IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事を辞めたくて仕方ない理由7つ|辞めたいときの対処法6つを紹介

転職の悩み・不安

仕事を辞めたくて仕方ないと感じたことのある方も意外と多いのではないでしょうか。この記事では、仕事を辞めたくて仕方ない理由について徹底解説しています。また辞めたくて仕方ない時におすすめしたい対処法についてもご紹介しています。

更新日時:

仕事をなぜ辞めたくなるのか?

仕事をなぜ辞めたくなるのか?

「仕事を辞めたくて仕方ない」と感じたことのあるビジネスパーソンも意外と多いのではないでしょうか。辞めたくて仕方ないからといって、見切り発車で仕事を辞めてしまうと後悔してしまいます。 この記事では仕事を辞めたくて仕方ない原因に加えて、そう感じてしまった時の対処法についてもご紹介しています。 仕事に対する適切なストレスマネジメントができるように、ぜひ最後までご覧ください。

仕事を辞めたくて仕方ない理由7つ

仕事を辞めたくて仕方ない理由7つ

そもそも、どうして仕事を辞めたくて仕方ないと感じてしまうのでしょうか。その原因を突き止めないことには、今の仕事に対する不満やもやもやとした気持ちを解消することはできないでしょう。 ここではまず、仕事を辞めたくて仕方ないと感じてしまう主な理由を7つピックアップしてご紹介していきます。 仕事を辞めたくて仕方ないと感じているのならば、以下の理由に当てはまっている可能性が高いでしょう。

仕事を辞めたくて仕方ない理由1:お金

仕事を辞めたくて仕方ない理由1:お金

仕事を辞めたくて仕方ない理由としてまず考えられるのが、お金の問題です。 頑張って働いて業績をきちんと上げているにもかかわらず、昇給の見込がなく自分の頑張りが正当に給与に反映されないのならば、今の職場に不満を抱いてしまうのもしかたありません。 また、長時間労働を強いられ残業続きであるにもかかわらず、それに見合った給与をもらえないのならば、仕事を辞めたくて仕方ないと感じることでしょう。

仕事を辞めたくて仕方ない理由2:人間関係

仕事を辞めたくて仕方ない理由2:人間関係

人間関係のトラブルも、仕事を辞めたくて仕方ないと感じる理由のひとつです。ほぼ毎日、しかも長時間を過ごす職場だからこそ、人間関係の悩みは強いストレスとなり離職を決意するきっかけとなり得るでしょう。 職場に一人や二人、苦手な人や嫌いな人がいるのは避けられないことですが、相手から嫌がらせを受けたり、セクハラやパワハラなどの深刻な人権侵害の被害に遭ったのならば、仕事を辞めたくて仕方ないと感じるのも当然です。

仕事を辞めたくて仕方ない理由3:業務内容

仕事を辞めたくて仕方ない理由3:業務内容

仕事を辞めたくて仕方ない理由のひとつとして、業務内容への不満も挙げられるでしょう。 自分の能力や適性に全く合わない業務内容を日々こなさなければならないのならば、毎日出社するたびに苦痛を感じ、「仕事に行きたくない」「いっそのこと退社してしまいたい」と感じるはずです。 また、業務内容がハードすぎるならば、心身ともに限界を感じて仕事を辞めたいと思うことでしょう。

仕事を辞めたくて仕方ない理由4:労働時間

仕事を辞めたくて仕方ない理由4:労働時間

労働時間に対する不満も、仕事を辞めたくて仕方ないと感じる理由のひとつでしょう。 働き方改革が叫ばれている昨今の流れに逆行するように、長時間労働が常態化しており、毎日残業をしなければとうていこなせないような仕事量を与えられているのならば、心身の限界を感じて仕事を辞めたいと感じるのも無理はありません。

仕事を辞めたくて仕方ない理由5:休み

仕事を辞めたくて仕方ない理由のひとつとして挙げられるのが、休みの少なさです。 休日をろくに取ることができず、たまに休日をもらえたとしても休日出勤を余儀なくされたり、仕事を自宅に持ち帰ってそれをこなさなければならないのならば、今の職場に不満を感じるのも当然です。 最近の若い世代はワークライフバランスを重視する傾向にあるため、休日数の少なさは転職の動機になるでしょう。

仕事を辞めたくて仕方ない理由6:社風

仕事を辞めたくて仕方ない理由6:社風

社風が合わないというのも、仕事を辞めたくて仕方ない理由のひとつに数えられるでしょう。 人によって社風の合う・合わないはさまざまであり、たとえば物静かな性格をしていて個人主義の人は、良くも悪くも人間関係が濃密な体育会系の社風の会社にストレスを感じてしまいます。

仕事を辞めたくて仕方ない理由7:評価

仕事を辞めたくて仕方ない理由のひとつとして、評価に対する不満も含まれるでしょう。 人事評価の基準が曖昧で不明瞭だったり公平性に欠けており、それによって自分の頑張りが正当に評価されていないと感じるのならば、「こんな会社辞めてしまいたい」「もっと正当な評価が受けられる職場に転職したい」と考えるようになります。

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法6つ

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法6つ

以上で見たように、仕事を辞めたくて仕方ない理由は十人十色です。生活が不安定になるほどの低賃金や心身のバランスを崩すほどの長時間労働など、十分に転職に値する理由もあれば、我慢して今の職場に留まったほうがよい理由もあります。 ここからは仕事を辞めたくて仕方ないと感じた時におすすめしたい対処法をご紹介していきますので、今の職場に不満を感じている方はぜひチェックしてみてください。

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法1:やめた時のリスクを考える

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法1:やめた時のリスクを考える

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法としてまずおすすめしたいのが、実際に辞めた時のリスクを冷静になって考えてみるということです。 一時の感情で早まって退社してしまった場合、これまで頑張って築き上げてきたキャリアが台無しになったり、あるいは転職先が見つからず転職活動が長期化して経済的に困窮してしまう可能性も十分にありえます。

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法2:嫌な人とは関わらない

嫌な人とはできるだけ関わらないようにするというのも、仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法のひとつとして挙げられるでしょう。 職場や取引先にいる苦手な人・嫌な人とは、業務上必要な最低限の会話だけに留めておき、それ以外では関わらないようにするのが得策です。 頑張って仲良くなろうとしたりコミュニケーションを取ろうとしてもストレスがたまるだけですので、割り切ってビジネスライクに接しましょう。

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法3:業務改善を上司に相談する

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法3:業務改善を上司に相談する

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法のひとつとして挙げられるのが、業務改善を上司に相談するということです。 到底一人ではこなせないような仕事量を押し付けられていたり、業務内容が自分の能力や適性に全く合っていないことが原因でストレスを感じているのならば、現状を上司に相談し、業務内容の改善をしてくれるよう頼んでみてはいかがでしょうか。 相談することで問題が改善するケースも少なくありません。

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法4:有給をとって休む

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法4:有給をとって休む

思い切って有休を取得して休むというのも、仕事を辞めたくて仕方ない時におすすめの対処法です。 仕事をどうしても辞めたいと感じるのは、心と体が仕事のせいで疲れ切ってしまっているからなので、有休を利用してストレスのたまった心と体を癒しましょう。 睡眠不足ならば思いっきり寝て過ごすのもいいですし、ドライブや旅行に出かけてアクティブにすごし、ストレスを発散するのもおすすめです。

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法5:部署を変えてもらう

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法のひとつとして、部署を変えてもらうということも挙げられるでしょう。 今いる部署の人間関係で悩みがあったり、業務内容や勤務時間への不満があるのならば、部署を異動することで問題が解決することも多いです。 まずは上司に今感じている悩みやつらいことを相談し、ストレスが少なくリラックスして働ける部署への異動をお願いしてみてはいかがでしょうか。

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法6:転職を考える

仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法6:転職を考える

転職を検討するというのも、仕事を辞めたくて仕方ない時の対処法の一つに数えられるでしょう。 上司に業務改善や部署移動に関する相談をするなど、自分にできる範囲内で状態を改善するための努力をしても仕事を辞めたいという気持ちがなくならないのならば、思い切って転職をしてみてはどうでしょうか。 転職を後悔しないように早まって退社せず、ゆっくりと時間をかけて戦略に転職活動を行うことが必要です。

仕事が辞めたくて仕方ない時の対処法を知ろう

仕事が辞めたくて仕方ない時の対処法を知ろう

今回は仕事を辞めたくて仕方ないと感じる理由はその対処法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 仕事を辞めたいからと言って一時の感情で退職すると後悔してしまうことが多いため、まずは自分が今できる事態の改善方法を実践することが大切です。 この記事の仕事を辞めたいと感じた時の対処法を参考にしながら、それを試してみてください。

アクセスランキング