IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント14選|第二新卒の転職市場

転職事情

第二新卒は基本的に中途採用の枠で転職活動を行うことになります。中途採用では企業から即戦力を求められることも多いため、経験の浅い第二新卒では不利となることもあります。しかし、第二新卒はデメリットばかりではなくメリットもあり、大手へ転職できる可能性もあります。

更新日時:

第二新卒の転職市場

学校卒業後に就職をして、3年以内に退職をした場合は第二新卒として中途採用枠での転職活動が基本となります。中途採用枠では即戦力となる能力を求められることも多いため、第二新卒者にとっては不利な状況となってしまうこともあります。 しかし、中には第二新卒を歓迎する企業もあり、その企業の中には大手企業が含まれていることもあります。そのため、第二新卒が大手への転職を成功するということもあります。

第二新卒で大手に転職するメリット

大手企業には第二新卒を歓迎することもあります。そのため、第二新卒が大手への転職へ成功した場合には、その後のキャリアアップをを見込むことができ、学校を卒業して最初の就職に失敗したということを取り返すことができます。 また、大手企業が第二新卒を歓迎する理由には、若い人材を就職シーズンに関わらず確保できたり、すでに社会経験があることから新卒者よりも仕事の覚えが早いなどということがあります。

第二新卒で大手に転職するデメリット

先に述べた通り、第二新卒は基本的に中途採用の枠での転職活動となるため、企業から即戦力を求められてしまうこともあります。そのため、仕事経験の浅い第二新卒は転職活動が不利になってしまうことも多いです。 特に、転職の希望先の大手企業から即戦力を求めらてしまった場合には、その求められる能力が高くなっていることが多いため、仕事経験の浅い第二新卒者ではなかなか転職を成功させることが厳しい状況となってしまいます。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント14選

転職活動では転職サイトを利用するという人は多いです。また、転職エージェントを利用するという人も増えてきています。しかし、転職サイトや転職エージェントには、いくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。 そのため、転職サイトや転職エージェントを利用して転職活動を行う際には、第二新卒という状況や、職種や業界などの転職条件に適した転職サイトや転職エージェントを利用する必要があります。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント1:リクナビネクスト

就職活動を始める際には、求人情報の数の多さや、ブランド力、認知度などの高さによって、ひとまずリクナビに登録はしておくという人は多いです。また、同様の理由で転職活動を始める際にはリクナビNEXTに登録はしておくという人は多いです。 リクナビNEXTにはリクナビと同様に、多くの求人が集まっているため、第二新卒を歓迎する大手企業の求人情報が見つけられる可能性があります。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント2:マイナビジョブ20'S

リクナビと同様にブランド力や認知度が高いことから、就職活動や転職活動ではマイナビやマイナビ転職にひとまず登録するという人は多いです。そのマイナビでは20代の若い世代に特化したマイナビジョブ20'Sという転職エージェントも運営しています。 若い世代に特化しているため、第二新卒の転職サポートにも特化しています。そのため、大手への転職希望をアドバイザーに相談すれば、適切なアドバイスをもらうことができます。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント3:doda

DODAはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大転職エージェントのうちの1つとなっており、取り扱い求人数が非常に多いです。そのため、条件に合った大手企業の求人が見つけられる可能性も高いです。 DODAは基本的に転職エージェントとしての利用がメインとなりますが、求人広告の掲載なども行っているため、転職サイトのようにして使うこともできます。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント4:キャリトレ

ビズリーチもDODAと同様に、テレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高いです。そのビズリーチはハイクラス転職に特化した転職エージェントですが、キャリトレという20代の若い世代の転職に特化した転職サイトも運営しています。 ビズリーチには多くの企業情報や転職活動に関する情報が集まってくるため、キャリトレにも多くの情報が集まってきます。その情報の中には大手企業の情報も含まれています。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント5:dodaエージェント

先に述べた通り、DODAは転職エージェントとして利用されることの方が多いです。DODAは大手3大転職エージェントのため、非常に多くの企業情報が集まってきます。そのため、第二新卒と大手の両者が求める条件をうまくマッチングしてもらえることもあります。 また、DODAでは転職活動をする女性のサポートに力を入れています。そのため、第二新卒の女性が転職活動をする際におすすめの転職エージェントでもあります。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント6:リクルートエージェント

リクナビやリクナビNEXTを運営するリクルートは、リクルートエージェントという転職エージェントも運営しています。 リクナビやリクナビNEXTに多くの企業情報が集まるため、リクルートエージェントにも非常に多くの企業情報が集まっています。そのため、大手企業の情報が見つかることもあります。 また、アドバイザーに大手企業への転職を希望していることを相談すれば、的確なアドバイスをもらうこともできます。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント7:typeエージェント

type転職エージェントは1都市3県の企業を中心にした転職エージェントです。1都市3県に地域が絞られているため、この地域内で大手へのの転職を検討しているは効率良く求人情報を探すことができます。 また、ITエンジニア、営業職、企画職、メーカーへの転職に強いという特徴を持っています。そのため、勤務地と業界が絞れていて、転職の目的やキャリアプランも明確という人にとって使いやすい転職エージェントとなります。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント8:Springエージェント

Spring転職エージェントはアデコ株式会社が運営する転職エージェントです。その規模は大きく、世界最大級の転職エージェントとなっており、世界25カ国に71のオフィスを構えて、1000人以上のコンサルタントを抱えています。 Spring転職エージェントでは国籍、性別、年齢などの枠にとらわれず、幅広い条件で転職活動をサポートしてもらうことができます。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント9:就職Shop

就職ShopはリクナビやリクナビNEXT、リクルートエージェントを運営するリクルートは就職Shopという転職エージェントも運営しています。 就職Shopがリクルートエージェントと異なる点は既卒、フリーター、新卒、第二新卒、高卒、中卒などの就職や転職に特化しているということです。そのため、就職Shopでは未経験者歓迎で、若い世代の人材を求める求人情報が多いです。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント10:Green

GeenはIT、WEB業界への転職に特化した転職エージェントです。転職先の業界を絞ることで、より詳しい転職市場の状況を把握できたり、求人の質を上げることができたりなどします。 また、アドバイザーも専門的で高度な知識が必要となるIT、WEB業界のことを良く把握しているため、即戦力が求められやすいこれらの業界での転職でも第二新卒である若い世代というメリットを活かして、的確なサポートをしてくれます。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント11:Wantedly

WantedlyはビジネスSNSの1種で、利用の流れは転職サイトに似ています。 Wantedlyではきになる企業を見つけると、簡単にエントリーをすることができたり、フェイスブックと連動させたりなどすることができたりなど、若い世代にとって使いやすい転職支援サービスとなっています。 また、転職サイトや転職エージェントなどのように、企業側からスカウトメールが届くこともあります。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント12:ミイダス

ミイダスも転職サイトや転職エージェントなどとは少し異なった転職支援サービスです。ミイダスでは転職エージェントの面談の代わりに、まずはスキルや職務経歴などから自身の市場価値を計測します。 その測定結果の市場価値や、計測で申告したスキルや職務経歴などのプロフィールを見た企業から面接確約のオファーメールをもらえることがあります。ミイダスはこの新しい形式の就職支援方法で注目が高まっています。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント13:転職会議

転職サイトなどを利用して企業情報を調べる人の中には、ミスマッチを防ぐために気になった企業のことを口コミサイトなどで調べる人もいます。 しかし、転職会議では転職サイトのように気になった企業に応募などができるだけでなく、その企業の口コミも確認することができます。そのため、1回目の就職で企業選びに失敗してしまった第二新卒の人にとって、慎重に企業選びをしやすいサイトとなっています。

第二新卒の大手転職におすすめのエージェント14:OpenWork

先に述べた通り、転職活動などで企業選びをしている際に、口コミサイトなどから情報を集めるという人もいます。OpenWorkは国内最大規模の就職、転職のための社員口コミサイトとなっています。 そのため、OpenWorkは転職サイトや転職エージェントなどのように、直接的な活動を行う場ではありませんが、多くの口コミ情報を得ることで、ミスマッチを防ぐことができます。

第二新卒者の失業・転職率

第二新卒とは学校などを卒業して、最初に就職した企業などを短い期間で転職をする人のことを指します。短い期間とは3年以内が目安とされることが多いです。 第二新卒となる人は多く、大学卒業後の新卒者では3人に1人は第二新卒となると言われています。そのため、大手企業であっても、どのようにすれば若い人材を確保して、長く働いてもらうことができるかという課題は抱えています。

第二新卒者の転職理由

新卒者が初めて就職をした直後は、社会人としての経験が非常に浅いです。そのため、仕事によるストレスや、仕事上での人間関係の作り方などが心身の負担になり、その負担に耐えきれなくなるという人もいます。 また、初めての就職活動で企業選びのポイントが明確にできず、ミスマッチを起こしてしまうということもあります。これらなどが原因で再び新しい職場環境を求めて、第二新卒となります。

第二新卒でも大手に転職することは可能

第二新卒は基本的に中途採用の枠で転職活動を行うことになります。中途採用では企業から即戦力を求められることも多いため、経験の浅い第二新卒では不利となることもあります。特に、大手が即戦力を求められた場合には、高い能力を求められることになります。 しかし、第二新卒には若いという大きなメリットがあります。若い人材は大手からの需要もあるため、うまく転職活動を進めれば、第二新卒でも大手に就職することは可能です。

アクセスランキング