IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事のストレスを軽減する方法5つ|ストレスを感じやすい人の特徴5つ

転職の悩み・不安

仕事でストレスを抱えているビジネスパーソンも多いことでしょう。この記事では、仕事のストレスを軽減するための方法について徹底解説しています。仕事にストレスはつきものですので、自分にあった方法でストレスを解消し、ストレスと上手く付き合っていきましょう。

更新日時:

なぜ仕事でストレスを感じるのか?

なぜ仕事でストレスを感じるのか?

仕事にストレスはつきものです。好きな仕事に就いた人であっても、多少なりともストレスを感じることはあるでしょう。 仕事のストレスの原因は十人十色であり、職場環境や人間関係が原因な場合もあれば、給料や労働時間・勤務体系などの諸条件に対する不満からストレスを感じることもあります。 いずれにせよ、ストレスを感じる原因を突き止め、それに合った対処法を講ずることが必要でしょう。

仕事でストレスを感じやすい人の特徴5つ

仕事でストレスを感じやすい人の特徴5つ

同じ環境で同じような仕事をしていたとしても、ストレスを強く感じる人もいれば、逆にストレスを感じにくい人もいます。 では、仕事のストレスを感じやすい人にはどのような共通点が見て取れるのでしょうか。ここからは、仕事でストレスを感じやすい人によく見られる特徴を5つピックアップしてご紹介していきます。 ご自身が当てはまっていないかどうか、ぜひチェックしてみてください。

仕事でストレスを感じやすい人の特徴1:せっかち

仕事でストレスを感じやすい人の特徴1:せっかち

仕事でストレスを感じやすい人の特徴としてまずご紹介したいのが、せっかちであるということです。 せっかちな人は総じて短気で怒りっぽく、普通の人ならば特にストレスを感じないような些細なことであっても、過敏に反応してヒステリックになってしまいやすいでしょう。 このような人物は、仕事が順調な時であっても常にイライラしてしまいがちです。

仕事でストレスを感じやすい人の特徴2:完璧主義者

仕事でストレスを感じやすい人の特徴2:完璧主義者

完璧主義者であるというのも、仕事のストレスを感じやすい人によく見られる特徴でしょう。 完璧主義者は「絶対に○○しなければならない」という考え方をして、自分を自分で縛ってしまいがちです。 少しでも思い通りにならないことがあれば「私はダメな人間だ」と自分を追い込んでしまったり、自己嫌悪に陥ってしまうため、ストレスを感じやすくなってしまうでしょう。

仕事でストレスを感じやすい人の特徴3:責任感が強い

仕事でストレスを感じやすい人の特徴3:責任感が強い

仕事でストレスを感じやすい人の特徴のひとつに、責任感が強いということも数えられるでしょう。 責任感が強いというのは美徳であると言えますが、そのせいで抱え込まずにすむような問題を抱え込んでしまったり、一人でなんでもこなそうとするため、無理をしてストレスをためてしまいがちです。 無理な時はきちんと無理だと言って助けを求めることが必要でしょう。

仕事でストレスを感じやすい人の特徴4:おとなしい

仕事でストレスを感じやすい人の特徴4:おとなしい

おとなしい性格をしているというのも、仕事でストレスを感じやすい人の特徴として挙げられるでしょう。 不満を訴えたり自己主張しないのをいいことに、大人しい人に仕事を押しつけたり、嫌味な事を言う人も少なくありません。 いいように利用されないためには、多少の気の強さと自己主張が必要だと言えるでしょう。

仕事でストレスを感じやすい人の特徴5:負けず嫌い

仕事でストレスを感じやすい人の特徴5:負けず嫌い

仕事でストレスを感じやすい人の特徴のひとつに、負けず嫌いであるということも含まれるでしょう。 負けず嫌いな人はすぐに競争心を燃やしたり、自分よりも優秀な人に勝手にライバル意識を抱いては無駄に張りあおうとするため、結局自分を疲れさせてしまいます。 向上心があるのはいいことですが、だからと言って過剰に対抗意識を抱いたり、自分と他人とを比べてばかりいてはストレスがたまるだけです。

仕事のストレスを軽減する方法5つ

仕事のストレスを軽減する方法5つ

以上で見たように、ストレスを感じやすい人には一定の共通性が見て取れます。仕事でのストレスを軽減するためには、このような性格をできる範囲内で改善するとともに、自分にあったストレスの対処法を身に着けることが必要でしょう。 ここからは仕事のストレスを軽減するおすすめの方法を5つピックアップしてご紹介していきますので、仕事でストレスを感じやすいという方はぜひチェックしてみてください。

仕事のストレスを軽減する方法1:体を動かす

仕事のストレスを軽減する方法1:体を動かす

仕事のストレスを軽減する方法としてまずおすすめしたいのが、体を動かすということです。 軽く散歩をするだけでもいい気分転換になりますし、ジョギングやヨガなどで本格的に体を動かせば、心も体もすっきりとリフレッシュするでしょう。 運動不足だと心のもやもやが大きくなりやすいので、ストレスを少し感じた時には心地よいと感じる方法で運動をするのがおすすめです。

仕事のストレスを軽減する方法2:旅をする

仕事のストレスを軽減する方法2:旅をする

旅をするというのも、仕事のストレスを軽減する方法として挙げられるでしょう。仕事という日常空間から離れて、旅行という非日常的な経験をすることで、心身のよいリフレッシュになります。 行ったことのない素敵な場所に出かけ、見たことのない美しいものを目にしたり食べたことのない美味しいものを口にすることで、仕事のストレスをふっとばすことができるでしょう。

仕事のストレスを軽減する方法3:家族や友人などと会話をする

仕事のストレスを軽減する方法3:家族や友人などと会話をする

仕事のストレスを軽減するためには、家族や友人など自分にとって心許せる人たちと会話を楽しむのがおすすめです。 ただ話をするだけでも楽しく感じるものですし、仕事でのストレスを忘れて笑顔になることができるでしょう。 仕事で疲れたと感じたならば、家族や友人を誘ってカフェやレストランに出かけて、美味しいものを食べながら会話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

仕事のストレスを軽減する方法4:睡眠をとる

睡眠をとるというのも、仕事のストレスを軽減するための効果的な方法です。睡眠不足だと普段よりも体が疲れを感じやすくなるものですし、心も敏感になってちょっとしたことでイライラしたり傷づきやすくなってしまいます。 だからこそ、ストレスを感じた時にはたっぷりと質の良い睡眠をとることが必要だと言えるでしょう。

仕事のストレスを軽減する方法5:キャリアのために勉強する

仕事のストレスを軽減する方法のひとつとして挙げられるのが、キャリアのために自主的に勉強するということです。 勉強を通じてキャリアアップを実現できれば達成感を味わうことができますし、それによって仕事のストレスを緩和することができます。 また、勉強をしてキャリアアップができれば、ストレスの原因となっている今の職場からもっと条件のよい職場に転職をすることも可能になるでしょう。

どうしても仕事のストレスがなくならない場合の対処法4つ

どうしても仕事のストレスがなくならない場合の対処法4つ

以上でご紹介したように、お金や時間をかけずとも、ちょっとした工夫で仕事のストレスを解消することができます。 ですが、時にはどんなに努力をしてもストレスを解消することができない場合もあるでしょう。 ここからはどうしても仕事のストレスがなくならない場合の対処法について解説していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

どうしても仕事のストレスがなくならない場合の対処法1:専門医に相談する

どうしても仕事のストレスがなくならない場合の対処法1:専門医に相談する

どうしても仕事のストレスがなくならない場合には、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。 メンタルヘルスケアの専門家に相談をし、今悩んでいることやつらいと感じていることを聞いてもらうだけでも心が軽くなりますし、適切なアドバイスをもらうこともできます。 専門家に相談することは決して恥ずかしいことでも特別なことでもないので、ぜひ気軽に訪ねてみてください。

どうしても仕事のストレスがなくならない場合の対処法2:部署を変えてもらう

部署を変えてもらうというのも、どうしても仕事のストレスがなくならない場合におすすめしたい対処法です。 今の部署の人間関係や労働時間・業務内容のせいで心身ともに強いストレスを受けているのならば、それを根本的に取り除くためには上司に部署移動をお願いするのが効果的です。 部署を異動することで、心機一転仕事に取り組めるようになることも多いでしょう。

どうしても仕事のストレスがなくならない場合の対処法3:休職する

どうしても仕事のストレスがなくならないのならば、休職をするのも一つの手です。強いストレスを感じて辛い状態にあるということは、心と体が「もう少し休んだほうがよい」というサインを出している証拠です。 無理をせず、上司に相談して休職をさせてもらいましょう。ゆっくりと心と体を休めることで、再び仕事に取り組む英気を養えるはずです。

どうしても仕事のストレスがなくならない場合の対処法4:転職を考える

どうしても仕事のストレスがなくならない場合の対処法4:転職を考える

転職を検討するというのも、ストレスの対処法として挙げられるでしょう。今の職場への不満が強く、そのせいでストレスを感じているのならば、職場を変えるのが一番です。 早まって退職してしまうと内定が見つからず経済的に困窮してしまうリスクがあるので、できるならば在職中に転職活動を行い、内定をもらってから退職を申し出るのがおすすめです。

仕事でストレスを感じたらすぐに対処しよう

仕事でストレスを感じたらすぐに対処しよう

今回は仕事のストレスを軽減する方法について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。 仕事に多少のストレスはつきものですので、自分にあったストレス解消方法を見つけ、ストレスと上手く付き合っていきましょう。

アクセスランキング