IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

入社3年目で転職するメリット・デメリット4つ|転職を検討するポイント

転職ノウハウ

入社3年目は転職に踏み切る割合が最も高い時期です。この記事では入社3年目での転職をお考えの方のために、そのメリットとデメリットの両方について徹底解説しています。また併せて、転職を検討すべきポイントについてもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

更新日時:

入社3年目の転職は最も割合が多い

入社3年目の転職は最も割合が多い

入社1・2年目は仕事に慣れるのが大変で、将来についてあれこれと考える余裕はなかなか持てないことでしょう。 ですが、入社3年目にもなると仕事にも慣れ時間的にも精神的にも余裕ができるため、今後のことについて考えを巡らせるようになることでしょう。 転職に踏み切るタイミングとしては入社3年目が最も割合が高いと言われており、それゆえ3年目はキャリアの分岐点のひとつであると言えます。

入社3年目はどんな時期?

そもそも、入社3年目とはどのような時期にあたるのでしょうか。入社3年目は、右も左もわからず学生気分が抜けきらない「ひよっこ」から脱皮して、一人前のビジネスパーソンとして認められる時期に当たります。 入社1・2年目は先輩や上司に教わったり指導されることが多いですが、3年目にもなる職場に貢献できるような人材に成長することが可能です。 そして、新たなキャリアに挑戦すべく転職を検討する時期でもあるでしょう。

入社3年目で転職するメリット4つ

入社3年目で転職するメリット4つ

入社3年目で転職することには、さまざまなメリットがあります。転職はその後のキャリアや人生を大きく左右すると言っても過言ではないため、メリットが多く適切なタイミングに転職に踏み切りたいものでしょう。 ここからは、入社3年目で転職することのメリットについて詳しくご紹介していきます。 転職をお考えの方は、ぜひ以下を参考にしながら転職の時期について考えてみてください。

入社3年目で転職するメリット1:3年間在籍した実績がある

入社3年目で転職するメリットとしてまずご紹介したのが、3年間きちんと在籍したという実績があるということです。 入社1年目で転職をした場合「根性がない」「採用してもどうせすぐに辞める」と採用担当者からマイナスの判断をされてしまいやすいものですが、入社3年目ならば3年間しっかりと勤め上げたという実績があるため、転職で不利に働くことはありません。

入社3年目で転職するメリット2:スキルや経験が身についている

スキルや経験が身についているということも、入社3年目で転職するメリットのひとつとして挙げられるでしょう。 入社3年目にもなると一人前のビジネスパーソンとしてある程度のスキルや経験・知識を身につけることができており、企業からすると即戦力として活躍してもらえると期待感がもてるので、転職市場では価値が高くなります。 そのため、転職活動がスムーズに進みやすいでしょう。

入社3年目で転職するメリット3:新たな職種・業種に挑戦できるタイミング

入社3年目で転職するメリットのひとつとして、新たな職種や業種に挑戦できるちょうどよいタイミングであるということも挙げられます。 一般的に転職市場では30半ばを越えると市場価値が落ちると言われていますが、入社3年目は最も市場価値が高い時期のひとつであり、伸びしろがあると企業に判断されるため異業種・異分野にも果敢に挑戦することが可能です。 自分のキャリアを開拓するのに適した時期であると言えるでしょう。

入社3年目で転職するメリット4:転職先を見定める力がついている

入社3年目で転職するメリット4:転職先を見定める力がついている

転職先を見定める力がついているというのも、入社3年目に転職することのメリットのひとつです。 入社1年目だと社会人になりたてで企業の善し悪しを見定めることが十分にできませんが、入社3年目になると働きやすい職場環境や社員のことを考えた労働環境を提供している企業を見定める目を養うことができています。 そのため、企業選びで失敗するリスクを減らすことができるでしょう。

入社3年目で転職するデメリット4つ

入社3年目で転職するデメリット4つ

以上でご紹介したように、入社3年目で転職をすることにはさまざまなメリットがあると言えるでしょう。 しかし、それにも関わらず入社3年目で安易に転職に踏み切ってしまうと失敗してしまう可能性も十分にあり得ます。 ここからは入社3年目で転職をすることで生じるリスクやデメリットについてご紹介していきますので、転職に失敗しないためにぜひチェックしてみてください。

入社3年目で転職するデメリット1:新たな会社で研修が十分に行われない可能性がある

入社3年目で転職するデメリット1:新たな会社で研修が十分に行われない可能性がある

入社3年目で転職するデメリットとしてまず考えられるのが、転職先で研修が十分に行われない可能性があるということです。 企業の中には、「中途採用者は十分にスキルや経験を積んできているから教育や研修の必要がない」と考えているところも少なくなく、それゆえ転職後に十分に研修も受けられないまま未知の業務内容をこなさなければならない場合もあり得ます。 そうなると、転職先に適応するのが難しくなるでしょう。

入社3年目で転職するデメリット2:即戦力として審査される

入社3年目で転職するデメリット2:即戦力として審査される

即戦力として審査されえるというのも、入社3年目で転職するデメリットのひとつとして挙げられるでしょう。 企業側は中途採用者に対して、新卒者のような教育のコスト・時間がかからずすぐに即戦力として活躍してもらえるというメリットを見出しているため、入社3年目と比較的社会人経験が浅かったとしても、即戦力としての役割を期待されます。 即戦力として自分をアピールできなければ、不採用になってしまうでしょう。

入社3年目で転職するデメリット3:新卒と同じ扱いをされることがある

入社3年目で転職するデメリット3:新卒と同じ扱いをされることがある

入社3年目で転職をするデメリットのひとつに、新卒と同じ扱いをされるということも数えられるでしょう。 企業によっては、入社3年目はまだまだ社会人として「ひよっこ」であり、一人前のビジネスパーソンになれていないと判断するところもあるため、場合によっては新卒と一括りにされてしまうこともあります。 そうなるとプライドが傷ついたり、居心地の悪い思いをすることでしょう。

入社3年目で転職するデメリット4:年収や待遇が下がる可能性がある

入社3年目で転職するデメリット4:年収や待遇が下がる可能性がある

年収や待遇が下がる可能性があるというのも、入社3年目で転職するデメリットのひとつとして含まれるでしょう。 転職によってキャリアアップや年収アップを着実に実現できるのは、高いスキル・経験や高学歴を持つ一部の人に限られており、転職によって年収や待遇が下がってしまう人も多いのが現実です。 転職によって今よりよい条件を得られると期待感を持ちすぎると、それが叶わなかった時にがっくりくるでしょう。

入社3年目で転職を検討するポイント

入社3年目で転職を検討するポイント

入社3年目は転職を考える人が増える時期であり、キャリアにおける一つの分岐点であると言えます。 「やりたい仕事を任せてもらえない」といった不満から転職を考えていたとしても、あと数年今の会社で頑張れば、自分の望む仕事を任せてもらえるようになることもあるでしょう。 では、反対に転職を検討すべき場合とはどのようなものなのでしょうか。ここからは、入社3年目で転職を検討するポイントをご紹介していきます。

キャリアプラン通りに進まない

まず、キャリアプラン通りに進まないならば入社3年目であっても転職を検討したほうがよいでしょう。 自分の思い描いたキャリアプランを実現すべく、自分にできる範囲内での努力はすべてやっているのに、それが進まないどころか実現できる可能性がどんどん減ってしまっているのならば、早めに今の会社に見切りをつけて転職したほうがベターです。

このまま働いてもキャリア成長が望めない

このまま働いたとしてもキャリア成長が望めないというのも、転職を検討すべきポイントのひとつでしょう。 今の会社に留まっても自己成長を遂げられる可能性がなく、キャリアにとって何のプラスにもならないと判断したのならば、転職をしてキャリアアップを実現したほうが得策です。

ワークライフバランスが保てない

ワークライフバランスが保てないというのも、転職を検討すべきポイントです。 長時間労働が常態化していたり、休日数が少なく仕事と生活を両立させることができないのならば、心身の健康と人生の幸福度のことを考えて、思い切って転職をしたほうがよいでしょう。

入社3年目は転職を考えるタイミングである

入社3年目は転職を考えるタイミングである

今回は入社3年目で転職するメリットやデメリットや転職を検討するポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 入社3年目はキャリアの分岐点であり転職を考えるタイミングでもありますので、自分の将来やキャリアプランについてよく考え、転職に関しても慎重に行動をしたいところです。 転職を決断したのならば、キャリアアップに向けて戦略的に転職活動を行いましょう。

アクセスランキング