IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

営業職を辞めたい時の対処法5つ|営業が向いていない人の特徴5つ

転職の悩み・不安

営業職で働いている人は多くいますが、辞めたいと感じたことがある人が多くいる職種でしょう。営業を辞めたいと感じる人の特徴として、そもそも営業に向いた性格ではない可能性が挙げられます。ここでは、営業を辞めたいと感じやすい人の特徴などを紹介しています。

更新日時:

営業職とは?

営業職とは、さまざまな業界に存在している職種であり、新たな仕事を契約してきたり、定期的に顧客の元に出向くことが主な仕事内容です。常に人と接する仕事でもあるため、コミュニケーション能力が問われる仕事でもあります。 営業職は比較的転職しやすい職種でもありますが、辞めたいと感じている人が多い職種とも言われています。営業職に転職する場合は自身にあっているかを確認しましょう。

営業を辞めたい主な理由3つ

営業職を辞めたいと考えている人も多くいるのではないでしょうか。辞めたいと考えてしまう理由は人それぞれありますが、精神的に疲れ果ててしまう場合が多いです。 営業職を辞めたいと考えてしまう理由を3つ紹介します。営業職に転職する前に辞めたい理由を把握しておくことで、転職するかしないかの判断材料にすることも可能です。また、転職後に辞めたいと感じてしまうことも軽減できます。

営業を辞めたい主な理由1:クレーム処理

営業を辞めたい主な理由3つ

営業職は営業を行うわけではなく、クレーム処理をさせれられてしまうことも多く、辞めたいと感じやすい業務内容でもあります。クレーム処理をすることは企業にとって欠かせない仕事ですが、長期間クレーム処理をしていると気が病んでしまいます。 なかには根拠がない理由のクレームを入れられてしまうこともあり、対応に困惑してしまいがちです。特に、電話対応のクレーム処理は人間不信になってしまう原因です。

営業を辞めたい主な理由2:営業ノルマ

営業職はノルマが設定されていることが多いです。ノルマとは、ある期間内に達成することを目標とした指標であり、ノルマを達成することができないと低評価を受けてしまいます。月ごとにノルマに追われるため、辞めたい気持ちが芽生えやすいです。 ノルマを余裕でこなすことができる人ならノルマがあることに苦を感じることはありませんが、うまく契約をとれない人からすると常に不安にさせられる要因です。

営業を辞めたい主な理由3:長時間労働

営業職は長時間労働になりやすい職種であるため、残業をすることは日常茶飯事です。そのため、定時で帰りたいと感じてしまっている人も多くいるのではないでしょうか。なかには、残業代も支払われないブラック企業の可能性もあるため、注意しましょう。 営業が長時間労働になりやすい原因は、業務後も接待などをしなければいけないことが大きな理由です。人付き合いが重要な職種でもあるため、断ることは許されません。

営業が向いていない人の特徴5つ

営業が向いていない人の特徴5つ

営業職は誰でもこなすことができる職種ではありません。向いている人もいれば向いていない人もいるため、営業職に転職しようと考えている場合は、自分が向いているのかどうかを確認しましょう。 次に、営業職に向いていない人の特徴を5つ紹介します。向いていない人の特徴が多く当てはまる場合は営業職ではなく、違う職種に転職することをおすすめします。

営業が向いていない人の特徴1:コミュニケーション能力が低い

営業が向いていない人の特徴1:コミュニケーション能力が低い

営業職はコミュニケーション能力が必須であるため、コミュニケーション能力が低い人には向いていない職種です。コミュニケーション能力が低いにもかかわらず、転職してしまうと辞めたいと感じやすくなり、おすすめできません。 コミュニケーション能力を身につけるためには多くの時間と努力が必要になるため、他に適した仕事を探した方がよいでしょう。

営業が向いていない人の特徴2:ストレスに弱い

営業はストレスとなる原因が多くある職種なので、ストレスに弱い人は向いていません。ストレスにより辞めたいという気持ちが強まり、何においてもやる気が芽生えてこなくなってしまいます。 自分なりにストレスの解消法は異なるため、いろいろな方法を試してストレスに打ち勝つ方法を見出してみましょう。営業の人は抱えたストレスに素早く対応できるほどの強さを持っている必要があります。

営業が向いていない人の特徴3:プライドが高い

営業が向いていない人の特徴3:プライドが高い

営業職は顧客と接している際は常に低い姿勢を保たないといけないため、プライドが高い人では営業職は務まりません。仕事内容に不備があり、顧客に謝る場面になってもきちんと謝ることができないと、顧客からの評判が悪くなります。 プライドが高いことが決して悪いことではありませんが、営業職の場合は悪い面が表立ってしまいやすいです。

営業が向いていない人の特徴4:何事にも意欲がない

営業が向いていない人の特徴4:何事にも意欲がない

営業職はノルマを達成する実力主義の職種であるため、何事にも意欲がない人ではノルマを達成することができません。何事にもやる気がない人は営業職以外の職種でも成功することが難しいため、やりがいを見つけるなどしないと常に辞めたいと考えてしまいがちです。 何事にもやる気がない人が営業職で働いている場合は、一つの契約をとるなど目標を立てることで徐々にやりがいを見出すことができます。

営業が向いていない人の特徴5:失敗を引きずる

一度失敗したことを引きずってしまうタイプの人は営業職に向いていないため、他の職種に転職することをお勧めします。失敗することを引きずるのではなく、失敗してしまった原因を突き止め、改善するように努力する人が営業に向いている人材の特徴です。 失敗したことを引きずってしまうと、違う顧客との取引の際に脳裏によみがえってしまい、一歩踏み出す勇気が持てなくなってしまいます。

営業職を辞めたい時の対処法5つ

営業職を辞めたいと思い始め、戸惑っている人も多くいるのではないでしょうか。若者が辞めたいと感じれば転職先もすぐに見つかるため、転職する方法も一つの手ではありますが、年齢を重ねるごとに簡単に転職することができなくなります。 次に、営業を辞めたいと感じてしまった際の対処方法を5つ紹介します。辞めたいと感じても辞めることが難しい状況の人は参考にしてください。

営業職を辞めたい時の対処法1:売れている先輩のセールストークを盗む

営業職を辞めたい時の対処法1:売れている先輩のセールストークを盗む

業績が思わしくなく、営業を辞めたいと感じてしまう場合は先輩の営業トークを真似て業績を高めましょう。業績が向上すればやりがいを見出すことができ、充実したワークライフを送るともできるようになり、辞めたい気持ちが軽減されます。 先輩の営業先に同伴することで自分とは違った営業の仕方を知ることができ、自身に足りなかった部分を知ることも可能です。

営業職を辞めたい時の対処法2:苦手な人との関わりをなくす

辞めたい理由が苦手な人がいる場合の人も多くいるのではないでしょうか。できるだけ苦手な人と接しないようにしましょう。意識的に避けることでストレスの原因をなくすことができます。 しかし、苦手な人が上司であったり、顧客の場合では関わりをなくすことが困難であるため、どうにもならない場合は異動するか転職することをおすすめします。

営業職を辞めたい時の対処法3:他の営業方法がないか考えてみる

営業職を辞めたい時の対処法3:他の営業方法がないか考えてみる

営業の業績に伸び悩んでしまい辞めたいと感じた場合はすぐに辞めてしまうのではなく、違う営業方法を試してみましょう。違う営業方法を行うことで新たな契約がとれる可能性を高めることができ、辞めたい原因であった業績の不振を解決することができます。 営業方法は営業マンによってそれぞれ特徴が出やすい部分であるため、さまざまな営業マンの営業方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

営業職を辞めたい時の対処法4:他の部署に異動できないか上司に相談する

営業を辞めたいが現在の企業で働きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。現在の企業で働きたい気持ちが強い場合は辞めるのではなく、営業職から他の部署に異動することで解決することができます。 しかし、異動することは個人がどうにかできることではなく、まず上司に異動できないか確認してみましょう。上司から人事部に連絡がいき、承認されれば異動することができます。

営業職を辞めたい時の対処法5:転職を考える

営業職を辞めたい時の対処法5:転職を考える

上記で紹介した対処方法ができない場合や、まだ辞めたい気持ちがおさまらない場合は転職することも考えてみましょう。辞めたい気持ちが強いにもかかわらず、いつまでも働いてしまうと後悔することになりがちです。 転職する場合は辞めた後に行うのではなく、働きながら転職活動を行うようにしましょう。また、自身が転職できる可能性があるのかをあらかじめ確認しておくことも大切です。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント10選

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント10選

営業を辞めたいと感じて転職する場合は転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントを利用することで効率よく転職できるだけではなく、再び辞めたい気持ちが芽生えにくい企業に転職することも可能です。 次に、営業を辞めたい際に活用してほしい転職エージェント10選を紹介します。転職に失敗したくない人は参考にしてください。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント1:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、幅広い職種の求人を取り扱っているという特徴があります。営業職はもちろんですが、それ以外の専門職などの求人も紹介されているため、営業以外の職種で働いてみたい人は利用してみてはいかがでしょうか。 幅広い職種を取り扱っているだけではなく、求人者の気持ちになって相談にも受けてくれます。さらに辞めた理由を伝えることで辞めたい気持ちが芽生えにくい企業を紹介してくれます。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント2:doda

dodaは求人情報を紹介しているだけではなく、さまざまなサポートを行ってくれる転職エージェントです。履歴書の作成の仕方や面接対策などを行ってくれるため、内定をもらえる可能性を高めることができます。 初めて転職活動を行う人でも安心して利用することができます。早期に転職先を見つけたい人や内定率を少しでも高めたいと考えている人は利用してみてはいかがでしょうか。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント3:パソナキャリア

営業を辞めたいと感じた理由が、成績を高く評価してくれないことによる人もいるのではないでしょうか。実績を評価してくれない企業に長く働いていても昇格するスピードが遅く、不満を感じてしまうことも少なくありません。 パソナキャリアでは、ハイクラスの求人に特化した転職エージェントであるため、実績を評価されない人は利用してみてはいかがでしょうか。評価してくれる企業で働くことで働く意欲が高まります。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント4:JACリクルートメント

JACリクルートメントは管理職や専門職、ミドル層におすすめの求人を多く紹介している転職エージェントです。若者向けの求人は少ないものの、ミドル層の求人は多く紹介されているため、中年層や中間管理職の経験がある人におすすめです。 営業の仕事を辞めたいにもかかわらず、年齢を原因に転職することを躊躇っている人が、JACリクルートメントの利用により理想の転職先に入社することも夢ではありません。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント5:ビズリーチ

ビズリーチは求人者が求人情報を閲覧して気に入って企業に応募する方法ではなく、企業側が気になる求人者に連絡する仕組みを採用している転職エージェントです。そのため、求人者は転職活動の負担を大幅に削減することができます。 企業側も優秀な人材を短期間で雇うことができるメリットがあります。しかし、スキルが身についている人ではないと効率よく転職活動を行うことができません。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント6:リクルートエージェント

リクルートエージェントはさまざまな種類の転職エージェントが存在しているなか、支援率が業界トップという実績を誇っています。 支援率が高いことは内定が決まる確率も高いことでもあるため、自信がない人は利用してみてはいかがでしょうか。 同じ企業でもリクルートエージェントから応募することでさまざまなサポートを受けることができ、同じ企業を受けたにもかかわらず、結果が異なることも珍しいことではありません。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント7:Spring転職エージェント

営業を辞めた後も営業の仕事をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。そのような人が考えなしで営業職に転職しても、同じように辞めたいと感じてしまうリスクがあります。 Spring転職エージェントでは、業界に精通したコンサルタントと相談できるサービスが行われており、辞めたいと感じにくい営業職に転職することも可能です。営業職が好きな人は利用してみてはいかがでしょうか。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント8:ワークポート

転職エージェントを利用した際に利用するたびに担当するエージェントが変わってしまい、前回の続きの話し合いができないという不満を抱えている利用者もいます。そのような状況に陥らないためにワークポートでは専任制を採用しています。 専任制とは、求人者を担当するエージェントは決められており、次回利用する際にも同じエージェントが担当してくれることです。合わない場合は担当を変えてもらうことも可能です。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント9:ハタラクティブ

ハタラクティブでは、未経験者用の求人を多く紹介している特徴があります。営業職を辞めた後は違う職種で働きたいと考えている人におすすめの転職エージェントです。 未経験であると内定をもらえる可能性が一気に下がってしまうこともありますが、ハタラクティブで紹介されている求人は未経験者優遇であるため、経験者との差が発生しにくいです。専門職に挑戦したい人は利用してみましょう。

営業を辞めたい時に活用したい転職エージェント10:ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは、外資系の求人を多く紹介している転職エージェントであるため、海外で活躍したいと考えている人は利用してみましょう。 海外で活躍するためにはさまざまな知識が備わっている必要があります。自身の海外での市場価値を確認しておくことをおすすめします。 国内と海外では、同じ職種でも仕事内容に大きな違いが生じることもあります。あらかじめ海外と国内の業務内容の違いを把握しておきましょう。

営業を辞めたい時の対処法を知り実践しよう

営業を辞めたい時の対処法を知り実践しよう

営業を辞めたいと感じた場合は、すぐに辞めるのではなくまず対処方法を試してみましょう。 すぐに辞めてしまうことはもったいないことであり、リスクが伴う行動でもあります。特に、長年勤めている企業の場合は、辞めることは後回しにして、違う方法で働くことができないかを考えましょう。 しかし、体や精神に大幅な負担がかかってしまっている状況の場合は、すぐに転職活動を始めることをおすすめします。

アクセスランキング