IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

調剤薬局売上ランキングTOP10|調剤薬局を取り巻く現状と将来性

転職事情

調剤薬局はドラッグストアに対抗すべく新しい取り組みをしています。そこで今回は、調剤薬局売上ランキングTOP10と調剤薬局を取り巻く現状と将来性について言及していきます。調剤薬局売上ランキングTOP10の会社への就職に有利な転職エージェントもご紹介していきます。

更新日時:

調剤薬局とは

薬事法では調剤薬局とは薬剤師が販売・授与などの目的で調剤をおこなう場所です。 調剤薬局は医療法では病院や診療所のように医療機関のひとつに位置づけられています。調剤薬局を開設するには都道府県知事の許可が必要です。この許可がないと調剤薬局という名称は使用できません。

調剤薬局とドラッグストアの違い

調剤薬局は薬局医薬品を中心に扱う薬局のことで、ドラッグストアとは一般用医薬品の他に化粧品・日用家庭用品・文房具・食品などの日用雑貨を取扱う店のことです。 ドラッグストアにははっきりとした定義や法律はありません。薬局の許可を得て調剤をおこなっているドラッグストアもあります。健康保険が利用できる薬局は保険薬局とも呼ばれています。

調剤薬局の現状

調剤薬局はドラッグストアや宅配業者などの台頭により、処方箋の奪い合い競争に巻き込まれています。 ドラッグストアが調剤併設店舗を増やしています。ドラッグストアはさまざまな生活用品を販売するなどの付加価値を加えて調剤薬局に対抗してきています。調剤薬局も業態を多様化したり相談機能の強化などの対抗策を講じています。

調剤薬局の今後の動向

調剤を専門・主体にやってきた調剤薬局はドラッグストアなどに対抗するために店舗の多様化を推進する必要があります。 ドラッグストアの利便性に対抗するために調剤薬局は薬剤師の教育の強化によるしっかりとした服薬指導や健康相談、異業種との連携などをおこない、生活者が店に入りやすい環境作りが望まれています。

調剤薬局売上ランキングTOP10

決算などを参考に調剤薬局売上ランキングTOP10をご紹介していきます。 調剤薬局は人気のあるところが限定されています。ランキング上位の調剤薬局の内容を知ることで、転職活動の参考にしてみましょう。

調剤薬局売上ランキング10位:トーカイ

調剤薬局ランキング10位のトーカイは地域密着型のお店です。 トーカイは地元民が居心地良く過ごせるお店づくりを進めています。患者さんが座って服薬指導を受けられるようになっています。子どもたちにも親しみやすいようにアットホームな雰囲気の調剤薬局を目指しています。 薬剤師に自主性を求めるトーカイは働きがいのある薬局です。チャレンジ精神がある人にとって伸び伸びと仕事ができる職場です。

調剤薬局売上ランキング9位:ファーマライズホールディングス

ランキング9位のファーマライズホールディングスは薬剤師の年収が高く福利厚生がたいへん充実しているため人気が高い企業です。 年収が高い分、仕事がハードな部分もありますが、薬剤師の仕事をばりばりやっていきたい方には最適の職場です。年収600万円という例もあります。 ファーマライズホールディングスは就職の条件がいい分、労働が厳しい部分もありますので事前に転職エージェントなどで内容をよく確認しておきましょう。

調剤薬局売上ランキング8位:アイセイ薬局

ランキング8位のアイセイ薬局は関東地方を中心に介護・福祉サービスも展開している大手の調剤薬局です。 アイセイ薬局はデイサービスや老人ホームに強い薬剤師の育成を強化しています。初任給の高さも話題となっている調剤薬局です。積極的な吸収合併をおこなっていて、マンツーマン体制や施設ごとの薬剤師在籍などを目指している画期的な調剤薬局です。

調剤薬局売上ランキング7位:メディカルシステムネットワーク

ランキング7位のメディカルシステムネットワークは価格交渉代行や決済代行・不動在庫の消化サービスなどのネットワークを駆使したサービスを提供している大手調剤薬局です。 メディカルシステムネットワークは全国に400店舗展開している調剤薬局ですが、北海道エリアが100店舗と特に多いことも特徴のひとつです。開業支援や訪問看護・M&A事業などのチーム医療作りも手掛けている、たいへん将来性のある調剤薬局です。

調剤薬局売上ランキング6位:東邦ホールディングス

ランキング6位の東邦ホールディングスは、調剤事業だけではなく医薬品卸業にも着手している大手企業の調剤薬局です。 東邦ホールディングスはグループ会員の増員や高品質なジェネリック医薬品の提供などを軸として、グループ企業の協力による経営戦略で着実に売上を伸ばしている企業です。

調剤薬局売上ランキング5位:スズケン

ランキング5位のスズケンは中国地方や東名阪を中心にして、医薬品卸業・医薬品製造業・保険調剤薬局業などを展開している老舗の企業です。 調剤薬局としてかかりつけとしての機能を強化しながら技術料を上げて業績を上げています。M&Aをおこないながら店舗拡大を目指しています。他にも経費を抑えた抵コスト戦略や在宅医療や介護などの総合医療にも力を入れています。

調剤薬局売上ランキング4位:総合メディカル

ランキング4位の総合メディカルは、医療機関の経営支援と調剤薬局の運営を軸に展開している調剤薬局です。 総合メディカルは都市部の特に関東地方と九州地方に店舗数が多い調剤薬局です。病院やクリニックに対してコンサルティングの実績を有している企業で、病院との医薬連携に強みがあります。 地域密着型の調剤薬局で学会・学術展開にも躍進しており、健康サポートへの取り組みにも力を入れています。

調剤薬局売上ランキング3位:クオール

ランキング3位のクオールは、年々業績を上げている比較的新しい調剤薬局です。 便利な立地条件に多く出店していることが特徴です。地元のかかりつけ薬剤師と医療機関とのマンツーマンで機能する調剤薬局作りの方法を取り入れているため、やりがいのある仕事が提供されています。ローソンなどの他業種との連携が成功して、安定した業績を上げ続けています。

調剤薬局売上ランキング2位:日本調剤

ランキング2位の日本調剤は、医療従事者の派遣・紹介事業・コンサルティングなどもおこなっている大手調剤薬局です。 全都道府県に出店して高水準の利益を上げています。電子お薬手帳サービスなど、最先端のシステムを取り入れている点も大きな特徴です。医療の質を考えて経営戦略を練っている調剤薬局です。

調剤薬局売上ランキング1位:アインホールディングス

ランキング1位は、売上高・店舗数ともにトップのアインホールディングスです。 人事担当、本社勤務など、薬剤師の企業内でのキャリアプランが充実している点が特徴です。全国展開している店舗数が全国でも群を抜いていて、人材育成や高度医療への取り組みにも力を入れている調剤薬局です。

調剤薬局の仕事に強い求人サイトとは?

調剤薬局ランキングの会社へ就職するために有利な転職エージェントをご紹介していきます。 調剤薬局は全国にたくさんありますし増えているので、就職先としては素晴らしい職場です。転職エージェントを利用して自分の希望条件に沿う就職先を見つけていきましょう。

マイナビ薬剤師

転職エージェント・マイナビ薬剤師は、転職業界最大手のマイナビグループが運営しています。 マイナビ薬剤師は、薬剤師専門の転職支援サービスなので、ランキング入りしている調剤薬局への就職にたいへん有効です。全国の調剤薬局への求人情報を抱えているため地方の支部も多く、求人数が多いことが特徴です。 マイナビ薬剤師はのアドバイザーは面談に力を入れているため、親身なアドバイスで安心して転職活動に専念できます。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは大手調剤薬局チェーンである日本調剤グループが運営している薬剤師転職支援サービスです。 ファマルスタッフの調剤薬局の求人数は圧倒的に多く、他の転職エージェントを大きく凌いでいます。ランキング上位の調剤薬局への就職を希望している方は必須の求人サイトです。面接同行サービスもあります。

ファーマキャリア

転職支援サービスファーマキャリアはオーダーメイド求人ができます。 ファーマキャリアは調剤薬局売上ランキングに入っている企業の求人はもちろんのこと、転職者の希望に沿った求人をオーダーメイドで作る提案力も評価されています。 電話・メールのレスポンスが速く安心できる点も特徴です。優秀な転職コンサルタントが多数在籍しているため、スムーズな転職活動が期待できます。

調剤薬局のランキングを転職や就職に役立てよう

調剤薬局のランキングを参考にして転職や就職を有利に展開させていきましょう。 調剤薬局の転職に必要な要素は調査力です。転職エージェントやランキングを参考に、就職したい先の調剤薬局の企業研究や職場調査を慎重におこなっていきましょう。 転職エージェントではベテランのスタッフが親身になってこちらの質問や就職活動のサポートをしてくれます。大いに利用して、調剤薬局ランキングの職場への転職を成功させていきましょう。

アクセスランキング