IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職場別薬剤師の平均年収|調剤薬局の薬剤師がより高い年収を目指す方法4つ

転職事情

薬剤師の平均年収は職場などによってさまざまです。より高い年収を得るにはどの職場がいいのか知りたい方も多いのではないでしょうか。この記事では職場別平均年収から年収アップの方法まで紹介していきます。薬剤師としてのスキルアップを目指す方はぜひ読んでみてください。

更新日時:

調剤薬局

調剤薬局は薬剤師が販売・授与などの目的で調剤を行う場所で、医療機関の1つとされています。 都道府県知事の許可を取ってからでないと「薬局」という名称を使用することができません。お医者さんからの処方箋をもとに調剤する「薬局医薬品」を中心に取り扱っている薬局を調剤薬局と呼びます。 また、調剤だけではなくドラッグストアなどで一般的に販売されている医薬品や医療機器、一般雑貨などの販売を行っている薬局もあります。

調剤薬局の主な業務内容

調剤薬局での薬剤師の主な業務内容としては、「調剤」はもちろんのこと、正しい服薬方法を指導する「服薬指導」や患者さんの薬歴を管理する「薬歴管理」などがあります。 「調剤」はただ単にお医者さんからの処方箋のとおりに調剤するのではなく、患者さんがどのような症状でどのような薬を処方されたのかしっかりと確認し、ミスがないように調剤を行っていきます。

患者の応対業務

患者さんの応対業務とは正しい服薬方法を指導する「服薬指導」が主です。薬の服用方法や効能、副作用などの説明を行います。薬についての相談や健康に関する相談に乗ることもあります。 また、処方された薬が正しいものなのか、患者さんと薬はきちんと合っているか、すべての薬を正しく調剤できているかなどのチェックを行う「監査業務」や処方箋の受付から会計までのすべてを薬剤師が担当することもあります。

薬歴簿の作成

薬歴簿は他の病院などで処方されている薬と重複していないか、副作用が起きてしまわないかなどすぐに確認ができるように服用歴を記録しておきます。 薬歴簿には必ず「氏名・生年月日・住所などの患者さん情報」「処方した病院・医師・処方日・処方内容」「患者さんの体質・副作用歴」などの記録をします。 今まで紙媒体で記録を行っていましたが、最近では電子薬歴としてパソコンで記録を行う薬局も増えています。

職場別薬剤師の平均年収

薬剤師の平均年収は550万円程度です。しかし、薬剤師は調剤薬局だけではなく、病院、製薬会社、ドラッグストアなどで働く方もいるため職場によっては平均年収が高い場合もあります。 そこで、調剤薬局、ドラッグストアなど職場別に薬剤師の平均年収を紹介していきます。

職場別薬剤師の平均年収 1:製薬会社

製薬会社で働く薬剤師の平均年収は400万~800万円以上です。製薬会社での収入はとても高いものですが、新規採用のほとんどが営業職で、成果によって年収に差が出てくることになります。 また、営業職であれば薬剤師の資格は必要ではないため、資格を活かすことはできません。なかなか採用してもらえませんが、研究職に就く方が薬剤師の資格を十分に活かすことができます。

職場別薬剤師の平均年収 2:ドラッグストア

ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収は400万~800万円です。ドラッグストアでは管理薬剤師や店長、地方勤務になると年収も高くなる傾向にあります。 また、ドラッグストアでは勤務時間が10時~21時までという長さや利益優先の働き方で年収を上げていくこともできます。「OCT販売型」と「調剤併設型」の2種類あり、「薬剤師手当」「管理薬剤師職への昇進」で収入を上げることのできる「調剤併設型」がおすすめです。

職場別薬剤師の平均年収 3:国公立病院・民間病院

国公立病院や民間病院などで働く薬剤師の平均年収は400万~800万円です。 国公立病院では定期昇給がしっかりあり、福利厚生や残業手当などもあるので収入面では安定していますが、「公務員」という肩書なので調剤以外の勤務へ異動になる場合があります。 民間病院では薬剤室長・部長などの管理職に就くことができれば年収も高くなります。しかし、規模や経営方針によって待遇が違うのでしっかりと調べておく必要があります。

職場別薬剤師の平均年収 4:調剤薬局

調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は400万~700万円です。調剤薬局は、福利厚生がしっかりしていて、休みや引っ越しなどによる転勤・異動などの希望を容易に受け入れてくれるのでとても働きやすいです。 働きやすさ、薬剤師自身の安定志向の考え方から、離職率がとても低く、製薬会社やドラッグストアと比べると年収が低くなる傾向にあります。また、「質より量」を求める大手調剤薬局と比べると中小企業の方が年収が高いです。

調剤薬局で働くメリット・デメリット

調剤薬局は給与形態や職場の雰囲気、働き方など職場によってさまざまで、それぞれにメリット・デメリットがあります。また1人1人感覚が違うため、自分に合う職場を自分でしっかり調べることが必要になってきます。 そこで、知っておくべきメリット・デメリットについて紹介していきます。

調剤薬局で働くメリット

調剤薬局で働くメリットとしては「働きやすい環境」「患者さんと密に関わることができる」「詳しい知識が身につく」などがあります。 調剤薬局では基本シフト制で日曜祝日が休みになる職場もあります。また、1日に対応する処方箋の上限が決められているので残業が比較的少なく働きやすい環境にあるといえます。 患者さんと密に関わることでしっかりとコミュニケーションをとることができ、やりがいを感じることができます。

調剤薬局で働くデメリット

調剤薬局で働くデメリットとしては「特定の診療科知識に偏ってしまうことがある」「職場が狭く、人間関係がこじれると働きづらくなってしまう」などがあります。 総合的な診療を行う病院付近の調剤薬局であれば、さまざまな疾患の処方箋を受け付けるので知識はとても豊富になっていきますが、整形外科や眼科など決まった診療科目の処方箋ばかりだとその疾患についての知識しか増えず、偏った知識になってしまうこともあります。

薬剤師がより高い年収を目指す方法4つ

薬剤師がより高い年収を目指すには「昇進する」「資格手当をもらう」「副業する」「転職する」などの方法があります。 そこで、先述した方法について詳しく説明していきます。

薬剤師がより高い年収を目指す方法1:昇進する

より高い年収を目指す方法の1つ目は「昇進する」です。ドラッグストアや調剤薬局では各店舗の責任者である「管理薬剤師」、病院では「薬剤室長・部長」の職に昇進することで年収を上げることができます。 これらの管理職に就くためにはコミュニケーション能力が必要不可欠となってきます。薬局内、病院内のスタッフだけでなく医師や取引先の担当者とも良好な関係を築いていくために言葉遣いやマナーなどを身に付けておきましょう。

薬剤師がより高い年収を目指す方法2:資格を取得して手当をもらう

高い年収を目指す方法2つ目は「資格手当をもらうこと」です。薬剤師における資格手当は「薬剤師手当」「認定薬剤師資格・専門薬剤師資格取得に伴う資格手当」の2種類あります。 「薬剤師手当」では10万円もの収入となるのに対し「資格取得に伴う資格手当」は2万円ほどの収入となります。

薬剤師がより高い年収を目指す方法3:副業を行う

高い年収を目指す方法の3つ目は「副業を行うこと」です。薬剤師の副業としては「不用品売買」「在宅ワーク」「薬剤師向けアルバイト」などがあります。 「不用品売買」は薬剤師国家試験対策の参考書や薬の辞書などの不用品を売ることです。特に国家試験対策の参考書は薬学生にとても需要があるのですぐに買い手がつく場合があります。 「ランサーズ」などを利用して、薬剤師に特化した仕事を受注することもできます。

薬剤師がより高い年収を目指す方法4:転職する

高い収入を目指す方法の4つ目は「転職すること」です。現在の年収が適正であるのか否か判断し、今よりも収入の高い勤務先に転職することで年収を高くすることができます。 製薬会社やドラッグストアの求人は、忙しい仕事である代わりに好条件のものが多く、頭打ちを起こしにくいという特徴もあります。また、薬剤師が不足している地域の求人、救急病院などの比較的避けられやすい求人も好条件のものが多いのでおすすめです。

薬剤師が登録しておきたい転職サイト:薬キャリ

「薬キャリ」は薬剤師の登録者数No.1の転職サイトで、調剤薬局と病院の取り扱い求人数は業界トップクラスです。また、サイト登録から転職までのスピードも業界最速です。 「薬キャリ」が保有している求人数は2万件ほどで、他大手転職サイトの半分ほどしかありませんが、20社以上の転職サイトと提携しています。提携先の求人まで検索することができ、珍しい求人や非公開求人など自分に合った求人を見つけやすくなります。

調剤薬局の薬剤師の年収について理解を深めよう!

今回は薬剤師の年収について紹介してきました。職場ごとの違いや年収アップについて知識が増えた方もいるのではないでしょうか。この知識を活かして薬剤師としてのスキルアップを目指しましょう。

アクセスランキング