IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

派遣薬剤師のデメリット5つ|後悔しない薬剤師派遣求人の探し方

転職事情

派遣薬剤師というと辛いなどデメリットを感じますが、メリットもたくさんあります。なぜデメリットがあるのか、自身にとって逆にプラスにかえられないだろうかと考えることも大切でしょう。派遣薬剤師として長年活躍されている方は多いので、成長するチャンスがあります。

更新日時:

派遣薬剤師

派遣薬剤師

薬剤師としての働き方に派遣薬剤師があります。派遣薬剤師は派遣会社に登録をし、希望条件に見合った職場を派遣会社に紹介してもらいます。 正社員としてではなく、派遣薬剤師として活躍している薬剤師は多いです。薬剤師のパートやアルバイトよりも、時給が高いことも多く稼ぎやすい傾向があります。 育児休暇中の薬剤師が戻ってくるまでの間の人員が欲しいなど、さまざまな現場で派遣薬剤師が必要とされています。

派遣薬剤師のデメリット5つ

派遣薬剤師のデメリット5つ

派遣薬剤師はさまざまな現場で活躍していますが、デメリットがあります。デメリットを理解したうえで、派遣薬剤師として勤務しましょう。 実際派遣薬剤師として働き始めて考えていたよりも辛かった、こんなはずではなかったと後悔される方もいます。後悔しないよう、どんな点に注意する必要があるか知っておいてください。

派遣薬剤師のデメリット1:忙しい職場が多い

人手が足りないから手を貸してほしいと、派遣薬剤師を求める場合があります。育児休暇を取得している薬剤師の代わりに来てほしい、近くに病院ができて人手が足りないときに派遣薬剤師を活用しようと考えます。 そのため派遣薬剤師の勤務先は、忙しい職場が多いです。ブランクがありゆっくり働きながら勘を取り戻したい人や、経験が少なく薬剤師の仕事に慣れていないという方には不向きでしょう。

派遣薬剤師のデメリット2:キャリアアップが難しい

派遣薬剤師は正社員と違い、キャリアアップが難しいと言われています。勤務年数が長くなり経験が増えてくると、マネジメント業に携わる薬剤師も多いです。店舗の代表を任されたり、複数の店舗を支えるマネージャーとキャリアアップをしていきます。 派遣薬剤師はマネジメント業に関わることは難しいです。ずっと調剤をしているなど、毎日同じ作業の繰り返しで飽きたと感じる薬剤師もいるといわれています。

派遣薬剤師のデメリット3:契約期間が決まっているため患者と関係構築ができない

定期的に利用される患者さんも多く、段々と患者さんとの関係構築ができます。しかし契約期間が決まっている派遣薬剤師は、患者さんとの関係構築ができる前に契約期間が終了することがあります。 患者さんと日々話をして悩みを知ることができます。処方するうえで注意してほしいことや、留意することを知ることでスムーズな関係を築けます。時間をかけてゆっくり患者さんと仲良くなることは難しいでしょう。

派遣薬剤師のデメリット4:雇用契約が守られない事も

はじめ朝から夕方までと聞いていたところ、実際働きはじめると夜まで残業させられるケースがあります。聞いていた雇用契約とは異なり守られないことがあるので注意しましょう。 雇用契約を守ってほしいと伝えても耳を貸してもらえない場合は、登録している派遣会社に相談しましょう。派遣会社から伝えてもらったところ、雇用契約が守られることもあります。しかし必ずしも守られるとは限らない点が派遣薬剤師のデメリットでしょう。

派遣薬剤師のデメリット5:派遣薬剤師への風当たりが強い職場がある

派遣薬剤師をよいように思わず、風当たりが強い職場がある点もデメリットです。正社員よりも良いイメージがなく、責任のない働き方をしていると責任感を問われることがあります。 派遣だからやる気がない、仕事ができないだろうと評価されず見下される点もデメリットです。人間関係がうまくいかず、ストレスをかかえながら仕事をしている派遣薬剤師もいます。職場によって当たり外れがあるという点もデメリットでしょう。

派遣薬剤師のメリット5つ

派遣薬剤師のデメリットをあげましたが、デメリットだけではなくメリットもあります。デメリットはあっても、メリットがあるからと派遣薬剤師として長年活躍されている方もいます。 デメリットとメリットそれぞれ理解し、自身は派遣薬剤師として働くことに向いているか、やりがいを感じられるか考えましょう。

派遣薬剤師のメリット1:勤務条件を選ぶ事ができる

朝から夕方まで働きたい、土日祝日は休みにしてほしい、週末だけ働きたいといったように派遣薬剤師は勤務条件を選ぶ事ができます。子育てをしながら無理なく働きたい、ブランクがあるので徐々に慣れていきたいと、自身のペースにあわせて勤務ができます。 正社員の薬剤師だと朝から晩まで1日中働いたり、休日も人手が足らず出勤することがあります。体力が続かず退職される方もいる中、勤務条件を選べるのはメリットでしょう。

派遣薬剤師のメリット2:正社員以上に高給の場合もある

各派遣先によって異なりますが、正社員以上に高給の場合があります。人手が足らずすぐに来てほしいなど、切羽詰まっている場合に良い条件を出して派遣薬剤師を求めることが考えられます。 数年働いている正社員の薬剤師よりも高給で、お給料のことを考えるとメリットを感じ派遣薬剤師を辞められないという方もいます。お給料にも条件を出して派遣先を探してもらえるため、メリットを感じやすいです。

派遣薬剤師のメリット3:サービス残業がない

派遣薬剤師には残業をさせない、残業をさせてもお給料をその分つけると定めている勤務先があります。正社員の薬剤師ですと、毎日サービス残業をすることも珍しくありません。サービス残業がなく、働いた分だけしっかりお給料をもらえるのでやりがいを感じます。 サービス残業がないと聞いていたのに、サービス残業をさせられた場合は登録している派遣会社に相談しましょう。

派遣薬剤師のメリット4:さまざまな職場を体験できる

派遣薬剤師のメリットとして、さまざまな職場で働くことができる点が大きいです。各職場によって雰囲気が異なり、患者さんとの関わり合い方も違うため勉強できることが多いです。さまざまな職場を体験し、薬剤師として腕を磨くことができます。 忙しい職場に派遣されるなどデメリットを感じることもありますが、自身の成長につながると考えられるでしょう。

派遣薬剤師のメリット5:人間関係が煩わしければ転職できる

派遣先でいったん働いてみたものの、派遣に対しての風当たりが強いなどデメリットを感じ悩むことがあります。しかし人間関係が煩わしければ転職ができます。無理して勤務を継続する必要がない点も派遣薬剤師のメリットです。 少々のことであれば目をつむる必要もありますが、食事がとれない、夜眠れないと強いストレスを抱えているときは、転職も視野に入れて登録している派遣会社に相談しましょう。

後悔しない薬剤師派遣求人の探し方

派遣薬剤師として活躍するために、後悔しない求人を探す必要があります。デメリットを感じず、メリットがいっぱいの職場だとやりがいがあるでしょう。 派遣薬剤師の求人を紹介してくれる、各薬剤師サイトに登録する方法が注目されています。各方法について紹介します。

後悔しない薬剤師派遣求人の探し方:大手の薬剤師サイトに登録する

派遣薬剤師として活躍するために、自身にとって好条件の求人を紹介してもらうのが近道です。そのためたくさん求人情報を持っている、大手の薬剤師サイトに登録しましょう。 大手薬剤師サイトは、正社員の薬剤師やパートやアルバイトの薬剤師求人情報以外に、派遣薬剤師の求人情報をたくさん持っています。朝から夕方まで働きたい、週3程度で頑張りたいなどわがままいっぱい条件を伝えても、条件に見合う求人を紹介できる環境です。

登録しておきたい転職サイト:薬キャリ

薬キャリは派遣薬剤師の求人をたくさん持っています。働きやすい環境を整えてくれる強い味方です。 路線から選ぶ、時間から選ぶ、こだわりの条件から選ぶとさまざまな条件を出すことができます。ママさん薬剤師にもおすすめなど、働くママを応援してくれる求人情報もあります。小さいお子さんがいらっしゃる方や、結婚してからしばらく休んでいた方も活用できるサイトです。

派遣薬剤師のデメリットについて理解を深めよう!

派遣薬剤師というと忙しい、風当たりが強いなどデメリットを感じるでしょう。しかしデメリットだけではなくメリットもあり、実際派遣薬剤師として長年頑張っている方もいます。 なぜデメリットを感じるのか理解を深め、デメリットをメリットでカバーできないか、自身によってプラスに変えることができないか考えてみましょう。 各職場の良い面を吸収し、薬剤師として腕を上げている方がたくさんいます。

アクセスランキング