IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点7つ|転職エージェント

職種研究

本記事では、ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点7つ、転職エージェントについて紹介していきます。エンジニアと気持ちの良いやり取りができていないディレクターは、注意点についてしっかり理解を深めるなど、参考にしてみてください。

更新日時:

エンジニア(Engineer)

本記事では、ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点7つ、ディレクターにおすすめな転職エージェントについて紹介していきます。 ディレクター(Director)は、制作物の作品としての質を管理、監督する責任者、エンジニア(Engineer)は、工学に関して専門的な知識やスキルを持った人材を指す言葉ですが、制作チームを組むにあたってお互いの関係性は開発の進行にとって重要になります。

エンジニアの意味

エンジニア(Engineer)は、機械・電気・土木・建築などの技術者、技師を意味します。エンジニアは、それぞれの分野の専門的な工学(エンジニアリング)の知識や技術をもっている人をあらわしています。

エンジニアの職種は非常に幅広い分野

エンジニアと聞くと、コンピュータ・ITエンジニアを思い浮かべる人もいれば、機械の修理や設計を行う技術者や電気配線に詳しい技術者のことをイメージする人もいるでしょう。 エンジニアとは、専門的な工学(エンジニアリング)の知識や技術をもっている人をあらわしますが、工学分野そのものが非常に幅広い分野です。そのため、エンジニアの職種は、機械・電気・土木・建築・ITなど非常に幅広い分野を指しています。

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点7つ

エンジニアは比較的、コミュニケーションが苦手で口下手な人が多いといわれています。ディレクターは制作においての管理、士気を行うので制作メンバーとの連絡事項の伝達や連携行動は不可欠です。 エンジニアがコミュニケーションが苦手であっても、開発業務のスムーズな進行のためエンジニアと円滑な関係を築く必要があるでしょう。 まずはじめに、ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点7つについて紹介していきます。

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点1:情報共有はしっかりする

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点1は、情報共有はしっかりするということです。 制作が進んでいくと、忙しいこともあり情報共有に配慮が欠けてくることがあります。システムについてわからないからといって、全てエンジニアに作業を丸投げするのは問題です。 作ってくれたものに対して、大幅な手戻りをさせる修正を伝えれば、「はじめから細かく指定しれくれればよかったのに」と、エンジニアは不満を抱くでしょう。

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点2:簡単にできるよねといわない

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点2つ目は、簡単にできるよねといわないことです。見た目的には、些細な追加作業でも、技術的に入れ込むとなると手間や時間がかかることがあります。 エンジニアとしては、追加したことで他への動作に異常がでないかなど今まで作った内容を確認しなければならないことがあります。エンジニアとしても、実際手を加えない人に簡単にできるといわれてしまうのは気分がよくないでしょう。

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点3:エンジニアの意見を通しすぎない

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点3つ目は、エンジニアの意見を通しすぎないことです。エンジニアばかり意見を通すと、エンジニアの存在だけが強い組織になり、エンジニアがやりたくないと言った制作はできない現場になってしまいます。 制作ではディレクターが全体を監督し方向性を決めていく責任者です。エンジニアの顔色を伺って方向を決めるようでは、ディレクターがいる意味がありません。

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点4:エンジニアとデザイナーの業務の違いを理解する

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点4つ目は、エンジニアとデザイナーの業務の違いを理解することです。 デザイナーは制作物の見た目に関わってくる画像、パーツなどをデザインを担当する仕事です。エンジニアは、デザインをプログラミイング言語を用いてコーディングします。 ディレクターはお互いの作業範囲を理解していないと、指示を出したり間を取り持つ時にもたついてしまい信頼を失うでしょう。

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点5:依頼内容は細かく・わかる範囲の情報は明記する

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点5つ目は、依頼内容は細かく・わかる範囲の情報は明記することです。 エンジニアはコミュニケーションが苦手な人が多いです。依頼内容については、チェックしてほしい条件、回避してほしい内容などあれば、きちんと明記して伝えることが必要でしょう。 この工程を省いてしまうと、依頼内容を優先したことによって、元々の趣旨だった内容など省かれてしまうこともあります。

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点6:業務の特性を理解したコミュニケーションをとる

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点6つ目は、業務の特性を理解したコミュニケーションをとるということです。 コミュニケーションといえば、対面する打ち合わせなどを想像する人が多いでしょう。しかし、多くのエンジニアはテキストコミュニケーションを好む人が多いといわれています。 テキストコミュニケーションは最低限必要な情報だけがストレートに伝わりやすく、無駄な気遣いなど不要という利点があります。

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点7:デザインや開発の知識をつける

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点7つ目は、デザインや開発の知識をつけることです。 全く知識のないディレクターが制作の現場に入ると、エンジニアとデザイナーなど、制作メンバーの中に立って、適格な判断を下していくことはできません。多少の知識があるからこそ双方の言い分や、きちんとした方向性を導きだしていくことができます。

ディレクターにおすすめの転職エージェント5選

ディレクターとしてキャリアを積み重ねていきたい人は、思い切って転職していく方向性も考えてみてはどうでしょうか。制作の現場は、IT・web・広告など多岐にわたるので、転職によって自分の専門分野を増やしていくという方向性もあります。 最後にディレクターにおすすめの転職エージェント5選、リクルートエージェント・パソナキャリア・マイナビエージェント・doda・JACリクルートメントについて紹介していきます。

ディレクターにおすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

ディレクターにおすすめの転職エージェント1つ目はリクルートエージェントです。転職業界大手、求人数や転職決定者において圧倒的な数字を持っているのがリクルートエージェントです。大手エージェントならではの安心感があるでしょう。 リクルートエージェントは総合型転職エージェントなので、IT業界に特化しているというわけではありませんが、求人数が多いので選択できる企業の幅が広く、精度の高い求人情報を提供してくれます。

ディレクターにおすすめの転職エージェント2:パソナキャリア

ディレクターにおすすめの転職エージェント2つ目はパソナキャリアです。パソナキャリアは業界トップクラス、16000社以上と取引実績のある信頼できる優秀な転職エージェントです。 パソナキャリアを利用して転職後、年収がアップしている割合も高く、手厚いサポート体制などから転職者から評判が高いことが特徴です。転職が初めての方におすすめです。

ディレクターにおすすめの転職エージェント3:マイナビエージェント

ディレクターにおすすめの転職エージェント3つ目はマイナビエージェントです。 マイナビエージェントは特に中小企業を中心として求人量が多いという特徴があります。若手への求人も多いので20代の方、第二新卒の方におすすめです。サポート体制も充実しているので安心して相談などできるでしょう。 マイナビエージェントITでは8割以上の求人が非公開となっているので、まずはマイナビエージェントITに登録をしてみましょう。

ディレクターにおすすめの転職エージェント4:doda

ディレクターにおすすめの転職エージェント4つ目はdodaです。dodaは、人材業界シェアNo.2といわれているパーソルキャリアが運営している転職エージェントです。 総合型転職エージェントですが、IT求人数が圧倒的に多いという特徴があります。提案される求人の量はリクルートとほぼ同等で、選択肢に困らないでしょう。面接対策や職務経歴書の書き方のコツついてなど、サポートも丁寧と評判です。

ディレクターにおすすめの転職エージェント5:JACリクルートメント

ディレクターにおすすめの転職エージェント5つ目はJACリクルートメントです。JACリクルートメントは、イギリスの外資発の日系転職エージェントです。そのため、グローバルのハイキャリア案件に強いという特徴があります。 これまでのディレクター経験が豊富でさらにハイキャリアな転職先を求めている方、外資系を狙う方、英語など外国語力が備わっている方におすすめです。

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点について理解を深めよう!

ディレクターがエンジニアと仕事するときの注意点7つ、ディレクターにおすすめな転職エージェントについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 ディレクターは制作チームの中で全員とコミュニケーションをとっていく仕事なので関わり方には気遣いが必要になります。 エンジニアと仕事するときは、少しでもスムーズでお互い気持ちの良いやりとりができるよう、本記事を参考に注意点についてはよく理解を深めていきましょう。

アクセスランキング