IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職を成功に導く考え方8つとは?|転職に踏み出せない主な原因4つ

転職ノウハウ

転職をしたいけれど、なかなか転職に踏み切れずお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、転職を成功に導くために欠かせない考え方をご紹介しています。また転職に踏み出せない原因についても解説しているので、ぜひご覧ください。

更新日時:

転職に対する考え方は人それぞれ

転職に対する考え方は人それぞれ

今の職場に不満があって、あるいは他にやりたいことが見つかって転職をしたいとお考えのビジネスパーソンも少なくないことでしょう。 転職に踏み切る理由も、転職に対する考え方も人によってさまざまであり、たった一つだけの「正解」があるわけではありません。 ですが、転職に成功する人には共通する考え方というものが存在します。この記事では転職を成功させるための考え方をご紹介しているので、ぜひご覧ください。

ネガティブな転職動機でも良い

ネガティブな転職動機でも良い

転職活動時にネガティブな転職理由をストレートに伝えると、採用担当者の心証は悪くなってしまうと言われています。 転職活動の際にポジティブな転職理由を語れるようになっていればいいだけであって、転職に踏み切る理由自体はネガティブなものであったとしても問題はありません。 ネガティブな理由であっても、考え方次第で、それをポジティブに言い換えることができるでしょう。

転職を成功に導く考え方8つ

転職を成功に導く考え方8つ

転職に踏み切った人が全員、自分の思い描いていた転職を実現させているわけではありません。残念ながら、転職をしたことに後悔する人がいるのもまた事実です。 では、転職を成功させるためにはどのような考え方が必要なのでしょうか。良い考え方ができるかどうかで、転職の成否が決まると言っても過言ではありません。 ここからは転職を成功に導く考え方のポイントを8つピックアップしてご紹介していきます。

転職を成功に導く考え方1:企業へのこだわりを考える

転職を成功に導く考え方1:企業へのこだわりを考える

転職を成功に導く考え方のポイントとしてまずご紹介したいのが、企業へのこだわりを考えるということです。 転職への考え方としてはまず、絶対に譲れない条件と妥協できる条件とをリストアップし、それらの優先順位を明確にすることが大切です。 そうすることでおのずと、自分が企業に求める条件をはっきりとさせることができるでしょう。 企業に求める条件がクリアになれば、応募先を絞って効率的に転職活動ができるようになります。

転職を成功に導く考え方2:転職で達成したい目標を決める

転職を成功に導く考え方2:転職で達成したい目標を決める

転職によって達成したい目標を明確にするというのも、転職を成功させるために欠かせない考え方として挙げられるでしょう。 キャリアアップや年収アップ、労働環境の改善や勤務形態の変化など、転職に求めるものは人によってさまざまですので、まずは自分が転職によって実現したい目標をクリアにすることが大切です。 このような考え方を実践することで、転職活動の軸を定めることができるでしょう。

転職を成功に導く考え方3:業界や職種について研究する

転職を成功に導く考え方のひとつとして、業界や職種についてリサーチするということも挙げられるでしょう。 転職後にミスマッチを起こさないためには、関心のある業界や職種について徹底的に研究を行い、どのような働き方が一般的であるのか、いかなるスキルや強みが必要とされるのかを知っておく必要があります。 また併せて、業界・職種ごとの雰囲気や求められる人物像についても確認しておきましょう。

転職を成功に導く考え方4:会社の福利厚生などを考慮する

会社の福利厚生などを考慮しておくというのも、転職を成功させるために欠かせない考え方のひとつです。 働きやすさや良好な職場環境であるかどうかは、福利厚生が充実しているか否かによって左右される部分も大きいため、あらかじめ会社の福利厚生などについてもきちんとリサーチしておきたいところでしょう。 会社の口コミサイトなどを活用して、応募を考えている会社のことをきちんと調べることが大切です。

転職を成功に導く考え方5:会社の給与や待遇を確認する

転職を成功に導く考え方5:会社の給与や待遇を確認する

転職を成功させるために必要な考え方として、会社の給与や待遇をチェックするということも挙げられるでしょう。 給与や待遇は自分の努力では変えることができないものですので、転職後に「思っていたのと違った」と後悔してしまわないように、あらかじめ応募先の企業を絞る段階でこれらの情報について詳しくリサーチをする必要があります。 求人情報の記載だけを鵜呑みにしないようにしたいところです。

転職を成功に導く考え方6:会社が求めることと自分ができることを照らし合わせる

転職を成功に導く考え方6:会社が求めることと自分ができることを照らし合わせる

会社が求めることと自分ができることを照らし合わせるというのも、転職を成功に導く考え方のひとつでしょう。 転職に成功している人は、会社の求めることと自分のスキルや強みが合致している企業に入社しています。 逆に言えば、この二つが合致しなければ転職後にミスマッチを起こしやすくなるだけでなく、そもそも内定を得られない確率が高くなるので、両者を照らし合わせることが不可欠でしょう。

転職を成功に導く考え方7:転職のタイミングを見極める

転職を成功に導く考え方7:転職のタイミングを見極める

転職を成功に導く考え方のひとつとして挙げられるのが、転職のタイミングを見極めるということです。 応募したいと考えている企業の中途採用の時期をよく考慮したうえで転職に踏み切るタイミングを見定めることで、転職活動を最短で効率的に終わらせることができます。 タイミングがずれると転職活動が長引いて職歴にブランクができてしまうリスクが高まるので、要注意だと言えるでしょう。

転職を成功に導く考え方8:前職で得られたことを考える

前職で得られたことを考えるというのも、転職を成功させるために必要な考え方のひとつです。 たとえ異業種に転職を希望していたとしても、前職でどのような経験を積み、いかなるスキルや知識を得たのかを考え、それらを転職活動時の自己アピールにつなげていくことが必要でしょう。 前職で得られたことを正確に把握することで、転職市場における自分の市場価値を客観的に見積もることもできます。

転職に踏み出せない主な原因4つ

転職に踏み出せない主な原因4つ

「転職をしたいと考えているけれど、実際に行動に踏み出すのは怖い」「転職に踏み切ることができない」とお悩みのビジネスパーソンも意外と多いのではないでしょうか。 転職を成功させるためには、内定を得やすいタイミングを逸しないことが大切です。ここからは転職に踏み出せない主な原因を4つピックアップしてご紹介していきますので、転職に最適なタイミングを逃してしまわないように、ぜひ反面教師としてご覧ください。

転職に踏み出せない主な原因1:新しい環境への不安

転職に踏み出せない主な原因1:新しい環境への不安

転職に踏み出せない原因としてまず考えられるのが、新しい環境に対する不安や恐れです。 人一倍不安を抱きやすい性格をしていたり、人見知りでコミュニケーション能力に自信がない人ほど、転職をして「新しい職場に溶け込めるだろうか」「職場でよい人間関係を築けるだろうか」とあれこれ考えてしまい、転職に踏み切れません。 このような不安に囚われやすい方には、転職アドバイザーに相談してみるとよいでしょう。

転職に踏み出せない主な原因2:給料が下がってしまう

転職に踏み出せない主な原因2:給料が下がってしまう

給料が下がってしまうというのも、転職に踏み出せない原因のひとつとして考えられるでしょう。 長時間労働や残業の多さ・休日数の少なさが嫌で今の仕事を辞めたいと考えている場合、転職をすればワークライフバランスが充実するものの、その分給料が下がってしまうというリスクがあり得ます。 給料が下がると生活の質も下がり将来が不安定になってしまうため、転職に思いとどまる人も多いでしょう。

転職に踏み出せない主な原因3:自己分析ができない

転職に踏み出せない原因のひとつに、自己分析ができないということも含まれるでしょう。 自分にはどのような職種・仕事が向いているのか、どのような仕事がしたいのかが自分でもわからないと、そもそも転職活動をどうやってスタートさせればよいのかさえもわからなくなってしまいます。 転職活動の軸を定めることができず軸がぶれてしまうため、応募先の業界や企業を絞り込むこともできず結局転職に踏み切ることができないでしょう。

転職に踏み出せない主な原因4:キャリアプランが立てられない

キャリアプランが立てられないというのも、転職に踏み出せない原因でしょう。 5年後・10年後と将来のキャリアを明確に描くことができなければ、転職活動の軸を定めることができませんし、転職に期待感よりも不安感を強く抱いてしまうため、転職をすることができなくなってしまいます。

転職を成功に導く考え方を身に着けよう

転職を成功に導く考え方を身に着けよう

今回は転職を成功に導く考え方について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。 転職を成功させるためには、転職活動を戦略的かつ緻密に行っていくための考え方が不可欠です。 この記事で取り上げた考え方を参考にしながら、転職活動をスタートさせてみてください。

アクセスランキング