IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職を決断するポイント5つとは?|おすすめ転職エージェント3つ

転職ノウハウ

転職をしたいと考えているのに、なかなか転職に踏み切れないという方も多いことでしょう。そこでこの記事では転職を決断するポイントについて徹底解説しています。また、おすすめの転職エージェントについてもご紹介しているので、ぜひご参考ください。

更新日時:

転職を決断できない主な理由とは?

転職を決断できない主な理由とは?

転職をしたいと考えてはいるものの、実際に転職に踏み切る決断ができないとお悩みの方もおられることでしょう。 新しい環境に適応することの難しさや年収・キャリアがダウンしてしまう可能性など、転職を決断できない理由は人によってさまざまです。 転職はキャリア形成に大きな影響を及ぼすものですので、一時の感情で早まって行わず、慎重に考えた上で決断したいところでしょう。

転職を決断するポイント5つ

転職を決断するポイント5つ

では、世の中のビジネスパーソンはいったいどのような理由で転職を決断しているのでしょうか。 ここからは、転職を決断する主なポイントを5つピックアップしてご紹介していきます。 今の会社を辞めたいと考えているけれど、なかなか転職への踏ん切りがつかないという方は、ご自身が以下のような状態に当てはまっていないかどうかチェックしてみてください。

転職を決断するポイント1:今後のスキルアップが見込めない

転職を決断するポイント1:今後のスキルアップが見込めない

転職を決断するポイントとしてまず挙げられるのが、今後のスキルアップが見込めないということです。 今の会社にいてもこれ以上成長を遂げることができず、やりがいのある仕事や専門性の高い仕事を通じてスキルアップをする見込が全くないのならば、将来のことを考えてスキルアップの可能性がある職場に転職したいと決断するのも当然のことでしょう。

転職を決断するポイント2:会社に将来性がない

転職を決断するポイント2:会社に将来性がない

会社に将来性がないというのも、転職を決断するポイントのひとつとして挙げられるでしょう。 会社の経営不振が続いており、人員整理を進めるなど不穏な動きが見られるのならば、「これ以上この会社に留まっていても未来はない」と転職を決断するのも致し方ありません。 キャリアプランが明確な人こそ、それを実現できないと悟ったならば早々に今の会社に見切りをつけて転職を決断します。

転職を決断するポイント3:やりたいことが明白である

転職を決断するポイント3:やりたいことが明白である

転職を決断するポイントのひとつとして、転職を通じてやりたいこと・成し遂げたいことが明確であるということも挙げられます。 今の職場に対する漠然とした不満からではなく、会社を辞めてでもどうしてもやりたいことが見つかったというポジティブな理由で転職を決断する人も多いでしょう。 このようなポジティブな転職理由を持っている人は、転職に成功しやすい傾向にあります。

転職を決断するポイント4:将来設計ができている

転職を決断するポイント4:将来設計ができている

将来設計ができているというのも、転職を決断するポイントのひとつに含まれるでしょう。 キャリアプランが明確であり、自分が将来どのような道を歩んでいきたいのかが明確であるのならば転職活動の軸がぶれる心配はないため、転職を決断しても問題はありません。 キャリアプランをしっかりと練っている人ならば、転職活動をスムーズかつ短期間に終わらせることができるでしょう。

転職を決断するポイント5:人間関係によるストレスが限界

転職を決断するポイント5:人間関係によるストレスが限界

転職を決断するポイントのひとつとして、人間関係によるストレスが限界であるということも挙げられるでしょう。 今の職場の人間関係で悩みやストレスが多く、自分なりに状況を改善する努力をしてみたものの、一向に事態が改善しないのならば心と体の健康を守るために転職を決断すべきです。 このような人間関係のトラブルを教訓とすれば、転職先では良好な人間関係を築けるようになるはずです。

転職を後悔するパターン3つ

転職を後悔するパターン3つ

慎重に今後のキャリアについて熟考した上で転職を決断しなければ、場合によっては転職に失敗したり後悔してしまいかねません。 転職に失敗しないためには、転職活動に取り組む前に転職の失敗パターンについて知っておくこと、それを反面教師として活かすことが必要でしょう。 ここからは転職を後悔するパターンを3つご紹介していきますので、ぜひご自身の転職活動に活かしてみてください。

転職を後悔するパターン1:想像してた業務内容と違う

転職を後悔するパターンとしてまずご紹介したいのが、転職後の業務内容がイメージしていたそれと違っていたということです。 求人情報では事務の仕事だけをすればよいと書いてあったのに、いざ入社してみるとその他の雑用や時には営業の仕事までさせられ、聞いていた話と全然違うということもよくあります。 事前に応募する企業の情報や口コミについてしっかりとリサーチしておくことが防止策として必要でしょう。

転職を後悔するパターン2:社風が合わない

転職を後悔するパターン2:社風が合わない

社風が合わないというのも、転職を後悔するパターンのひとつでしょう。 たとえば社長がワンマン体質の企業は良くも悪くも体育会系のノリが強く、職場の人とはビジネスライクな付き合いを望む人からすると肌に合わず、その社風ゆえに何かとストレスを感じてしまいがちです。 転職活動を行う中で企業研究をしっかりと行っていれば、社風の合う・合わないは事前に判断することができたはずです。

転職を後悔するパターン3:前の会社のほうが条件が良かった

転職を後悔するパターンのひとつとして挙げられるのが、前の会社のほうが条件がよかったということです。 前の会社に漠然とした不満を抱いて転職をしたものの、結局内定がもらえた転職先と比べてみると、給与や待遇などのさまざまな面で前の会社のほうが条件がよく、働きやすかったというのもよくあるパターンです。 早まって転職に踏み切ってしまうと、このような理由で後悔しやすいでしょう。

転職を決断したときにおすすめのエージェント3選

転職を決断したときにおすすめのエージェント3選

以上絵は、転職を後悔してしまう失敗例についてご紹介してきました。転職を成功させているビジネスパーソンの多くは、複数の転職エージェントを上手に活用して戦略的に転職活動に取り組んでいます。 ここからは転職を決断した時に活用してもらいたいおすすめの転職エージェントを3つ厳選してご紹介していきますので、これらをうまく使いこなして転職活動を有利に進めてください。

転職を決断したときにおすすめのエージェント1:パソナキャリア

転職を決断した時におすすめしたい人気の転職エージェントとしてまずご紹介したいのが、パソナキャリアです。 パソナキャリアは業界でも老舗の転職エージェントであり、確かな実績と転職サポート力で幅広い世代の転職希望者から人気を集めています。

転職を決断したときにおすすめのエージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェントも、転職を決断した時におすすめしたい転職エージェントのひとつに数えられるでしょう。 業界でも大手として有名なリクルートエージェントは、他を圧倒するほどの豊富な求人情報の掲載数に加えて、キャリアアドバイザーによる親切丁寧で至れり尽くせりな転職サポートで根強い人気を誇っています。

転職を決断したときにおすすめのエージェント3:マイナビエージェント

マイナビエージェントも、転職を決断した時に活用してもらいたい人気の転職エージェントのひとつでしょう。 あらゆる業界に精通している大手の転職エージェントであるマイナビエージェントはとにかく検索機能が使いやすいと評判で、パソコン・スマホの操作に慣れていないシニア世代であっても、希望する条件から自分にぴったりと合う理想的な企業を絞り込むことができると人気です。

転職の決断ポイントをしっかり押さえよう

今回は転職を決断するポイントについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。 転職を成功させるためには、やりたいことやキャリアプランが明確であるなど、いくつかの決断ポイントが必要です。 転職を決断するポイントをおさえ、転職活動を有利に進められるように戦略的に行動していきましょう。

アクセスランキング