IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職がうまくいかない人の共通点6つ|転職を成功させるコツとは?

転職ノウハウ

転職がうまくいかないと、短い期間で何度も転職を行うことになり、その後の転職活動が不利になってしまうこともあります。転職がうまくいかない人にはいくつかの共通点が見られるため、まずその共通点を自分が持っていないかどうかを知る必要があるでしょう。

更新日時:

20代の平均転職回数は?

20代の平均転職回数は?

20代などの若い世代でも転職を経験している人は多く、仕事をしている人の70%ほどが転職経験があると言われています。また、その転職の平均回数は3回とも言われています。 しかし、あまり転職回数が多いと、ネガティブな印象を与えてしまうため、その後の転職活動が不利になってしまうこともあります。ですが、転職がうまくいかない場合には、その後の転職活動が不利になるとわかっていても、転職が必要となってしまいます。

転職がうまくいかない人の共通点6つ

転職がうまくいかない人の共通点6つ

転職がうまくいかないと、短い期間で何度も転職を行うことになり、その後の転職活動が不利になってしまうこともあります。転職がうまくいかない原因は人によって異なります。しかし、転職がうまくいかない人にはいくつかの共通点が見られることがあります。 そのため、転職がうまくいかない場合には、これらの共通点が自分に当てはまらないか、まずは確認する必要があります。

転職がうまくいかない人の共通点1:やりたいことが明確化してない

転職をする際には、やりたい仕事がある、ステップアップをしたいなど、目的を明確にしておく必要があります。 もし、何となく職場の雰囲気が合わない、何となく自分のやりたい仕事と違うなど、転職目的が曖昧であれば、転職をしてもまた同様の理由で転職を検討するようになってしまいます。 また、このようなタイプは転職の目的がないため、どのような転職をしても成功か失敗か判断できないという共通点もあります。

転職がうまくいかない人の共通点2:応募するときに企業調査をしていない

転職がうまくいかない人の共通点2:応募するときに企業調査をしていない

転職では実際に働いてみないとわからないことも多くあります。しかし、事前に選考を受ける企業のことを調べておくことで、ミスマッチの可能性を下げることはできます。 転職がうまくいかない人によく見られる共通点として、求人情報だけで応募してしまうということがあります。そのため、採用をされても、思っていたような仕事内容ではなかったとミスマッチを繰り返すという共通点があります。

転職がうまくいかない人の共通点3:前職のスキルが活かせない

他業種や他業界へ転職をしても、前職のスキルが全く活かせないということはありません。仕事によって得ている経験は必ずどこかで活かせる場があります。 ですが、そのスキルを活かせない人は転職のたびにすべての経験をリセットしてしまいます。そのため、新しい仕事を始めるときの負担が非常に大きくなります。 その負担を自分に合わない仕事をしていると思ってしまうことで、再び転職をして同じことを繰り返してしまいます。

転職がうまくいかない人の共通点4:自己分析ができていない

転職がうまくいかない人の共通点4:自己分析ができていない

転職がうまくいかない人によくある共通点として、自分のことを自分はよく知っていると思って、転職活動を行う前に自己分析をしないということがあります。 自己分析をしないと、自分にとって適した職業や、仕事の仕方、転職の必要性などを把握することができません。そのため、自分に適した仕事を選ばずに、憧れなどでやりたい仕事を選んでしまうことがあり、何度もミスマッチを起こしてしまいます。

転職がうまくいかない人の共通点5:自分の強みと弱みが分かっていない

上記で述べた通り、転職がうまくいかない人の共通点の1つに、転職活動をする前に自己分析をしないということがあります。 自己分析をしていないと、自分の強みや弱みを正確に把握することもできません。自分の強みや弱みを把握することは、転職活動で企業選びを行う際に非常に重要となります。 自分の強みや弱みを把握できていないと、企業選びに失敗してしまい、採用されてもすぐに転職を検討するようになってしまいます。

転職がうまくいかない人の共通点6:待遇の条件だけで選んでいる

転職がうまくいかない人の共通点6:待遇の条件だけで選んでいる

先に述べた通り、転職がうまくいかない人の共通点の1つとして、求人情報だけで企業選びをしてしまうということがあります。 求人情報には簡単な企業情報と待遇条件くらいしか記載されていません。そのため、その企業をことをもっと知るためには、自分でその企業の情報を集める必要があります。 情報が少ないことによってミスマッチを起こしてまうことはよくあるため、再び転職をしなければいけなくなります。

転職を成功させるコツ

転職を成功させるコツ

転職がうまくいかないことで、何度も転職する人もいます。転職回数が多くなるほどネガティブな印象を与えてしまう可能性は高くなります。そのため、できれば転職経験は少ない方が良いです。 転職がうまくいかない人にはいくつかの共通点があるため、まずは自分がうまくいかない人の共通点を持っていないかを知り、その原因に対して対処することが大切です。

条件の優先順位を明確にする

転職がうまくいかない人の中には、転職の目的が明確になっていない人がいます。そのような人はどのような転職ができれば成功となるかというゴールの設定ができていないため、企業選びの時点でミスマッチを起こしてしまう可能性が高くなります。 そのため、まずは仕事内容や職場環境、労働条件など、転職先に求める条件に優先順位をつけましょう。条件に優先順位があることで、企業選びの判断材料を明確にすることはできます。

情報収集をしっかりとする

転職がうまくいかない人の中には、求人情報だけで転職先を決めてしまう人もいます。求人情報だけでは転職先を決めるには情報量が少ないため、本来であればその企業のホームページを確認するなどして、情報収集する必要があります。 実際に働いてみないとわからないことも多くありますが、企業情報をしっかりと確認することでミスマッチの可能性を下げることはできます。

転職活動の長期化を視野に入れる

転職はミスマッチなどの失敗を起こさないように、慎重な判断が必要なため、企業選びには時間がかかるはずです。そのため、転職活動は長期化することもあります。 ですが、転職がうまくいかない人の中には、求人情報だけで転職先を決めてしまう人もおり、このような人の共通点として、転職先をすぐに決めてしまうということがあります。十分な準備をせずに転職先を決めてしまうため、転職がうまくいかないことも多くなります。

転職がうまくいかない時におすすめのエージェント4選

転職がうまくいかない時におすすめのエージェント4選

転職がうまくいかない人の共通点の1つに、転職サイトなどを使って自分だけで転職を成功させようということがあります。その方法でうまく転職できる人もいますが、できない人もいます。 自分だけでは転職がうまくいかない場合には転職エージェントを利用することがおすすめです。転職エージェントでは求職者と企業のマッチングを行ってくれたり、転職のアドバイスを受けたりすることができます。

転職がうまくいかない時におすすめのエージェント1:doda

dodaはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大転職エージェントのうちの1つとなっていて、求人数も非常に多いです。 また、dodaでは転職活動をする女性のサポートに力を入れていることもあり、女性からの利用満足度が高いことも特徴となっています。

転職がうまくいかない時におすすめのエージェント2:リクルートエージェント

就職活動や転職活動を始める際に、求人情報の数やブランド力、認知度などの高さから、ひとまずリクナビやリクナビNEXTに登録はしておくという人は多いです。また、同様の理由で、転職エージェントを初めて利用する際にもリクルートエージェントを選ぶという人は多いです。 リクルートエージェントの利用者は多いので、転職がうまくいかない人の共通点もよく把握しています。そのため、的確なアドバイスを受けることができます。

転職がうまくいかない時におすすめのエージェント3:ハタラクティブ

転職がうまくいかない時におすすめのエージェント3:ハタラクティブ

ハタラクティブは若い世代に特化した就職支援サイトです。また、若い世代だけでなく、フリーターや既卒、第二新卒などの就職支援にも力を入れています。 ハタラクティブの就職支援では、就活アドバイザーがマンツーマンで対応してくれて、転職活動を丁寧にサポートしてもらえるため、転職活動の進め方がわからないという若い世代におすすめです。

転職がうまくいかない時におすすめのエージェント4:ミイダス

ミイダスは先に述べたDODAと同じ会社が運営している転職サービスです。他の転職サービスとの違いは自分の市場価値を測定することができることです。 測定した市場価値や職歴などによって、企業からのオファーやスカウトメールなどを受けることができるようになります。

転職がうまくいかない人の共通点を参考にしよう

転職がうまくいかない人の共通点を参考にしよう

転職がうまくいかないという人にはいくつかの共通点があります。そのため、転職がうまくいかない人は、まずその共通点を自分が持っていないかどうかを把握し、その共通点に対して、対処をする必要があります。 また、他の転職がうまくいかない人の共通点なども参考にして、次は転職を成功させるようにしましょう。

アクセスランキング