さい会社で仕事をする人は、仕事中と仕事をしていない時のメリハリをつけながら、自由度を活かした働き方をしましょう。

小さい会社で働くメリット4:知識やスキルが磨ける

小さい会社で働くメリットに知識やスキルが磨ける点があります。小さい会社で仕事をする場合は、作業全体を任せてもらえることが多く、分担して作業をしないことがあるので、大企業で学べない経験やスキルが磨ける機会を持つことができます。 知識やスキルを磨きたい人は、小さい会社で仕事の経験を積み、脇の知識を固めて大企業へ入社する足がかりにしましょう。

小さい会社で働くメリット5:人間関係

小さい会社で働くメリットに人間関係が円滑なことが挙げられます。小さい会社は従業員の人数が少なく、助け合って仕事をしている職場が多いので、大企業のように競争が激しくなく人間関係が穏やかな職場が多いです。 小さい会社で働く人は、社内で催す社員旅行や行事に参加することで、仕事での団結力を高めていきましょう。

小さい会社で働くデメリット4つ

小さい会社で働く場合、デメリットが生じる場合があります。会社自体の規模が小さいため、新人教育のシステムが機能していなかったり、従業員が少ないので仕事中心の生活になる場合があります。 小さい会社で働く人は、教育体制がないことや仕事中心の生活になることを承知しておき、自分自身でビジネスマナーを学んだり、休日のリラックス法などを見つけておきましょう。

小さい会社で働くデメリット1:ワークバランスが崩れる

小さい会社で働くデメリットにワークライフバランスが崩れることが挙げられます。小さい会社は大手企業の仕事を下請けをしていることが多く、納期を守ることができなければ継続して仕事がもらえなくなります。 そのため、製造ラインを止めることができず、従業員は休みを取りにくいことがあります。 小さい会社で働く人は、ワークライフバランスが崩れることを承知しておき、残業代の支払い方法などを確認しておきましょう。

小さい会社で働くデメリット2:教育体制がない

小さい会社で働くデメリットに教育体制がないことが挙げられます。小さい会社は大手企業と違い、社員の育成に予算をかけらないことがあるので、教育体制が整っていないことがあります。 小さい会社で仕事をする人は、指導役の従業員の指導を受けながら、他の部署の仕事を見学して、会社全体の作業工程を理解することに努めましょう。

小さい会社で働くデメリット3:トラブル後の気まずさ

小さい会社で働くデメリットにトラブル後の気まずさがあります。小さい会社でトラブルを起こした場合、会社の規模が小さいためトラブル自体が大きく取り上げられる場合があるので、会社に居づらくなることがあります。 小さな会社で仕事をする人は、問題になりやすい事柄が発生した場合は上に相談をしたり、対応の仕方を聞くようにしましょう。

小さい会社で働くデメリット4:万が一のリスク

小さい会社で働くデメリットに万が一のリスクを負わなくてはいけないことがあります。小さい会社で仕事をする場合、作業の大部分を担当することがあるので、一つ問題が起きれば責任を問われることがあるからです。 小さい会社で仕事をする人は、以前、問題として取り上げられた作業の原因を理解して、事前に防ぐ努力をしながら、上層部にトラブルシューティングの仕方や対応法を確認しておきましょう。

小さい会社の特徴とは?

中小企業で働く場合は、小さい会社の特徴を抑えておくことが必要です。大企業と違い、給与が少なかったり、教育体制が整っていないことがあるので、それらの点を自分自身で補わなければいけない場合があるからです。 中小企業で仕事をする人は、福利厚生や給与が大手企業とは違うことを承知しておき、不足分を副業や節約などで補う方法を見つけましょう。

社長がワンマン

小さい会社の特徴に社長がワンマンなことが挙げられます。小さい会社の社長は一代で会社を立ち上げた人が多く、自分に自信を持っている人が社長になっていることがあるので社員に対して横柄な態度をとる場合があります。 社長がワンマンで困っている人でパワハラやセクハラ行為をされた場合は、労働基準監督署に報告をして、その後の対処の仕方のアドバイスを受けましょう。

福利厚生制度があまり整っていない

小さい会社の特徴に福利厚生制度が整っていないことが挙げられます。中小企業は大きな利益を上げることができないので、大手企業に当たり前のようにある福利厚生がない場合があります。 小さい会社で働く人は、生活に必要になる手当や休暇などがあれば、上層部へ相談をして手当の支給やサポートをお願いするようにします。

社会的評価が低い

小さい会社の特徴に社会的評価が低いことが挙げられます。小さい会社は大手企業の下請の仕事をしていることが多いので、大きな利益を上げることができず、企業として世の中に低く評価されていることがあります。 小さい会社を経営している人は、ISO(国際標準化機構)の取得を目指したり、取引先を増やすことで企業としての評価を高めるようにしましょう。

給料や待遇があまりよくない

小さい会社の特徴に給与が待遇があまりよくないことが挙げられます。小さい会社は大きな利益を上げることができないので、大企業より給与や待遇があまりよくないことがあります。そのため、小さい会社で働く場合は、それらのことを理解していないといけません。 小さい会社の給与に満足できない人は、仕事に必要な資格や免許を取り、責任ある仕事を任せてもらう努力をして昇格のチャンスを得るようにしましょう。

小さい会社で働くことについて考えてみよう

小さい会社で仕事をすることになったら、働く上で生じるメリットとデメリットを考えてみましょう。小さい会社で仕事をすることになった場合、働くことで生じるメリット、デメリットを知っておくことで、対処法が取りやすくなります。 小さい会社で働く人は、中小企業での業務経験が今後の仕事と人生にどう活かせるかを考えつつ、自分の人生の糧になるような経験を積むようにしましょう。

アクセスランキング