IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

2年目で会社を辞めたいと思う理由|辞めるメリット・デメリット

転職の悩み・不安

入社2年目で会社を辞めたいと考えている社会人の方は意外と多いのではないでしょうか。この記事では2年目で会社を辞めたいと思う理由に加えて、2年目で退職をすることのメリットとデメリットについてもご紹介しています。転職をお考えの方はぜひご覧ください。

更新日時:

2年目で会社を辞めたいという人は多い

2年目で会社を辞めたいという人は多い

入社1年目は右も左もわからない状態で目の前の仕事をこなすことに必死なため、良くも悪くも将来について考える時間も余裕がありません。 2年目になるとある程度職場の環境にも仕事にも慣れてくるため、「このままこの会社にいてよいのだろうか」と不安に感じたり、「いっそのこと会社を辞めたい」と考える人も増えてきます。 この記事では2年目で会社を辞めたいと思う理由などについて解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

2年目で会社を辞めたいと思う理由8つ

2年目で会社を辞めたいと思う理由8つ

そもそも、世の社会人はどうして入社2年目で会社を辞めたいと感じるのでしょうか。ここからは、2年目で会社を辞めたいと感じる主な理由を8つピックアップしてご紹介していきます。 入社2年目で仕事を辞めたいと感じる社会人は、以下で取り上げるようなことで悩みを抱えたり、ストレスを感じています。 会社を辞めたいと考えている2年目の社会人の方はご自身が以下のような状態に当てはまっていないかチェックしてみてください。

2年目で会社を辞めたいと思う理由1:成長できない

2年目で会社を辞めたいと思う理由1:成長できない

2年目で会社を辞めたいと感じる理由としてまず挙げられるのが、これ以上この会社に留まっても成長できる気がしないということです。 新人教育を全く行わず、新入社員を育てるつもりの一切ない企業も残念ながら存在しており、そのような企業に入社すると「このままこの会社にいても育ててもらえない」と不満を抱き、辞めたいと感じるようになるでしょう。 自己成長への期待感が強く、向上心のある人ほど辞めたいと思うはずです。

2年目で会社を辞めたいと思う理由2:価値観の変化

価値観が変化したというのも、入社2年目で会社を辞めたいと感じる理由のひとつとして挙げられるでしょう。 社会人になると今まで経験したことのないことを経験したり、出会ったこと・接したことのない人や考えと触れ合う機会が増えるため、学生時代の価値観が良くも悪くも変化することが多いと言えます。 学生時代には今の会社に魅力を感じていたけれど、社会人になってから価値観が変化し、魅力を感じなくなることも多いでしょう。

2年目で会社を辞めたいと思う理由3:仕事内容が面白くない

2年目で会社を辞めたいと思う理由3:仕事内容が面白くない

2年目で会社を辞めたいと感じる理由のひとつに、仕事が面白くないということも含まれるでしょう。 仕事にやりがいや楽しさを感じることが全くなく、むしろ与えられた仕事をこなすのに強いストレスを感じているのならば、入社2年目にして会社を辞めたいと考えるのも無理はありません。 ですが、多くの場合やりがいのある仕事を任せてもらえるようになるのは中堅社員になってからですので、2年目の新人時代には我慢も必要でしょう。

2年目で会社を辞めたいと思う理由4:残業が多い

2年目で会社を辞めたいと思う理由4:残業が多い

残業が多いというのも、入社2年目で会社を辞めたいと感じる理由のひとつに数えられるでしょう。 入社前は残業の少ないクリーンな労働環境だと聞いていたのに、実際に入社してみると残業続きで、サービス残業を強いられることもあるのならば会社を辞めたいと感じるのも当然です。 とりわけ最近の若い世代は労働者としての権利意識が高く、昭和世代のようにサービス残業を受け入れない傾向にあるため、会社を辞めたいと思うでしょう。

2年目で会社を辞めたいと思う理由5:長時間労働に耐えられない

2年目で会社を辞めたいと思う理由5:長時間労働に耐えられない

入社2年目で会社を辞めたいと感じる理由のひとつに、長時間労働に耐えられないということも含まれるでしょう。 朝から夜遅くまで働きづめでろくに休憩を取ることもできず、帰宅すると同時に意識を失うようにして眠りに落ちては、十分な睡眠時間を確保できないまま再び出社しなければならないのならば、会社を辞めたいと思うのも仕方ありません。 健康を守るために、今よりもっと労働条件のよい企業に転職をするのも当然です。

2年目で会社を辞めたいと思う理由6:今の仕事に適性がないとわかった

2年目で会社を辞めたいと思う理由6:今の仕事に適性がないとわかった

今の仕事や業界に適性がないとわかったというのも、入社2年目で会社を辞めたいと感じる理由のひとつでしょう。 学生時代は今の業種や会社での業務内容に憧れを抱いていたものの、実際に働いて見ると自分の能力や適性に合っていないと感じるようになったというケースも少なくありません。 今の会社にいては十分に自分の能力を活かすことができず、仕事を十分にこなせないことにストレスを感じるならば、辞めたいと思うはずです。

2年目で会社を辞めたいと思う理由7:他にやりたいことが見つかった

入社2年目で会社を辞めたいと思う理由のひとつとして挙げられるのが、他にやりたいことが見つかったということです。 学生時代に考えていたやりたいことは、実際に社会人として働き始めるようになってから往々にして変化するものであり、仕事を通じてさまざまな経験をつんだりいろんな人と出会うことで、今の会社ではできないことをやりたいと感じるようになることもあります。 このように前向きな理由で会社を辞める人もいます。

2年目で会社を辞めたいと思う理由8:職場の人間関係で悩みがある

2年目で会社を辞めたいと思う理由8:職場の人間関係で悩みがある

職場の人間関係に耐えられないというのも、入社2年目で会社を辞めたいと感じる理由のひとつでしょう。 自分からコミュニケーションを積極的にとるように努力したり、笑顔で接するように心がけても職場で良好な人間関係を築くことができず、パワハラやセクハラを受けたり陰湿ないじめを受けてしまったのならば、会社を辞めたいと感じるのも当然です。 職場の人間関係に悩み、そこから逃げるために転職をする人も多いでしょう。

2年目で会社を辞めるメリット

以上で見たように、入社2年目で会社を辞める理由は十人十色です。今の職場に対する不満といったネガティブな理由で辞めたいと感じる人もいれば、やりたいことが見つかったからというポジティブな理由で退職を決心する人もいることでしょう。 では、入社2年目で会社を辞めることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここからは、2年目で会社を辞めることのメリットをご紹介していきますので、ぜひご参考ください。

第二新卒として転職活動できる

第二新卒として転職活動できる

2年目で会社を辞めることのメリットとしてまずご紹介したいのが、第二新卒として転職活動が行えるということです。 業界や職種によっても異なってきますが、一般的には転職活動を成功させるためには30代までが限界であると言われており、第二新卒のように若く伸びしろがある人材ならば転職活動を有利に進めることができます。 今の会社を辞めたいと感じたならば、第二新卒として転職できるうちに辞めたほうがよいでしょう。

社会人の基礎ができてきると判断されやすい

社会人としての基礎ができていると採用担当者から判断してもらえるというのも、2年目で会社を辞めることのメリットとして挙げられるでしょう。 新卒の場合は実質的に学生と変わらず、いちから教育をするために時間もコストもかけなければなりませんが、入社2年目ならばある程度ビジネスパーソンとしての基礎ができていると思われるため、企業側は採用に前向きになります。 転職市場で価値が高くなりやすいと言えるでしょう。

2年目で会社を辞めるデメリット

以上で見たように、入社2年目で会社を辞めて転職活動をすることにはメリットがあります。 ですが、2年目というのは入社したて同然と考える人も少なくありません。短期間で会社を辞めてしまうと判断され、転職活動が難しくなってしまうというデメリットがあるのもまた事実です。 ここからは2年目で会社を辞めてしまうことで生じるリスクやデメリットについて詳しくご紹介していきます。 転職に踏み切る前に、ぜひ以下をチェックしてみてください。

経験不足と判断されることがある

2年目で会社を辞めることのデメリットとしてまず考えられるのが、ビジネスパーソンとして経験不足であると判断されやすいということです。 入社2年目だと、悪い言い方をすればまだビジネスパーソンとしては「ひよっこ」の状態であり、企業側からするとそのような人材を採用するよりも、より経験豊富な人材を採用したいと考えるものでしょう。 企業にアピールできる強みやスキルがなければ転職活動が難航してしまうこともあります。

人間関係を1から作らなければならない

人間関係を1から作らなければならないというのも、2年目で会社を辞めることで生じるリスクやデメリットとして挙げられるでしょう。 今の会社を辞めて転職をするということは、すでに出来上がった人間関係の中に一人だけ飛び込むということであり、なかなか転職先の職場環境や人間関係に馴染むことができない場合もあります。 コミュニケーション能力に自信がなかったり、人見知りの性格の人はこのような点で苦労するでしょう。

2年目で理想の会社へ転職するためのポイント3つ

2年目で理想の会社へ転職するためのポイント3つ

2年目で転職活動に踏み切ることには、第二新卒として市場価値が高いというメリットもあれば、スキルや経験が少ないと判断されるというデメリットもあります。 では、どうしても2年目で会社を辞めたいと感じた時、どうすれば転職活動を成功裏に進めることができるのでしょうか。 ここからは、2年目で理想の会社に転職するために実践したいポイントをご紹介していきますので、転職をお考えの方はぜひご参考ください。

2年目で理想の会社へ転職するポイント1:情報収集

2年目で理想の会社へ転職するポイント1:情報収集

2年目で理想の転職を実現するために大切なポイントとしてまずご紹介したいのが、情報収集を徹底して行うということです。 情報収集を制する者こそ転職活動を制すると言っても過言ではなく、きちんと情報収集を行っていれば、自分の能力や強みを評価してもらえる企業に応募し、早々に内定をもらうことができます。 また、転職後に「想像していたのと違った」とミスマッチを起こしてしまうリスクも減らせるでしょう。

2年目で理想の会社へ転職するポイント2:自己分析

自己分析をきちんと行うというのも、2年目で理想の会社に転職するために実践したいポイントのひとつでしょう。 自己分析を通じて、自分はどのような仕事が向いているのか、転職によっていかなることを実現したいのか、どのようなキャリアを達成したいのかをきちんと把握できるようになります。 そうすれば企業選びを適切に行えるようになりますし、面接時に自己アピールを効果的に行うこともできるようになるでしょう。

2年目で理想の会社へ転職するポイント3:仕事をしながら転職活動を行う

2年目で理想の会社へ転職するポイント3:仕事をしながら転職活動を行う

仕事をしながら転職活動を行うというのも、2年目で理想の転職を行うために必要不可欠なポイントです。 退職をしてから転職活動をしても内定が得られる保証はなく、転職活動が長引けば職歴にブランクが生じて転職が不利になってしまいますし、経済的にも困窮してしまいます。 このようなリスクを防ぐためにも、在職中に転職活動を行い、内定を得てから退職を申し出るようにしましょう。

2年目で会社を辞めるか検討しよう

2年目で会社を辞めるか検討しよう

今回は2年目で会社を辞めたいと思う理由について特集してきました。 入社2年目はまだ「見習い」期間のうちであり、頑張って今の会社で努力を続けることで、会社を辞めたいという気持ちがなくなることも往々にしてあります。 本当に会社を辞めるべきかどうかをよく検討することも大切でしょう。

アクセスランキング