IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

SEのスキルアップの秘訣10個|SEにおすすめのスクール7選

職種研究

SEはIT化の拡大する現代社会において今度ますます必要とされる職種です。しかしその数は不足しており、さらに大きなプロジェクトを任せられるSEはごく少数です。ここではSEとしてスキルアップするための秘訣や、SEにおススメのスクールなどをご紹介します。

更新日時:

SEの現状と将来性

SEの現状と将来性

IT業界ではSEが慢性的に不足気味となっています。 近年、スマートフォンやタブレットの普及により、ソフトウェア開発のニーズは急上昇しています。しかしSEなどの専門的な技術を持った人材の育成には時間がかかり、また、大規模なプロジェクトを任せられる高度な知識と技術を持つSEはごく少数です。 今後もIT社会が拡大し続けていくことを想定すると、SEはこれからますます必要となってくる職種だといえるでしょう。

SEのスキルアップの秘訣10個

SEのスキルアップの秘訣10個

SEのスキルアップには秘訣があります。 SEは今後も必要とされる職業だといえますが、IT業界は日々新しい技術やトレンドが更新されています。そのため、SEとしてキャリアアップしていくには、常に新しい技術や知識を学び、スキルアップしていくことが必要不可欠となります。 ここではSEとしてスキルアップするための秘訣をご紹介します。

SEのスキルアップの秘訣1:業界の情報収集をし動向を把握する

SEとしてスキルアップするには、情報収集としてIT業界の動向を把握しましょう。 IT業界はトレンドの移り変わりが目まぐるしく、日進月歩で技術も進化しています。そして同時に、それまで当たり前に使用されていたはずの技術は古くなり、廃れていきます。 そのため、SEとして第一線で活躍し続けるためには、業界の情報やトレンドをしっかりと把握して、自らの将来について見定めていくことが必要となります。

SEのスキルアップの秘訣2:学習し続ける

SEのスキルアップの秘訣2:学習し続ける

SEとしてスキルアップするには、常に学習し続ける姿勢が必要です。 先述のとおり、IT業界はどんどん新しい技術が生まれ、トレンドが入れ替わっていきます。そのため、SEとして現場で活躍するためには、いつでもその時の主流である技術や知識を習得している必要があります。 SEである限り、常に情報収集のアンテナを張り巡らせ、資格取得なども含めて学び続けることが大切だといえるでしょう。

SEのスキルアップの秘訣3:資料作成技術を磨く

SEのスキルアップの秘訣3:資料作成技術を磨く

SEとしてスキルアップするには、資料作成技術を磨くことも必要です。 仕様書や操作手順書といったドキュメントを作成するのも、SEの仕事のひとつです。また、クライアントへ資料を交えて説明をすることもありますので、わかりやすい資料作成技術を磨いておくことが必要になります。 専門的に学ぶというよりも、何度も繰り返すことで上昇するスキルになるため、日頃から丁寧でわかりやすい資料作りを意識するようにしましょう。

SEのスキルアップの秘訣4:他のエンジニアと交流する

SEのスキルアップの秘訣4:他のエンジニアと交流する

SEとしてスキルアップするには、他のエンジニアとも交流するようにしましょう。 IT業界では普段から社内外でさまざまな勉強会やセミナーが開催されています。こういった勉強会には、同じ業界内のエンジニアやフリーランスのエンジニアと交流できるという大きなメリットがあります。 会社の外に新しい人脈を作ることで、業界内外のトレンドなどの情報交換をし、互いにスキルアップしていくようにしましょう。

SEのスキルアップの秘訣5:マネジメント力を身に着ける

SEとしてスキルアップするには、リーダーとしてのマネジメント力を身につけましょう。 SEはシステム開発のプロジェクトチームにおいて、リーダーの役割を担うことも多くあります。システムを納期に間に合わせるためには、適切なタスク管理や人員采配など、チームを正確にマネジメントしていくことが必要となります。 つまり、SEとしてキャリアアップするためには経験を積み、マネジメント力を身につけることが重要となります。

SEのスキルアップの秘訣6:コミュニケーションをとる

SEのスキルアップの秘訣6:コミュニケーションをとる

SEとしてスキルアップするには、コミュニケーションを取りながら仕事をしましょう。 システム開発ではエンジニア同士で分業し、チーム単位で仕事をすることも多くあります。そのため、メンバーとの情報共有や意識の共有のために、適切なコミュニケーションを取る必要があります。 また、SEは顧客へヒアリングを行い相手の要望を汲み取るという大切な役割があるため、コミュニケーションスキルを磨くことは必須となります。

SEのスキルアップの秘訣7:語学力を身につける

SEのスキルアップの秘訣7:語学力を身につける

SEとしてスキルアップするには、語学力を身につける必要があります。 グローバル化が進み、IT業界でも今後海外のエンジニアと協働するケースは増えていくため、語学力を身につけて円滑なコミュニケーションを取れるようにしましょう。 また、外資系企業など、社内に外国人が多い企業も存在します。英語力が身についていれば活躍できる場も増えていきますので、今後の選択肢を増やすためにも語学スキルは必須といえます。

SEのスキルアップの秘訣8:様々な業務に携わる

SEとしてスキルアップするには、SE業務にかかわらずさまざまな業務に携わりましょう。 本業のSEとしてのスキルを磨くことも重要ですが、その他ボランティアなども行い、幅広い知識と経験を積むようにしましょう。もし会社の規則で副業が認められている場合は、副業を行うのも良いでしょう。 普段とは違う環境、業務と行うことで、新しい知識の習得や新しい人脈づくりなど、スキルアップに役立つ経験を得ることができます。

SEのスキルアップの秘訣9:尊敬する相手を見つける

SEのスキルアップの秘訣9:尊敬する相手を見つける

SEとしてスキルアップするには、尊敬する相手を見つけると良いでしょう。 SEに限らず、師匠と呼べる相手を見つけることがスキルアップの近道となります。師匠からSEとしての心構えや学ぶべきこと、技術的なアドバイスなどを受ければ、飛躍的にスキルアップすることができるでしょう。 しかしそういった相手が見つからない場合もあります。その場合は勉強会やセミナーに参加し、さまざまな人材と交流して人脈を作りましょう。

SEのスキルアップの秘訣10:将来設計をする

SEとしてスキルアップするには、将来へのキャリアプランを明確にする必要があります。 キャリアアップにもさまざまな方向性があります。まずは自分がどういう方向へ行きたいのか、そのためには何をするべきなのかを明確しましょう。 例えば専門性の高い職種になりたいのなら技術力や知識、マネジメント職になりたいならマネジメント力やコミュニケーション力など、将来設計ができれば目標達成のための必要スキルも定まります。

SEにおすすめのスクール7選

SEにおすすめのスクール7選

SEのスキルアップに役立つスクールはあるのでしょうか。 スキルアップのためには、社会人教育を行っている専門学校に通うのも方法の一つです。しかし社会人向けのプログラミングスクールひとつに絞ってもさまざまな種類があり、どこがどう違うのかわからないということもあるでしょう。 ここではSEにおすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

SEにおすすめのスクール1:ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは4ヶ月でIT人材を育成するスクールです。 Javaプログラミング講座はオンラインでの受講ができ、HTML/CSS講座やJavaScript講座も開講しています。また、ヒューマンアカデミーは全国展開しているため、全国のパソコン完備の校舎で勉強することもできます。 4人のカウンセラーによる万全のサポート体制を整えており、入学時から卒業まで受講生をサポートしてくれる点も魅力となります。

SEにおすすめのスクール2:レバテックキャリア

レバテックキャリアはプログラミングスクールと提携している転職エージェントです。 レバテックビギナーというサービスを運営しており、業界では知られたプログラミングスクール8社と提携しています。さらに、提携先の受講料は一般価格よりも割安となります。 また、レバテックは転職エージェントとなりますので、卒業後は保有する求人の中から学んだスキルや希望に合わせて仕事を紹介してもらえるのも大きなメリットです。

SEにおすすめのスクール3:テックアカデミー

テックアカデミーは自宅学習でプログラミングを習得することが可能なスクールです。 オンラインの自宅学習ですが、講師によるサポートも受けられる体制となっています。自宅に居ながらオリジナルサービスを開発することも可能で、かつ、プログラミング未経験者向けのコースもあるなど、学習できるコースも豊富となっています。 また、普通のプログラミングスクールでは対応していない言語を学習できることも大きな特徴です。

SEにおすすめのスクール4:リナックスアカデミー

リナックスアカデミーはITエンジニア・プログラマー専門スクールです。 現役エンジニアが講師を務めており、資格合格実績は業界トップクラスです。最短4週間での資格取得も可能です。短い期間で資格取得や転職をしたい人におすすめであるといえます。 また、言語はJava、PHP、JavaScriptなどに対応しており、就職や転職サポートが手厚いことも特徴となっています。

SEにおすすめのスクール5:テックブースト

テックブーストは最先端技術が学べるプログラミングスクールです。 エンジニアに特化した人材紹介サービスを提供しているBranding Engineerが運営しています。現役で働いているエンジニアから、AIやIoT、ブロックチェーンなどの先端技術を学ぶことができます。 他のプログラミングスクールと比べても転職、就職に強く、未経験からIT業界への転職を希望している人へもおすすめのスクールとなります。

SEにおすすめのスクール6:KENスクール

KENスクールは業界内でも歴史のあるプログラミングスクールです。 個別指導なので、それぞれの習熟度に合わせた授業を行えるのが特徴です。また、IT業界未経験者の就職・転職に強みを持っています。 KENスクールはHTML/CSS、Java、Linux、C言語など、幅広い言語に対応しています。また、全国にある校舎でパソコンを準備しているため、学びたいときに学べる環境が整っています。

SEにおすすめのスクール7:WEBCAMP

WEBCAMPはマンツーマンサポートと教室通い放題で学べるスクールです。 WEBデザインコースとプログラミングコースの2種類を提供しており、WEBデザインではHTML5とCSS3のスキル、プログラミングではRubyなどWebに必要なスキルを中心に学べます。 また、オンラインの学習サービスも提供しており、初心者でも安心のカリキュラムと現役エンジニアに相談できるオンライン面談が特徴です。

SEにはスキルアップは欠かせない

SEにはスキルアップは欠かせない

SEとしてキャリアアップしたいなら、常にスキルアップする努力を行いましょう。 IT化の流れの目覚ましい現代社会では、SEは慢性的に不足しており、今後もますます必要とされる職種です。しかしそのためには、常に業界の最新技術を学び、スキルアップし続ける努力を行う必要があります。 今後もSEとして活躍するためには、社会人向けのスクールなども利用して、自らの将来設計に役立つようにスキルアップしていきましょう。

アクセスランキング