IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

SEが給料を上げるための方法8つ|SEに求められるスキル3つ

転職事情

これからSEとして活躍したい人や、現在SEとして頑張っているけれど、さらに上を目指して活躍したい人に向けて給料を上げるための方法と、SEにとって必要なスキルを書かせていただきました。この記事を読んでSEとして良いステップアップにつながれることを願っています。

更新日時:

SEとは?

SEとはシステム構築能力とコミュニケーションスキルが必要な職業です。 SEの仕事の流れは、顧客の求めているシステムをヒアリングし、それを基に仕様書の作成を行い、プログラムの設計を行いテストを経て、システムの稼働まで完成させる所までが一連の流れです。 SEにはシステムを作るための知識も必要ですが、顧客からの要望の聞き取りやプロジェクトに参加するSEメンバーとのコミュニケーションスキルも欠かせません。

SEの年収が高い理由

SEの年収が高いのは各自スキルを持っていることIT業界の人手不足があるからです。 システムを構築するには専門的な知識が必要で、SEが各自持っているスキルを磨き自分の市場価値を高めていることが年収の高い理由の一つでしょう。他にも、急速にIT業界が発展しているため人手が足りていないことも年収が高くなる理由につながっています。 ですので、スキルを磨くことでSEとして価値が上がり給料に反映されることでしょう。

SEが給料を上げるための方法8つ

SEが身に付けておくと効果的なスキルがあります。 SEが仕事で求められるスキルはいくつかあります。何が求められているか的確に知ることで自分の市場価格を上げていくことになるでしょう。 ここでは、給料を上げるために効果的な方法を8つ紹介いたします。

SEが給料を上げるための方法1:プログラミング言語を取得する

SEがシステムを作る時はプログラムを直接入力しているわけではありませんが、設計書を作る時にプログラミング言語が使われています。 例えば、設計書の中で変更が出た場合などSE自身がプログラミング言語を習得しておくと自分で設計書の内容の変更ができますが、SEができない場合は他にプログラミング言語をわかる人の手を借りなくてはいけなくなるでしょう。 プログラミング言語の習得をしておくことで仕事の幅が広がります。

SEが給料を上げるための方法2:経営の知識を身に付ける

プロジェクトには予算があり、そこから人件費などの費用がどのくらいかかるか金額を出し、利益も出さなければいけません。その管理をしているのが経営の知識があるプロジェクトマネージャーです。 プロジェクトマネージャーは負担や責任も増えますが、やりがいと給料が増えます。 SEとして給料を上げたいのであれば、経営の知識を身に付けてプロジェクトマネージャーを目指すと良いでしょう。

SEが給料を上げるための方法3:フリーランスになる

スキルを身に付けてフリーランスになりましょう。 現在の給料を上げる方法としてフリーランスになるというのはどうでしょうか。会社に属している時のような安定した収入や福利厚生などの恩恵は無くなりますが、会社を通さずに顧客から仕事を受けるのでSEとしての給料は会社員時代より増えることでしょう。 SEのフリーランスには一人でプロジェクトを始まりから完了させるまでのスキルが必要です。スキルを磨きましょう。

SEが給料を上げるための方法4:人脈をつくる

人脈は仕事の幅を広げてくれます。 社内・社外問わずに人脈をつくることはSEが給料を上げるために重要な方法です。社内であれば新しいプロジェクトを立ち上げる時に声をかけてもらえる可能性が増え、社外であれば顧客や良い転職先につながることもあるでしょう。 自分がプロジェクトを指揮する立場になった場合でも人脈を広げておけば、良いメンバーを獲得できます。人脈をつくることがプロジェクト成功に結びつきます。

SEが給料を上げるための方法5:システムの構築

システムの構築をできるようになりましょう。 SEは中身のシステムを作るだけではなく機材の調達や納品した際の設置まで含めた作業をし、顧客へ利用可能な状態で提供しています。これがシステムを構築するということです。 システム構築を人任せにするよりも自分でできるようになれば、給料を上げる手段の一つになります。もしフリーランスを目指すとしても必要なスキルでしょう。

SEが給料を上げるための方法6:転職をする

転職をして給料を上げましょう。 フリーランスになって給料を上げるのが自分では難しいが、今の会社から貰う給料の額では納得できない、という場合は転職をして給料を上げるというのはいかがでしょうか。 まずは転職エージェントに登録して自分の市場価格を調べてみましょう。もし、そこで大幅に年収が上がるようであれば転職に踏み切ってみるのも、給料を上げるために有効な手段になります。

SEが給料を上げるための方法7:資格をとる

資格取得が給料を上げる方法になります。 資格を持つとスキルが増えることもありますが、プロジェクトが立ち上がった時などに他の人から声をかけてもらえる機会が増えます。フリーランスになった場合でも、資格が多ければできる仕事も増えることでしょう。 SEの業界内で取得できる資格はたくさんありますが、中にはランクアップできる資格もあるので最上位をめざすことも給料を上げる方法につながります。

SEが給料を上げるための方法8:情報収集を心がける

情報収集はSEにとって必要不可欠です。 IT業界は技術革新がめまぐるしく業界のトレンドも常に変化しています。SEが情報収集をすることは業務上欠かせません。 常に最先端の技術やトレンドへ目に向けて、スキルへ転換していくことが給料を上げる方法につながることでしょう。

SEに求められるスキル3つ

SEが求められるスキルはコミュニケーションスキル、論理的思考、システムに関する知識です。 SEの仕事は他者とのコミュニケーションを取りつつ、論理的思考とシステムに関する知識を駆使して仕事を進めていて、どのスキルも欠くことができません。ここではこの3つのスキルについて紹介いたします。

SEに求められるスキル1:コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルを磨くことは大切です。 SEの仕事は顧客の要望を聞き出し、プロジェクトメンバーと意見交換や会話を重ねて一つのプロジェクトが完成しています。 SEは色んな場面でコミュニケーションスキルが問われますし、ましてやプロジェクトマネージャーなどのリーダー職を目指すのであれば、なおさら求められるスキルです。 このスキルを鍛えておくことは将来的に給料を上げることへ繋がっていくことでしょう。

SEに求められるスキル2:論理的思考

論理的思考はSEに必要な考え方です。 論理的思考とはあらゆる状況を想像して物事が破綻しないように結論に導くことです。プロジェクトが始まるとSEは複雑な作業項目をいくつも組み立て業務をこなしています。そういった作業を行うときに論理的思考が必要となってくることでしょう。 またプロジェクト進行中や顧客にシステムを納品した後で起きるトラブル対処などにも、この論理的思考がおおいに役に立ちます。

SEに求められるスキル3:システムに関する知識

システムに関する知識を高めましょう。 システムに関する知識を身に付けることで、システムトラブル回避や効率的な作業工程に導くことができます。システムへの知識が深ければ、プロジェクトマネージャーなどSEとしてのステップアップになり、給料を上げる方法にもつながります。

給料を上げる方法を知りSEとして活躍しよう

給料を上げるということは、SEとしての自分の市場価値を上げていくことにもなります。 SEとして給料を上がるということは、SEとしての価値も上がっていくことにつながることでしょう。この記事を参考にSEとしてのさらなる活躍ができることを願っています。

アクセスランキング