IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一人薬剤師のメリット5つとは?|デメリットや向いている人の特徴

転職事情

一人薬剤師は給与が良いですが、全ての業務を一人で行わなければいけないので、体を壊す場合もあります。しかしすぐにスキルアップができたり、色々な知識が身に付くので向上心がある人には向いているでしょう。また一人でいる方が楽だという方にもオススメの職業です。

更新日時:

一人薬剤師の現状

一人薬剤師は薬局で調剤や服薬指導、監査、患者の対応などの全部の業務を一人で行う薬剤師です。周辺の立地条件や店舗の経営状況で、一人薬剤師にならざるを得ない場合もあります。 状況によってはドラッグストアで医薬品を販売しながら、薬の調達を一人で行わなければいけません。また状況が急変したことで、結果的に一人薬剤師になる場合もあるため、一人薬剤師になることは珍しくはありません。

ブラックで働く一人薬剤師

一人薬剤師になることができても、ブラック企業に就職してしまう場合があります。大卒で大手ドラッグストアなどに就職することができても、従業員が少ないと入社して数年経てば一人薬剤師として任される場合もあるでしょう。 ブラック企業に勤めると、忙しいので仕事のことで精一杯になってしまいます。有給休暇をまともに取らせてもらえず、体を壊す場合もあるため、危機感を感じた場合は転職を考えてみてはいかがでしょう。

一人薬剤師の募集傾向

一人薬剤師は薬局や病院で、服薬指導や調剤を行う仕事です。服薬指導は渡した薬をどのタイミングで飲むべきかを患者に伝えることで、調剤は渡された処方箋に基づいて医薬品を調合することです。 医薬業界が進化したことで、現在は一人薬剤師の需要が高くなってきています。主な勤務先は製薬会社やドラッグストア、病院などです。また薬剤師になるには、大学の薬学部に進学し、国家資格に合格する必要があります。

ホワイトの見極め方

一人薬剤師はブラック企業ばかりでなく、ホワイト企業もたくさんあります。全ての職場が過酷だというわけではなく、一人薬剤師としての生き方の選択肢は多いです。ブラック企業に勤務する一人薬剤師は割と少なく、法令違反レベル職場は全体のわずかです。 忙しいと言われている処方箋数が約30枚の一人薬剤師は、全体で約半数程です。すなわち一人薬剤師の半数は、普通の薬剤師と忙しさが変わりません。

一人薬剤師のメリット5つ

一人薬剤師は、全部の業務を一人で行うのでスキルが身に付きやすく、一人で全ての患者さんに対応するため正確に業務を行うことができるでしょう。 薬剤師の顔を覚えてもらいやすいのが特徴的で、患者さんとのやり取りが密になるため、接客力が身に付きやすいです。また業務量が多いので、年収も一般の薬剤師より高いです。ここからは、一人薬剤師のメリットを詳しく見ていきましょう。

一人薬剤師のメリット1:給料が高い

一人薬剤師は仕事量が多く責任が一般的な薬剤師より重いため、給料は比較的高く設定されています。一般的な薬剤師は500~600万円なのに対し、一人薬剤師は700万円と100万円は高いです。 特に薬剤師が少ない場所では高い給料を提示しており、家賃の補助や引っ越し代が出たりなどの待遇が良い場所が多いです。しかし一般的にみると一人薬剤師の人気が少ないのは、仕事が大変なところにあります。

一人薬剤師のメリット2:人間関係のトラブルはない

一人薬剤師を希望する理由に最も多いのは、人間関係のトラブルがないところが挙げられます。一人薬剤師は普段から接するのは事務員と患者しかいないので、人間関係に悩むことがないでしょう。一人しかいないため、業務に集中することができるのもメリットです。 自分一人しか業務を行う人がいないため、人間関係のトラブルがほとんどありません。一人で責任を全て負うことになりますが、自分のペースで仕事をすることができます。

一人薬剤師のメリット3:スキルアップできる

一人薬剤師は多くのスキルを得られ、色々な処方箋に触れられるのが主な魅力となっています。全ての業務を自分一人で行わなければいけないため、自分でなんでもできるようになるのが特徴的です。 一人薬剤師は全部の業務を一人で行うため、多くのスキルや知識、判断力を身に付けることができます。自力で多くの問題を解決する必要があるため、自信にも繋がるでしょう。職場の環境が変わっても、社会で生き抜ける力が身に付きます。

一人薬剤師のメリット4:全業務に携わることができる

一人薬剤師になると薬局長になれるため、調剤業務だけでなく発注業務や在庫管理などの色々な業務を行います。迅速に正確な業務を行う必要があるため、薬剤師としてのスキルを高められるでしょう。   全ての患者と話す必要があるため、患者との仲が密になりやすくコミュニケーション力が身に付けられます。経験や知識をたくさん得ることができるため、薬剤師だけでなく社会人としても成長することができるでしょう。

一人薬剤師のメリット5:患者さんとの距離が近い

一人薬剤師は患者に顔を覚えてもらいやすいので、自分の薬局じゃなくても「○○さんの薬局」というように覚えてもらえるのが特徴的です。全部の業務に関わっていることで、患者一人一人について把握できるため、患者と薬剤師の距離を縮めやすいでしょう。 患者と薬剤師が早めに顔を覚えることで、アットホームな雰囲気を出しやすくなるため、多くの人のかかりつけになることができます。地域の貢献を目指す人にはオススメです。

一人薬剤師のデメリット4つ

一人薬剤師は責任が重く、業務量が多いことが主なデメリットとなります。業務量が多いことから患者を待たせる場合があり、プレッシャーがかかる場合もあるでしょう。ミスは絶対に許されないため、神経を非常に使います。 時給が高い求人は状況によっては、一人薬剤師を任されることがある場合もあるため、求人情報をしっかり確認することが大切です。ここからは、一人薬剤師のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

一人薬剤師のデメリット1:相談できずミスが起こりやすい

薬剤師の仕事は、一人で事業を行っていなかければいけないので、クレーム対応の仕方などを誰にも聞けず、ミスをしてしまう危険性を高めてしまいます。 一人薬剤師は全ての業務を一人で行うため、一度に複数のことを同時にこなせないことが多いです。調剤の仕方を誤る可能性もあります。

一人薬剤師のデメリット2:患者さんを待たせるトラブル

一人薬剤師は全ての業務を一人で行わなければいけないので、一つ一つの業務に時間がかかってしまいます。常連で理解のある人ばかりだと業務に取り組みやすいですが、病院に訪れる患者は理解がある人だけではありません。 急いでいる患者の場合は、混雑時や話の長い他の患者がいるとイライラさせてしまうでしょう。場合によっては、一人の患者に一時間かかってしまう時もあります。

一人薬剤師のデメリット3:休憩がとりづらく残業も多い

一人薬剤師の他には人員がいないため、休みが自由に取りづらく残業もあります。有給が使いづらかったり急に休みをとれないなど、融通が利きづらいです。しかし予定が事前に明確になっている場合は、対応できる場合があります。 一人しか事業を行う人がいないため、体調不良になっても急に休めません。忙しくて体調を崩す人がいるため、体力に自信がある人は向いてるでしょう。

一人薬剤師のデメリット4:休みがとりづらい

一人薬剤師は一人で仕事を行わなければいけないため、全ての業務を一人で担当します。休みが取りづらく、他に事務員がいないためほぼ毎日すべての業務を行う場合があるでしょう。 本来は調剤や鑑査、レセプトの入力はそれぞれの役割の人が対応するのが望ましいですが、一人薬剤師の場合は全部の業務を一人で行わなければいけません。そのため簡単なミスを見過ごす可能性もあります。

一人薬剤師が向いている人の特徴5つ

一人薬剤師に向いている人は、気付いたら群れから離れていて一人で仕事をしている人が多いです。自分の方向性が決まっており、自分に自信がある人が多く、昔から一人で食事をしているなどの特徴があります。 色々な判断を一人で行う習慣が身に付いているため、行動力があるのが特徴的です。必要に応じては、他の人と普通にコミュニケーションを取れます。ここからは、一人薬剤師が向いている人の特徴を詳しく見ていきましょう。

一人薬剤師が向いている人の特徴1:仕事に自信がある

一人薬剤師に向いている人は、仕事に自信があります。自信を持つには、まずは成功体験を身に付けましょう。何かを達成したり成功する経験を持つことは、自信を持つには最も効果的です。 成功することを体験するということですが、小さな成功を少しずつ積み重ねていきましょう。営業先に褒められたことや、仕事をその日までに全部終わらせたなどでも大丈夫です。他には、小さな目標に向けて努力をすることも効果があります。

一人薬剤師が向いている人の特徴2:一人が楽

一人薬剤師に向いている人は、一人でいる方が楽に感じる人です。自分の世界観が強く、パーソナルスペースを大切にする人も一人を好む傾向にあります。 自分の心の中に他人が入り込むのを嫌う傾向にあり、ミステリアスな雰囲気を持つ人が多いです。一人薬剤師だけでなく、アーティストや芸能人に必要不可欠な要素ですが、その人の最大の魅力にもなります。また決断力があり、思い付きで行動することが多いです。

一人薬剤師が向いている人の特徴3:一人勤務の経験がある

一人薬剤師が向いている人は、一人勤務の経験があります。一人で黙々と行える仕事に向いており、向いている仕事であれば素晴らしい能力を発揮できるでしょう。薬学はとても奥が深いため、一人薬剤師は天職になる場合があります。 また専門分野を活かすという面では、講師やプログラマーなども向いているでしょう。他には株などのトレーダーや芸術家、工場のライン作業などの単調な仕事が向いている人は楽しめます。

一人薬剤師が向いている人の特徴4:高報酬の仕事が良い

一人薬剤師を目指している人は、高報酬の仕事を望んでいる人が多いです。一人薬剤師は全部の業務を一人で行い、また責任が重くなるため給料が他の業種よりも高いのが特徴的です。 残業や処方箋の数が少ないにも関わらず、年収が高いのは一人で全部の業務を担うところにあります。特に薬剤師が少ない場所では、給料が高かったり家賃を補助してくれる場合があるでしょう。しかし業務が大変なので、人気はあまり高くありません。

一人薬剤師が向いている人の特徴5:向上心がある

一人薬剤師はスキルアップしやすいため、向上心がある人が向いています。向上心を身に付けるには、まずは人生に目標を持つことが大切です。目標や夢はなるべく大きい方が良いですが、最初から目標を高く持つ必要はないでしょう。 自分の最も大切なことを頭に浮かべ、それを得るには何が必要かを書きましょう。それが次第に、やりたいことや自分がどう変わりたいかに変わるはずです。それが人生の方向性になるでしょう。

一人薬剤師の現状を知ろう

一人薬剤師になるには、多くの薬を調合した経験がなければ勤まりません。患者と直接話す機会が多いため、接客力も求められます。また一日でなるべく多くの患者の相手をするために、迅速に正確な業務を行わなければいけません。 一人薬剤師は条件が良いことが多いため、高収入を望む人や経験が豊富な人は一度目指してみると良いでしょう。また一人薬剤師として勤める前に、勤務先の環境や人員体制を把握することがオススメです。

アクセスランキング