IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スキルアップしたい時にするべきこと10個|スキルアップしたい理由3つ

転職事情

仕事を続けていると、さまざまなきっかけでスキルアップしたいと思うことがあるでしょう。スキルアップをすることで、さらにやりがいのある仕事を得られるようになります。本記事は、スキルアップしたいという気持ちを持った際にするべきことのまとめです。

更新日時:

スキルアップしたいと思うのは仕事にやりがいを感じている証拠である

スキルアップしたいという気持ちが湧いてくるのは、仕事への意欲が高まっている時だと考えられます。仕事のモチベーションは仕事内容や収入状況を改善したいと感じると高まりやすいです。 スキルアップしたいという思いが生まれた時に、具体的な行動に結びつかないままだともったいないです。スキルアップしたいと思った時点ですぐに行動に移すためには、スキルアップのためにできることを知る必要があります。

スキルアップしたい時にするべきこと10個

スキルアップしたいと思った時にできること10個を挙げていきます。スキルアップのためには現状を分析して計画を立てることと、業務効率化によってスキルアップのための時間を確保することが必要です。 立てた計画を元に、転職活動や資格習得など実際の行動に結びつけていきましょう。各行動ごとの詳細を細分化してまとめていますので、スキルアップしたいと思った際の初動に役立ててみてください。

スキルアップしたい時にするべきこと1:セルフマネジメントを強化する

スキルアップしたい時の準備段階として、自己を管理する能力であるセルフマネジメント力を向上させましょう。具体的なセルフマネジメントの項目は、時間の使い方や生活習慣の見直しといった項目になります。感情のコントロールもセルフマネジメントによって鍛えられます。 セルフマネジメントを強化すると、スキルアップに使うための時間を確保する能力が高まり、スキルアップしたいというモチベーションの維持に繋がります。

スキルアップしたい時にするべきこと2:資格を取得する

スキルアップしたい時の具体的なアクションとして資格の取得は定番といえます。資格の習得には時間がかかるので、試験日から逆算して勉強計画を立てましょう。近年ではネット受験で受験日を指定できる資格も増えているので、目標の試験日を定めてから計画を立てると良いです。 業務に関わる資格を取得することで手当を支給している企業もあります。転職をして新しい環境を探す際にも、資格の持っているかどうかは重要な要素です。

スキルアップしたい時にするべきこと3:転職する

特定の資格では取得に実務経験が必要とされていることもあります。実務経験を積むことで習得しやすくなるスキルもあるため、スキルアップしたい時は思い切って転職を考えてみるのもおすすめです。 転職をすると生活にも影響が出るので、スキルアップのために転職をする場合は将来的なビジョンを明確にして慎重に検討することが大切です。スキルのみならず、収入面やワークライフバランスにも気を配って決断しましょう。

スキルアップしたい時にするべきこと4:部下から学ぶ

人にはそれぞれ違う環境で培ってきた経験があり、異なる強みと弱みがあります。本気でスキルアップを目指したい時は部下の得意なスキルにも目を向けてみましょう。 会社の中で役職や経験が向上してくると自分が指導する立場となり、上司から学ぶことのできる機会が減ってしまいがちです。部下からも学べることは吸収していくという姿勢を持つことがスキルアップを目指す上で重要になります。

スキルアップしたい時にするべきこと5:違う分野を学ぶ

スキルアップをしたいと思った時は、いつもより視野を広げて新しいことに挑戦するのに良い機会です。自分の知らないジャンルを開拓することで、思わぬチャンスが舞い込むことがあります。 現状の仕事で良いアイディアが浮かばない時は、一度離れて違う分野でスキルアップを目指してみるのも手です。意外なスキルや知識によって、現状抱えている課題の解決策を見つけられる可能性があります。

スキルアップしたい時にするべきこと6:ライフプランを考える

スキルアップを目指すなら、長期的な人生設計に基づいて目標を設定してみましょう。ライフプランを作成することで自分が将来的に目標としている収入や、理想とする生活形態が明らかになります。 将来の大きな目標を達成するためには、どのようなスキルを伸ばしていくのが望ましいのか知ることが大切です。伸ばすべきスキルを明らかにすることで、今度取るべき最適な行動が見えやすくなります。

スキルアップしたい時にするべきこと7:業界研究をする

スキルアップしたい時は自分が現在勤めている業界や、興味のある業界を研究してみることをおすすめします。業界の状況は日々移り変わっていきますので、常に新しい情報を求めることが大切です。 業界に詳しくなること自体がスキルアップに繋がるだけではなく、新しい資格や転職事情の情報も手に入れることができます。業界関連の雑誌やプレスリリースは、業界動向の情報をいち早く入手できるのでおすすめです。

スキルアップしたい時にするべきこと8:自己分析してみる

自己分析はスキルアップしたいというモチベーションが高まっている時にするのが有効です。自己分析をして現状持っているスキルの状況と、これから得ていきたいスキルを確認しましょう。 コミュニケーション能力や性格傾向といった、定量化しにくいスキル項目は転職サイトの自己分析診断を利用してみることをおすすめします。仕事でスキルアップを目指していく上で力を入れるべき課題が見えてきます。

スキルアップしたい時にするべきこと9:ビジネス書を読む

ビジネス書はスキルアップしたい時に読むと大きな効果を得ることができます。実用的な仕事術から仕事に対する考え方まで、多くの知見を得ることができます。 現在働いている職場の中だけでは得られない知識や考え方も、書籍であれば知ることができます。スキマ時間や電車通勤の合間にスキルアップを目指せるため、スキルアップしたいけれど長く時間が取れないという人にもおすすめです。

スキルアップしたい時にするべきこと10:仕事ツールを見直す

同じ時間でより多くの成果を上げるためには仕事に使っているツールにこだわることが大切です。スキルアップしたいと考えたら、なるべくルーチンワークを効率化して時間を確保できるようにしましょう。 デジタルサービスやアプリケーション、文房具など仕事を効率化する上で役立つツールも進化を続けています。仕事ツールを定期的に見直すことで業務改善に繋がり、スキルアップに時間を割く余裕が生まれるでしょう。

スキルアップしたいと思う人の主な理由3つ

スキルアップしたいと感じるようになるのはどのような時でしょうか。スキルアップしたくなる理由3つを挙げていきます。 スキルアップしたいと思う気持ちは向上心の現れです。仕事でさらなる挑戦をしたくなった時や、転職して新たな可能性を求めたくなったタイミングが、スキルアップしたいと思う理由として多いといえるでしょう。

スキルアップしたいと思う人の主な理由1:仕事の幅を広げたい

現在の仕事環境でできる仕事を増やしたい時はもちろん、転職をして大きく仕事の幅を広げたい時にも、スキルアップがカギとなります。社内でリーダー的なポジションを目指したい人にとってもスキルアップが重要です。 スキルの段階が向上すればそれだけ多くの仕事を任されるようになり、スキルがなければできない専門性の高いやりがいのある仕事が回ってきやすくなります。

スキルアップしたいと思う人の主な理由2:希望する職につきたい

転職をしてより専門性の高い仕事に就きたい場合は、仕事に関わる資格を取得することが必須となるケースがあります。資格取得が必須ではなくても、その職種で即戦力になりうるスキルを持っていることを証明できる資格や技術を持っていれば、転職活動の際有利です。 希望の職種に就きたいという目的が明確になっていることで、スキルアップへのモチベーションが高まりやすい傾向があります。

スキルアップしたいと思う人の主な理由3:収入をアップさせたい

持っているスキルによって給与や手当が考慮されることが多く、転職活動の際にスキルを持っておくことは収入アップを目指す上でも重要です。 そのことから、現在の収入に満足しておらず、収入をより多く得たいと感じている場合にはスキルアップの意欲が高まる傾向にあるといえるでしょう。

スキルアップしたい時は迷わず行動しましょう

スキルアップしたい時は、スキルアップしたい能力と長期的な目標を結びつけられるようにしておきましょう。目的が明確であればあるほど、スキルアップにかけるモチベーションが長続きします。 行動することをためらっていると、計画倒れになってしまう可能性があります。一度スキルアップを目指すための計画を立てたら、ためらわずに行動することが大切です。

アクセスランキング