IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職スタイルのメリット・デメリット|おすすめの転職エージェント5選

転職ノウハウ

転職活動のやり方は自分に適したものでないと、効率良く転職活動が進まなくなってしまうこともあります。そのため、転職活動のやり方や、そのメリットやデメリットを把握して、自分に合った転職活動の方法を事前に見つけておく必要があります。

更新日時:

平均的な転職活動期間

平均的な転職活動期間

人によって理由は異なりますが、転職を決断する人は増えてきています。転職をする際には転職活動を行うことになりますが、まずはその転職活動をやり方を決めなければなりません。 転職活動のやり方で決めなければいけないことはいろいろありますが、転職活動には時間がかかるため、仕事を辞めて転職活動を行うか、仕事を続けながら転職活動を行うかで悩んでしまう人は多いです。

3~6カ月が転職活動期間の目安

転職活動を始める人はすでに把握していることが多いですが、転職では企業選びや選考期間、現職の退職手続きなどがあるため、転職にはある程度の時間がかかります。人にはよりますが3~6カ月が転職活動期間の目安とされています。 仕事を辞めて効率の良い転職活動のやり方をすれば早く転職先が決まる可能性はあります。しかし、仕事を辞めて転職活動を行うやり方にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

転職スタイルの2つのメリット・デメリット

転職スタイルの2つのメリット・デメリット

上記で述べた通り、仕事を辞めて転職活動を行うやり方にはメリットもあればデメリットもあります。しかし、仕事を続けながら転職活動を行うやり方にも、メリットとデメリットがあります。 そのため、仕事を辞める、辞めないの転職活動のやり方を決める前に、まずは両方のメリットとデメリットを把握して、自分に合った転職活動のやり方を把握しておく必要があります。

転職スタイルのメリット・デメリット1:先に仕事を辞めてから転職する場合

転職スタイルのメリット・デメリット1:先に仕事を辞めてから転職する場合

転職活動をする際には、まず仕事を辞めて転職活動を行うか、仕事を続けながら転職活動を行うか、転職活動のやり方を決める必要があります。 上記で述べた通り、先に仕事を辞めてから転職活動を行うやり方は、効率良く転職活動を進めることができますが、デメリットも十分に把握しておく必要があります。

先に仕事を辞めてから転職する場合:メリット

先に仕事を辞めてから転職活動を行うやり方では、仕事に行かなくて良いので、転職活動のための時間を十分に確保できるという大きなメリットがあります。 転職活動の時間を確実に確保できることで、企業研究や業界研究などの情報収集にまとまった時間を使うことができ、面接などのスケジュールも立てやすいです。そのため、スムーズに転職活動が進み、早く転職先が決まることもあります。

先に仕事を辞めてから転職する場合:デメリット

先に仕事を辞めておくことで、仕事をしなくて良い分、転職活動に時間を使うことができます。しかし、仕事を辞めてしまうことで、収入が大きく減ってしまうという人は多いです。 先に述べた通り、転職活動にかかる期間の目安は3ヶ月から6ヶ月ほどです。人によってはさらに時間がかかってしまうこともあります。その期間の収入がなくなってしまうことで、金銭面で苦しい思いをしてしまう人もいます。

転職スタイルのメリット・デメリット2:仕事を辞めずに転職活動する場合

転職スタイルのメリット・デメリット2:仕事を辞めずに転職活動する場合

先に仕事を辞めて転職活動を行うやり方では時間が確保できるものの、金銭面で苦しい思いをしてしまう可能性があるというデメリットがあります。 そのデメリットを回避するために、仕事を辞めずに転職活動を行うというやり方もあります。ただし、仕事を辞めずに転職活動を行う場合にもメリットとデメリットがあります。

仕事を辞めずに転職活動する場合:メリット

上記で述べた通り、仕事を辞めずに転職活動を行うやり方であれば、収入を減らすことなく転職活動を続けることができるため、金銭面でのリスクを回避することができます。 また、転職をするまでには業務の引き継ぎや退職の手続きを行う必要もあります。仕事を続けていれば、転職活動を行いながら、これらの退職の準備も進めることができます。

仕事を辞めずに転職活動する場合:デメリット

仕事を辞めずに転職活動を続けるやり方では金銭面のリスクを避けることができるという大きなメリットがあります。しかし、仕事をしながら転職活動を行うやり方では、仕事をしなくてはいけないため、転職活動をする時間がなかなか確保できません。 そのため、面接の時間が合わなかったり、面接のために有給を利用しなくてはいけなくなったりなどします。また、転職活動の時間が確保できないことで転職活動が長期化しやすくなります。

志望分野の条件や現職の業務状況で手順を決める

転職活動を始める際に仕事を辞めるか続けるかを決めることも重要ですが、転職活動を始める前に転職活動を行うための準備を整えておくことも重要です。 転職の志望分野によっては先に資格の取得が必要な場合もあります。また、先に述べた通り、転職をする前には業務の引き継ぎなどを行う必要もあります。 そのため、転職までに何を、いつまでに、どのようにして済ませておくかをスケジュール化しておくようにしましょう。

おすすめの転職エージェント5選

転職活動では転職エージェントを利用する人も増えてきています。しかし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。 そのため、転職エージェントを利用して転職活動を行う際には、自分の求める転職条件や、転職活動のやり方などに適した転職エージェントを利用する必要があります。

おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

就職活動や転職活動を始める際には求人情報の数の多さやブランド力、認知度などの高さから、ひとまずリクナビやリクナビNEXTに登録しておくという人は多いです。 また、同様の理由で、転職エージェントを初めて利用する際にもリクルートエージェントを選ぶという人も多いです。 リクナビやリクナビNEXTと同様に、リクルートエージェントにも多くの求人情報が集まっているため、転職条件に合った企業が見つかりやすいです。

おすすめの転職エージェント2:パソナキャリア

おすすめの転職エージェント2:パソナキャリア

パソナキャリアは求人情報の取り扱い数が業界でもトップクラスで、キャリアアドバイザーも高い専門性を持っているため、人気のある転職エージェントとなります。 パソナキャリアはもとは派遣事業をメインとしていました。そのため、企業と人をうまくマッチングしたり、企業に人を送り出すノウハウがあり、サポートが丁寧なため、転職活動のやり方についてアドバイザーに相談しても良いでしょう。

おすすめの転職エージェント3:マイナビエージェント

リクナビと同様に、マイナビもブランド力や認知度が高いため、転職エージェントはひとまずマイナビエージェントを選ぶという人も多いです。 マイナビエージェントとリクルートエージェントは事業規模やサービス、認知度などが近く、よく比較されます。そのため、両方に登録して実際に使い勝手を試すという人もいます。 転職エージェントには複数登録を禁止しているものもありますが、この2社では複数登録が禁止されていません。

おすすめの転職エージェント4:doda

おすすめの転職エージェント4:doda

dodaはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大転職エージェントのうちの1つとなっていて、取り扱っている求人数も非常に多いです。 また、dodaでは転職活動をする女性のサポートにも力を入れています。そのため、女性からの利用満足度が高いことも特徴となっています。

おすすめの転職エージェント5:JACリクルートメント

JACリクルートメントも大手3大転職エージェントの1つで、ハイクラス転職に特化した転職エージェントです。また、JACリクルートメントの持つ特徴として、アドバイザーが求職者と企業の両方を担当します。 そのため、段取りがスムーズになったり、求職者と企業のアドバイザー同士で意見が異なったりなどすることがありません。また、外資系企業や海外への転職もサポートしてくれます。

転職のやり方について理解を深めよう!

転職のやり方について理解を深めよう!

転職を決断する人は増えています。しかし、転職を行う前には、転職までのスケジュールを立てたり、仕事は辞めるのか、続けるのかなどの転職活動のやり方について考えておく必要があります。 自分に適した転職活動のやり方をしないと、効率良く転職活動が進まなくなってしまうこともあります。そのため、転職活動のやり方のメリットやデメリットを把握して、自分に合った転職活動の方法を見つけるようにしましょう。

アクセスランキング