IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職活動の成功事例7つを紹介!|転職を成功させるポイント6つとは

転職ノウハウ

転職活動を成功させるためにはどうすればよいのでしょうか。この記事ではこれから転職を行う方のために、転職活動の成功事例について徹底解説しています。また併せて、転職を成功させるポイントについてもご紹介しているのでぜひご覧ください。

更新日時:

転職の現状

「転職して新たなキャリアを築きたい」とお考えのビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。 近年転職市場は活況を呈しており、少子高齢化による労働人口の減少などの影響を受けて、売り手市場の状態が続いていると言われています。 ただし、転職をしたからと言って全員が成功しているわけではありません。この記事では転職活動の成功事例についてご紹介しているので、転職をお考えの方はぜひご覧ください。

転職の成功事例7つ

転職をすることでキャリアダウンや年収ダウンをしてしまう人も一定数存在します。転職に失敗しないためには、転職の成功事例を知り、それを自らの転職活動に活かすことが必要でしょう。 では、具体的に転職活動の成功事例とはどのようなものなのでしょうか。ここからは、転職活動の成功事例を7つピックアップしてご紹介していきますので、これから転職をされる方はぜひ参考になさってみてください。

転職の成功事例1:待遇がより良くなった

転職の成功事例としてまずご紹介したいのが、待遇が以前より良くなったということです。 きちんとキャリアを積み、必要なスキルや知識を身につけているビジネスパーソンならば、転職を行うことで前職よりも待遇のよい職場で働けるようになるでしょう。 待遇がよくなれば仕事に対するモチベーションも上がり、成果を収めやすくなるため、好循環になります。

転職の成功事例2:年収がアップした

転職の成功事例2:年収がアップした

年収がアップしたというのも、転職の成功事例のひとつとして挙げられるでしょう。戦略的に転職活動を行い、企業の求める人物像と自らの強みやスキルをマッチさせることができれば、前職よりも年収のよい企業に転職することも不可能ではありません。 年収がアップすれば生活に余裕が出ますし、結婚や出産といった将来の計画についても自分の思い描いた通りのものを実現することができるようになるでしょう。

転職の成功事例3:優良企業に転職できた

転職の成功事例3:優良企業に転職できた

優良企業に入社できたというのも、転職の成功事例のひとつに数えられるでしょう。 以前は長時間労働やサービス残業が当たり前で、パワハラ・セクハラを行う上司のいるブラック企業に勤めていたものの、思い切って転職をしたことでホワイト企業に入社でき、毎日快適に過ごしているという人も少なくありません。 今の職場に不満があるのならば、このような成功事例を参考にして転職をして自分にとって理想的な企業に入社しましょう。

転職の成功事例4:やりたい仕事ができるようになった

やりたい仕事ができるようになったというのも、転職活動の成功事例のひとつとして挙げられます。 前職では仕事に楽しさややりがいを感じることができなかったけれど、転職をしたことで自分のやりたかった仕事ができるようになり、毎日生き生きと仕事に取り組めているという成功事例も多いでしょう。 人生の多くの時間を費やす仕事だからこそ、やりがいが感じられて自分に適性のある仕事をしたいものです。

転職の成功事例5:長時間労働がなくなった

転職の成功事例5:長時間労働がなくなった

転職の成功事例のひとつとして挙げられるのが、長時間労働から解放されたということです。 短時間勤務やフレックスタイム制度など柔軟な働き方ができる企業に転職することができれば、長時間労働から解放され心も体もより健康になれるでしょう。 転職によって仕事一色の生活から解放され、ワークライフバランスの充実が実現できるというのも、目指すべき転職の成功事例です。

転職の成功事例6:キャリアアップが実現できた

転職の成功事例6:キャリアアップが実現できた

キャリアアップが実現できたというのも、転職活動の成功事例のひとつに数えられるでしょう。 前の会社に留まっていてもこれ以上成長する機会がないと判断し、思い切って転職活動に取り組んだ結果、前職よりもよいポジションを得てキャリアアップができたという成功事例もよくあります。 これまでのキャリアに自信があるならば、転職をしてキャリアアップを実現できることでしょう。

転職の成功事例7:職場の人間関係の悩みがなくなった

転職の成功事例7:職場の人間関係の悩みがなくなった

転職の成功事例のひとつとしてご紹介したいのが、職場の人間関係の悩みから解放されたということです。 前の職場にパワハラやセクハラをする上司がいたり嫌がらせをしてくる社員がいるなどして人間関係で悩みを抱えていた場合、転職をすることで心機一転新しい環境で働けるようになるため、このようなトラブルや悩みから解放されることができます。 転職で精神的に楽になったという人も多いでしょう。

転職を成功させるポイント6つ

転職を成功させるポイント6つ

以上でご紹介した成功事例からもわかるように、転職をうまく進めることができれば人生をより豊かで素敵なものにすることができます。 では、転職を成功させるためには具体的にどのような点に気を付けながら転職活動に取り組めばよいのでしょうか。 ここからは、転職を成功させるためのポイントを6つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

転職を成功させるポイント1:転職理由がはっきりしている

転職を成功させるためのポイントとしてまず大切なのが、転職理由がはっきりしているということです。 転職によって何を成し遂げたいのかその動機が明瞭であれば、転職に対するモチベーションを維持することができますし、その熱意を採用担当者に伝えることができるため、転職で成功しやすいと言えるでしょう。 やりたいこと・成し遂げたいことなどポジティブな転職理由があればなおさら成功しやすいです。

転職を成功させるポイント2:転職先に求める条件が決まってる

転職先に求める条件が決まっているというのも、転職を成功させるためのポイントとして挙げられるでしょう。 給与や待遇、福利厚生・勤務形態など転職に何を求めるのかは人によってさまざまですが、転職活動の軸を据えるためには転職先に求める条件に優先順位を明確につけていることが必要です。 そうすることでブレずに転職活動を行い、応募先を効率的に絞り込めるでしょう。

転職を成功させるポイント3:転職先を把握している

転職を成功させるポイント3:転職先を把握している

転職を成功させるポイントのひとつとして、転職先を把握しているということも挙げられます。 事前に企業研究をしっかりと行い、企業が求める人物像や実際にそこで働く社員の口コミなどをきちんとリサーチしておけば、転職活動を有利に進めることができますし、転職後にミスマッチを起こすこともなくなります。 つまり、転職のための事前の下準備をしているということが大切でしょう。

転職を成功させるポイント4:自分のスキルを把握してる

転職を成功させるポイント4:自分のスキルを把握してる

自分のスキルを把握しているというのも、転職を成功させる上で欠かすことのできないポイントです。 これまでのキャリアの中でどのようなスキルを培ったのかを自分で客観的に把握しており、なおかつそのスキルが転職市場においてどのような価値を持つのか、どのような業種や企業で求められるスキルなのかをきちんと理解しておくことが大切でしょう。

転職を成功させるポイント5:給料や福利厚生などこだわりすぎない

転職を成功させるポイントのひとつに、給料や福利厚生などにこだわりすぎないということも含まれるでしょう。 もちろん給料や福利厚生も大切ですが、それ以上に自分にとって働きやすい職場環境であるか、心身ともにストレスの溜まりにくい健全な労働環境であるかという点を重視すべきです。 給料にこだわりすぎると、ブラック企業に転職してしまいかねないので注意が必要でしょう。

転職を成功させるポイント6:面接対策をする

転職を成功させるポイント6:面接対策をする

事前に面接対策をきちんと行うというのも、転職を成功させるために大切なポイントのひとつです。 面接が上手くいくかどうかは慈善に面接対策を行っているかどうかにかかってきますので、転職エージェントを活用して面接指導や模擬面接をしてもらうなど、自分から積極的に対策に取り組むべきでしょう。 そうすることで、本番の面接時に効果的に自己アピールができるようになります。

成功事例を参考に転職を成功させよう

成功事例を参考に転職を成功させよう

今回は転職活動の成功事例に加えて、転職を成功させるポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 転職の成功事例を知り、それを参考にして自分の転職活動に活かすことで、自分の望む転職を実現することができるでしょう。 ぜひ今一度、今回ご紹介した成功事例をおさらいしてみてください。

アクセスランキング