IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

企業薬剤士に転職するメリット4つ|おすすめの転職支援サービス5選

転職事情

薬剤師の資格を活かせる職業はとても多くあります。中でも人気があるのが企業薬剤師です。企業の社員として働けて多くのメリットがあります。企業薬剤師に転職するとどのようなメリットがあるのか、転職する時に役立つ転職支援サービスを調べてみましょう。

更新日時:

企業薬剤師とは?

薬剤師の資格を持っていると、特別な仕事に就くことができます。 薬剤師が活躍できる場はとても多くありますが、その中でも注目されているのが企業薬剤師です。企業に就職をして最前線で活躍する事ができます。 企業の薬剤師とは何か調べてみましょう。

企業薬剤師の仕事内容

企業薬剤師は大きく分けて6種類あります。 ・「開発職」製薬会社などに転職をして研究や開発します。 ・「学術職」自社製品の情報を製薬会社や医療関係者に伝えます。 ・「管理薬剤師」医薬品倉庫で薬品を取り扱う業務。 ・「品質管理薬剤師」企業系の薬剤師で最も多い業務で、製造された医薬品の基準が守られているか確認します。 ・「企業内診療所」企業内の診療所の調剤します。 ・「研究職」薬品メーカーで新薬の開発します。

企業薬剤師の転職難易度

企業内薬剤師の転職情報は、ドラッグストアや調剤薬局に比べて少ない傾向です。 パートやアルバイトなど短時間勤務がほぼ無く、主に正社員の転職先が多いでしょう。企業薬剤師の転職先は一定の求人がありますが、他の職業と比べると少ないのが現状です。 専門の転職エージェントを使って非公開求人を探したり、働きながら希望の求人を探して転職するスタイルが良いでしょう。

企業薬剤師の需要

薬剤師の転職市場は売り手市場だといわれています。しかし、国の方針によって状況が変わるのが現実です。薬剤師業界も穏やかな状況だとは言えないでしょう。 業界全体として考えてみると、どちらかと言えば薬剤師優位の転職市場が続いています。 都市部では人手不足が続いており、薬剤師を求めています。大手企業は転職先として人気がありますが、年収や勤務時間の希望などは中小規模の企業の方が条件がとおりやすいでしょう。

企業薬剤士に転職するメリット4つ

企業の薬剤師として働くと多くのメリットがあります。特定分野に特化した業務内容が多くなるので、調剤薬局やドラッグストアとは違った仕事内容になります。 企業薬剤師として転職したらどのようなメリットがあるか見ていきましょう。

企業薬剤士に転職するメリット1:雇用条件・休暇

企業薬剤師は土日は休めるでしょう。土日が休日だと友人や知人と過ごすことができるのは大きなメリットです。友人たちと普段の業務を忘れてリフレッシュできるひと時を過ごせます。 また、企業薬剤師は多くの職種から選べるメリットがあります。雇用条件が良い転職先を見つけることもできます。 最近は福利厚生が充実した製薬会社がありますから、家庭と両立した働き方も可能でしょう。

企業薬剤士に転職するメリット2:ワークスタイル

企業薬剤師は正社員として働くケースが多いです。病院で働く薬剤師と違って夜勤業務はありませんが、フルタイムで働くことになります。しっかり収入を得たい人にとっては安定した働き方ができる転職先です。 年収もしっかり稼ぐことができるので、薬剤師の免許を活用する事ができます。パート勤務のように自由なワークスタイルは望めませんが、安定して働ける転職先です。

企業薬剤士に転職するメリット3:幅広い知識の取得

企業薬剤は多くの職種がありますが、治験コーディネーターとして活躍すると、製薬会社が開発した新薬を取り扱うことができます。まだ世に出る前の薬を使って臨床実験を行います。 常に新しい薬剤について学ぶことができ、最先端の知識を身に付けることができます。 薬剤師としての知識を最大限に活かして、更なるステップアップができます。幅広い知識を身に付ける事で信頼感も得られるでしょう。

企業薬剤士に転職するメリット4:社会貢献

企業薬剤師として働くと、製薬会社や治験関連の業務が多くなります。新薬が開発されて治験が行われ、承認を受ければ新薬として発売されます。新薬を売り込む業務では、医師に薬の内容を伝えて説明します。 病院が購入してくれると、病に苦しむ人達に投与され回復すれば喜ばれます。企業薬剤師の仕事は、仕事を通じて社会貢献できます。

企業薬剤士に転職するデメリットもある

企業薬剤師のメリットはとても多くありました。魅力的な職業ですがデメリットもあります。 どのようなデメリットがあるのかしっかり確認して、企業薬剤師に転職しましょう。

調剤業務以外の仕事が多い

企業薬剤師は仕事が多くて忙しいです。企業は利益を追求していますから、上司がいてノルマを課せられるケースもあるでしょう。 コツコツと努力をして仕事をしていくスタイルになるでしょう。職場によっては残業が必要になるケースもあります。 また、企業薬剤師は出張があります。製薬メーカーへ転職すると、全国に営業所があります。働く条件によっては全国へ出張することもあるでしょう。

患者さんとの接触がない

企業薬剤師は、主に医療関係者や製薬会社と関わることが多く、患者と直接関わるのは治験業務くらいでしょう。 薬剤師でも患者と関わるのが苦手な人もいます。そのような人はデメリットに感じませんが、患者と直接話すことでやりがいを求める人は物足りなく感じます。 患者と多く会話をするなら、調剤薬局や病院などで働くと良いでしょう。また、教育機関で働くと多くの患者を相手に活躍できます。

企業薬剤師におすすめの転職サービス5選

薬剤師の転職先は限られています。薬剤師の求人を多く取り扱っている転職サービスに登録すると有利に見つけられます。企業薬剤師に転職する時に便利なサービスを紹介します。

企業薬剤師におすすめの転職サービス1:リクナビ薬剤師

多くの人が利用しているリクナビ薬剤師は、大手人材派遣会社です。リクナビは薬剤師専任のキャリアアドバイザーが担当して転職をサポートします。 ドラッグストアの転職先が多い傾向ですが、しっかり希望を伝えて企業薬剤師の仕事を紹介してもらいましょう。 気になる転職先の情報も事前調査をしてもらえるから、ある程度企業の様子もわかります。働きながら転職先を見つけたい人におすすめのサービスです。

企業薬剤師におすすめの転職サービス2:アンサーズ

アンサーズは製薬業界で働く人の転職サイトです。株式会社クイックが運営しているサイトで大手企業の案件も数多く取り扱っています。 アンサーズでは職業別に求人が探せますから企業薬剤師の仕事も見つけやすいです。 日本企業から開始系企業まで幅広く紹介しています。案件にはエージェントが得た内部情報を公開しており、どのような企業か判断する事ができます。

企業薬剤師におすすめの転職サービス3:ファルマスタッフ

ファルマスタッフは全国に15ヶ所の拠点を持つ地域密着型の薬剤師転職サービスです。個別カウンセリングでは転職に関する悩みや希望を聞いてくれます。 コンサルタントによって相性もありますが、96%の人が満足をしています。 また、ファルマスタッフはグループ企業に大手薬局チェーンや日本調剤株式会社があります。そこでのノウハウを活かして薬剤師のスキルアップができる教育環境も整っています。

企業薬剤師におすすめの転職サービス4:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は5年連続で利用者満足度No1を取得しています。薬剤師の希望に沿った転職先を見つけるために、キャリア面接を重視しています。直接会って話すことで細かな気持ちに寄り添った転職案内を目指しています。 医療業界に精通したキャリアアドバイザーが最後まで責任を持ってサポートします。転職前に知りたい事は何でも聞いて、安心して転職活動に入れるサービスです。

企業薬剤師におすすめの転職サービス5:薬キャリ

薬キャリはエムスリーグループの転職サービスです。調剤薬局と病院の求人が豊富だと言われています。薬キャリに登録すると、マイナビやヤクジョブなど20社以上の転職サイトの求人を一括検索できるメリットがあります。 エージェントとのやり取りは基本的に電話かメールで行います。エージェントはチームを組んで複数でサポートする形になります。 他社とは違った特徴のある転職サービスで、早めに転職したい人に最適なサービスです。

企業薬剤師への転職を検討してみよう

企業薬剤師の仕事は特徴的でした。薬剤師が活躍できる場はとても多くあります。企業薬剤師はとても人気がある職業で求人も限られています。 企業薬剤師は最前線で活躍できる転職先です。薬剤師の資格を活かして企業薬剤師を目指してみましょう。

アクセスランキング