IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

営業に求められる能力6選|営業でスキルアップし続けるコツ5つ

転職事情

営業パーソンとしてもっと成長したいという方、必見です。この記事では営業に求められる能力について徹底特集しています。また、営業でスキルアップし続けるためのコツについても解説しているので、自分磨きを行う際の参考になさってみてください。

更新日時:

営業とは

数ある職種の中でも、営業職は最もコミュニケーション能力が求められるものの一つだと言っても過言ではないでしょう。 営業とは、自社の提供する商品あるいはサービスの魅力を顧客に伝え、それを購入してもらうための仕事のことです。 企業向けに営業を行うこともあれば、個人客向けに営業を行うこともあります。また、事前に連絡をすることなしに飛び込み営業をする、いわゆるアポなし営業も営業職では一般的だと言えるでしょう。

営業に向いてる人の特徴

では、営業職にはどのような人物が向いているのでしょうか。営業職は顧客に気に入ってもらわないことには商品やサービスを見てもらえないので、何を置いてもまずはコミュニケーション能力が必要となります。 明るくはきはきとして物怖じをせず、初対面の人であってもすぐに打ち解けた雰囲気を作ることができるならば、営業パーソンとして成功することができるでしょう。 また心の強さを持っていることも営業に求められる能力です。

営業に求められる能力6選

以上で簡単に見たように、営業職は人を相手にする仕事であるため、高いコミュニケーション能力や対人スキルが必須の職業だと言えるでしょう。 では、他に営業パーソンに求められる能力はどのようなものなのでしょうか。ここからは、営業パーソンに求められる能力を6つピックアップしてご紹介していきます。 営業職への転職をお考えの方は、以下の求められる能力が備わっているか、営業の適性があるかをチェックしてみてください。

営業に求められる能力1:ヒアリング能力

営業パーソンに求められる能力としてまずご紹介したいのが、ヒアリング能力です。ヒアリング能力とは相手の言うことに耳を傾け、相手が望んでいることやその人の嗜好などを何も言われずとも察する能力を意味します。 初対面の人であっても、少し言葉を会話しただけで相手の望む商品やサービスを把握することができたならば、相手に喜んでもらえるものを紹介して効率的に購入・契約をしてもらうことができるでしょう。

営業に求められる能力2:コミュニケーション能力

営業に求められる能力のひとつとして挙げられるのが、コミュニケーション能力です。 初対面の人であっても、物怖じしたり人見知りしたりせずにすぐに打ち解けた雰囲気になることができれば、相手に好感を持ってもらうことができるので営業がしやすくなります。 優秀な営業パーソンは総じて高いコミュニケーション能力を持っているものであり、だからこそ購入・契約してもらいたい商品やサービスを魅力的に紹介することができます。

営業に求められる能力3:時間を有効活用する能力

営業に求められる能力のひとつとして、時間を有効活用する能力も挙げられます。営業パーソンは限られた時間の中で効率的に営業を行い、時間を無駄にロスすることなく契約件数を増やさねばなりません。 そのためには、どうすれば効率的に営業ができるのかを想像する力も求められる能力になるでしょう。 高い想像力を持って自分の行うべき行動を計画的に考えることができる人物は、時間を最大限活用して業績を上げることができます。

営業に求められる能力4:交渉能力

交渉能力も、営業パーソンに求められる能力のひとつに数えられるでしょう。営業で契約を勝ち取るためには、相手の望むものを引き出すと同時に、「契約しようかどうしようか」と迷っている相手をこちら側に引き込む巧みな交渉術が不可欠です。 交渉能力が高い人物は、最初は契約に渋っていた人物であっても、相手に契約をすることのメリットを効果的に示し納得させることができるため、契約を勝ち取ることができるでしょう。

営業に求められる能力5:トラブル対応能力

営業に求められる能力のひとつとして、トラブル解決能力も含まれるでしょう。営業は人を相手にする仕事ですので予期せぬトラブルが起こることも少なくなく、その度に落ち着いて事態を冷静に把握し、適切な対処をせねばなりません。 トラブル解決に求められる能力としては、冷静な判断力と状況把握力、そして対応力という複数のスキルが含まれています。 これらの求められる能力を兼ね備えてこそ優秀な営業パーソンと呼べるでしょう。

営業に求められる能力6:ストレス耐性能力

ストレス耐性能力も、営業パーソンに求められる能力のひとつです。というのも、営業職は非常にストレスの多い仕事だからです。 アポなしで飛び込み営業を行った場合は冷たく門前払いを受けることも多いですし、顧客から一方的に契約を解除されたり怒鳴られることも少なくないため、営業職を長く続けていくためにはストレス耐性能力が不可欠だと言えます。 ストレスを上手に解消することも、営業に求められる能力でしょう。

営業スキルの身につけ方4つ

以上では、営業パーソンに求められる能力を6つ厳選してご紹介してきました。営業パーソンとして業績を出すためにはこれらの求められる能力を兼ね備えていることが必要ですが、それはそう簡単なことではありません。 では、具体的にどうすれば少しでも営業パーソンとして成長することができるのでしょうか。ここからは、営業に必要なスキルの身に着け方を4つご紹介していきます。 営業職の方はぜひ参考になさってみてください。

営業スキルの身につけ方1:バランスの良い会話を心掛ける

営業スキルの身に着け方としてまずご紹介したいのが、バランスの良い会話を心がけるということです。 バランスの良い会話とは、一方的な押し売りになってしまわないように適度に聞き役になりながら顧客の嗜好や望むものを引き出し、それに合わせたセールストークを行うということです。 一方的に自分の話ばかりする営業パーソンは、すぐに顧客から嫌われて門前払いを受けるため、バランスの良い会話術が求められる能力だと言えます。

営業スキルの身につけ方2:できる人を真似する

有能な営業パーソンの真似をするというのも、営業スキルを身に着ける方法のひとつとして挙げられるでしょう。 できれば身近にいる先輩など、参考にしやすい優秀な営業パーソンを見つけて、その人の見習うべき点をリストアップし真似してみてください。 最初のうちはぎこちなく感じても、時間がたつにつれて真似をしている部分を自分のものにすることができるはずです。 見習うべきところは積極的に見習う姿勢も求められる能力です。

営業スキルの身につけ方3:事前準備をしっかりと行う

営業スキルの身に着け方のひとつとして、事前準備をしっかりと行うということも挙げられます。 事前に顧客の年齢層などの属性をリサーチしておけばその嗜好をある程度把握し、顧客にあった商品やサービスを紹介して効果的に契約を取ることができます。 また、そのためには商品やサービスについて熟知し、その魅力をきちんと語れるようになっておかねばなりません。 事前準備を徹底することで、営業スキルは自然と身につくはずです。

営業スキルの身につけ方4:常に改善できることがないか課題を探す

常に改善できる点がないか課題を探すというのも、営業スキルの身に着け方のひとつとして数えられるでしょう。 優秀な営業パーソンは総じて謙虚であり、どんなに業績を上げたとしても常に自分の中の問題点や改善点を探し、それらにひとつひとつ対処しています。 いついかなる時も驕ることなく、向上心を持って自分の改めるべき点を探してみてください。そうすれば人よりずっと高い営業スキルを身に着けられるようになるはずです。

営業でスキルアップし続けるコツ5つ

以上で見たように、営業スキルを身に着けるためには常日頃からの努力が必要不可欠だと言えるでしょう。 一朝一夕で売れる営業パーソンになれるわけではありません。日々努力を重ね、コツコツと今の自分にやれることを積み上げていくことで、営業パーソンとして大成できます。 ここからは営業でスキルアップし続けるコツを5つピックアップしてご紹介していきますので、営業パーソンの方はより一層の飛躍のため、ぜいご参考ください。

営業でスキルアップし続けるコツ1:本を読む

営業でスキルアップし続けるコツとしてまず挙げられるのが、本を読むということです。これは、ただ単に自分の好きなジャンルの本を読めばいいということではありません。 営業パーソンに必要なコミュニケーション能力やヒヤリング能力、交渉術などを磨くために、これらの能力に特化した自己啓発本を読むとよいでしょう。 また、有名な実業家が著した名著や営業パーソン向けの本を手に取ってみるのもおすすめです。

営業でスキルアップし続けるコツ2:真似をする

優秀な営業パーソンの真似をするというのも、営業でスキルアップし続けるコツのひとつに数えられるでしょう。 自己流で独りよがりな営業をしていても成果は上がりませんが、優秀で着実に業績を上げている営業パーソンの行動や考え方・話し方などを学び、その真似をすれば、短期間で効率的に成果を上げることができます。 営業でスキルアップし続けたいならば、お手本となる営業パーソンを見つけることが必要だと言えるでしょう。

営業でスキルアップし続けるコツ3:失敗を糧にする

営業でスキルアップし続けるコツとして、失敗を糧にするということも挙げられます。「失敗は成功の母」ということわざがあるように、できる営業パーソンは失敗を糧にしてよりよい自分へと成長をしています。 なぜ失敗してしまったのかをきちんと反省して分析し、自分の問題点・改善点を見つけて行動をひとつずつ改めていけば、きっとスキルアップすることができるでしょう。 そのためには何よりも、謙虚な姿勢が欠かせません。

営業でスキルアップし続けるコツ4:目標は右肩上がりに

目標は右肩上がりに設定するというのも、営業でスキルアップし続けるコツのひとつとして含まれるでしょう。 目標を高く設定すればおのずとモチベーションも上がり、自分の限界を超えて能力を発揮することができるようになるため、大幅なスキルアップが可能になります。 注意したいのが、現状維持を目指さないということです。現状維持を目標にしてしまえば向上心が失われ、成長やスキルアップの機会が失われてしまいます。

営業でスキルアップし続けるコツ5:責任転嫁をしない

営業でスキルアプし続けたいならば、責任転嫁をしないことも必要です。できる営業パーソンは自分の非を素直に認め、自分の問題点にきちんと向き合うことができるからこそ、成長することができます。 責任転嫁をすると自分の改善点を見つけることができなくなるため、せっかくの成長するチャンスを逃してしまうことになるでしょう。

営業に求められる能力を知ってスキルを身につけよう

今回は営業に求められる能力やスキルアップするためのコツについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 営業に求められる能力をきちんと把握しておけば、効率的に能力をブラッシュアップすることができますし、それによって営業パーソンとして一回りも二回りも成長することができるでしょう。

アクセスランキング