IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格5選|SEのキャリアアッププラン

職種研究

SEとはシステム開発の上流工程を担うエンジニアです。ここではSEとプログラマーの違いや、SEのキャリアアッププラン、転職に役立つ資格、SEの転職におすすめの転職エージェントなど、SEのキャリアアップに関連した内容をご紹介します。

更新日時:

SEとは?

SEとは?

システムエンジニア(SE)はシステム開発における設計・開発・テストを行う職種です。 システム開発の中で、SEは「上流工程」と呼ばれるシステム全体の仕様を定める役割を担います。 具体的には、クライアントの要望をヒアリングする「要求分析」、要件をまとめる「要件定義」、システム構成を決める「基本設計」、細かな設計を行う「詳細設計」、さらに開発後に動作確認のための「試験」を行います。

プログラマーとの違いは?

プログラマーとの違いは?

SEはシステム開発の上流工程、プログラマー(PG)は下流工程を担います。 プログラマーは、SEが設計した仕様書に沿って実際にプログラミングをすることが主な役割となります。業界内では、SEが料理のレシピを考えるレシピ考案者、プログラマーがレシピに沿って料理をする料理人に例えられることがあります。

SEの平均年収

SEの平均年収は550.8万円となっています。 全職種の平均年収が454.5万円なので、SEの年収は比較的高い水準にあります。また、過去5年間のデータを見てもSEの平均年収は500万円代半ば~600万円弱を推移しており、常に500万円を超える高い水準をキープしています。

SEのキャリアアッププラン5選

SEのキャリアアッププラン5選

SEのキャリアアップにはどういったプランがあるのでしょうか。 エンジニアの世界では、職種ごとにそれぞれ適したキャリアパスがあります。例えば、同業種内の同職種、他職種への転職、上位職へのキャリアアップなどです。 ここではSEのキャリアアッププランについてご紹介します。

SEのキャリアアッププラン1:スペシャリスト

SEには一級のスペシャリストを目指すキャリアアッププランがあります。 SEの業務で経験を積んでいくキャリアアッププランです。SEは自らプログラミングを行う機会は多くはありません。しかし要件定義、仕様書の作成を行うには、プログラミングへの理解も必要となります。 つまり、プログラミング技術、そしてSEの技術、経験を蓄えていくことで、将来スペシャリストとしてキャリアアップすることが可能となります。

SEのキャリアアッププラン2:マネジメント職・管理職

SEのキャリアアッププラン2:マネジメント職・管理職

SEにはプロジェクトマネージャーなどの管理職を目指すキャリアアッププランがあります。 マネジメント職、管理職になるためには、マネジメントスキルを磨く必要があります。まずはチームリーダーなどの経験を積み、タスク管理のスキル、人員采配などのスキルも身につけていく事が大切です。 また、プロジェクトマネージャ試験に合格しておけば、プロジェクトマネージャーに任命される可能性が上がります。

SEのキャリアアッププラン3:ITコンサルタント

SEにはITコンサルタントを目指すキャリアアッププランがあります。 ITコンサルタントは顧客の抱える課題の解決策提案を目的とする、SEのさらに上流工程である職種です。ITコンサルタントへのキャリアアップには、主に業務系SE、インフラ系SEから目指す2種類があります。 業務系SEは要件定義などの経験を積み、インフラ系SEはネットワークやセキュリティなど特定スキルを伸ばすことが必要となります。

SEのキャリアアッププラン4:マルチエンジニア

SEにはマルチエンジニアを目指すキャリアアッププランがあります。 通常、プロジェクトはさまざまな職種のエンジニアが分業して進めていきますが、マルチエンジニアは1人でシステム構築の上流から下流までをこなすことが可能です。 ただし、マルチエンジニアはITに関する幅広い知識が求められる職種です。SEのスキルのみならず、プログラムやデータベース、ネットワークなどの分野も学び、知識を身につける必要があります。

SEのキャリアアッププラン5:フリーランス・独立

SEのキャリアアッププラン5:フリーランス・独立

SEにはフリーランスで独立を目指すキャリアアッププランがあります。 企業に属さず、自由に仕事を選べることはフリーランスの大きな魅力です。また、力試しをするにも良い機会となります。将来起業を目指している人や、働き方に自由を求める人には適したキャリアアッププランとなります。

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格5選

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格5選

SEの転職ではどのような資格が役立つのでしょうか。 資格とは、取得しているその人の能力を客観的に証明するものです。しかしSEを含むエンジニア向けの資格は、国家資格から民間の資格まで含めると膨大な種類が存在します。 キャリアアップのためにIT関連の資格を取得したくても、種類が多すぎてどれを取得すればいいのかわからないということもあるでしょう。ここではSEのキャリアアップに役立つ資格についてご紹介します。

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格1:データベーススペシャリスト試験

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格1:データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験とは、データベースに関する国家試験です。 SEの中でも主にデータベースの設計担当者や管理責任者を対象とした試験です。情報処理技術者試験の試験制度のスキルレベル4に相当します。 特定のデータベースでしか使えないSQLなどは出題されず、その分業務分析のウェイトが大きいという特徴があります。また難易度は極めて高く、データベースに関する試験の中では国内最難関ともいわれています。

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格2:情報処理安全確保支援士試験

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格2:情報処理安全確保支援士試験

情報処理安全確保支援士試験とは、サイバーセキュリティ分野の試験です。 2016年に廃止された「情報セキュリティスペシャリスト」の後続となる試験です。合格することで、情報処理安全確保支援士として登録可能になります。 IT系では資格初の登録制となっており、情報処理技術者試験とは別の独立した資格となっています。そのため高度情報処理技術者試験には含まれませんが、スキルレベル4と同等の難易度となっています。

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格3:応用情報技術者試験

応用情報技術者試験とは、高度情報処理技術者試験への登竜門となる試験です。 その他の高度情報処理技術者試験がスペシャリスト的な側面を持つ一方、ITに関する幅広い知識が必要とされるゼネラリスト的な試験となります。主に、ある程度経験を積んだシニアプログラマーやSEを対象としています。 情報処理技術者試験のスキルレベル3に相当し、多くのSEが取得を目指す資格となっています。

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格4:ネットワークスペシャリスト試験

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格4:ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験はネットワークエンジニアを対象とした試験です。 国内で実施されるネットワークに関する試験の中ではCCIEと並んで最難関レベルです。情報処理技術者試験の一区分であり、スキルレベル4に相当します。 中堅SEが多く受験する試験ですが、10%以下という合格率の低さから、その他の国家試験と比べてもかなり難易度が高いといえます。

SEの転職でキャリアアップに役立つ資格5:システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験は要件定義などシステム開発の上流工程に関わる試験です。 システム開発の上流工程作業に係わる、上級システムエンジニアを対象とした試験です。情報処理技術者試験のスキルレベル4に相当する、高度情報処理技術者試験となっています。 内容は、システム開発の上流工程で必要な、専門的な業務分析や業務知識などの能力を問う問題が出題されます。上級エンジニアを目指す人にとって必須の資格といえます。

SEの転職に強いおすすめエージェント5選

SEの転職に強いおすすめエージェント5選

SEの転職におすすめの転職エージェントはどこになるのでしょうか。 近年、転職エージェントを運営している企業は、大手から小規模な企業まで合わせると膨大な数となっています。ハイキャリア層向けやスキル的に専門特化したエージェントも多いため、どこを使えばいいのかわかりにくくなっているともいえるでしょう。 ここでは、特にSEとしてキャリアアップするのにおすすめの転職エージェントをご紹介します。

SEの転職に強いおすすめエージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは老舗のブランド力と求人数が魅力の転職エージェントです。 全国の求人を扱っており、大手からベンチャーまでカバーする豊富な求人数が魅力です。また、非公開求人は10万件以上保有しており、その数は業界トップクラスとなっています。 その中でも職種はSEやエンジニアの募集が多く、業界別にみてもIT・通信業界の求人は大変豊富です。SEのキャリアアップに適したエージェントだといえるでしょう。

SEの転職に強いおすすめエージェント2:マイナビエージェントIT

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営している転職エージェントです。 取引企業数が多く、豊富な求人が魅力です。これまでの転職サイトの運営で築き上げてきた取引実績から、多くの企業とのネットワークを転職エージェントにも活かしています。 また、マイナビは「マイナビエージェントIT」というIT・Web業界への転職支援に特化したエージェントサービスも運営しています。

SEの転職に強いおすすめエージェント3:ギークリー

ギークリーはITやWeb、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。 エンジニアやゲーム関連の職種、WEBディレクターなどの案件が豊富です。技術職だけでなく、WEBマーケターから営業まで幅広い職種に応募できるという特徴があります。 また、キャリアカウンセラーはIT業界出身者が多く、IT業界やWEB・ゲーム業界の企業との関係が深いため、年収やキャリアアップなどの交渉も行いやすい傾向にあります。

SEの転職に強いおすすめエージェント4:dodaエンジニアIT

業界第二位の転職エージェントdodaが運営する、ITエンジニアの転職に特化した転職サービスです。 国内最大級の転職エージェントであるdodaが運営しているため、企業からの信頼も厚く、大企業から中小、ベンチャーに至るまでさまざまな求人が集まるのが特徴です。 また、キャリアアドバイザーに加えてプロジェクト担当という企業側の採用支援を行う担当者が付き、2人の専任担当者がアドバイスを行ってくれます。

SEの転職に強いおすすめエージェント5:レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界に特化した転職エージェントです。 知名度は低いですが、大手転職エージェントでは扱っていない求人も多数保有しています。また、規模も大手転職サービスに比べて小規模となるため、そのぶん求職者ひとりひとりに対するサービスが手厚いという特徴があります。 専任のキャリアアドバイザーも業界出身者なので、実務経験に基づいたアドバイスが受けられる点も魅力といえます。

SEのキャリアアップには資格やエージェントで差をつけよう

SEのキャリアアップには資格やエージェントで差をつけよう

SEのキャリアアップにはさまざまなやり方があります。 SEとしてキャリアアップするには、スペシャリストやマネジメント職、ITコンサルタントなど、さまざまな目標がありました。また、キャリアアップのために役立つSE向けの資格試験も多数存在しています。 今後キャリアアップを目指すSEの方は、資格を取ったり、転職エージェントを利用して転職するなど、自分に適したキャリアアップの方法を見つけるようにしましょう。

アクセスランキング