IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント4つ|おすすめ求人サイト

職種研究

今回は「エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント4つ|おすすめ求人サイト」と題して、「エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント4つ」についての詳細情報をはじめ、おすすめできる求人サイトをご紹介します。在宅勤務を検討している方は参考にしてください。

更新日時:

在宅勤務のエンジニアを認める会社は増えている

在宅勤務のエンジニアを認める会社は増えている

在宅勤務のエンジニアを認めている会社は現代、かなり増えている傾向にあります。これはエンジニアだけでなく、他の経理関係の仕事や主にパソコンを扱った仕事であれば、遠隔での仕事が可能となるため、その利点を生かした勤務形態として認められます。 在宅勤務(または在宅ワーク)というのは、特にアメリカやイギリスでは古くから採用されてきた勤務形態であって、日本でもしばらくその辺りのシフトが実現されてきました。

在宅勤務の現状

在宅勤務の現状

現代では大手企業のトヨタやNTTなどをはじめ、多くの新興企業などもこの在宅ワークを採用し始めています。ですが、就労移行支援施設やa型・b型就労支援施設などでは、まだこの在宅勤務を採用していない傾向もあり、企業によって進展はまちまちです。 特に注目されるのは、障がい者枠を採用している就労支援施設での「在宅勤務の遅れ」であって、エンジニアとして働くことを想定した上でも、早急の採用が求められています。

在宅勤務の問題点

在宅勤務の問題点

在宅勤務の問題点ですが、この場合にまずあげられるのが「勤務しているかどうかを見極める環境設定」と、「遠隔によって困難となる社員同士の連絡のやり取り」です。 在宅勤務は勤務場所が在宅となるため、当然会社の上司や管理者からはその社員が「本当に在宅で勤務しているかどうか」の確認が取りづらく、また、何か問題が発生した場合でも、その対処に大幅な遅れが出てしまうことも普通にある点が問題とされます。

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント4つ

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント4つ

さてここからは「エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント4つ」と題して、実際にエンジニアとして在宅勤務をしていく際に、その会社を選ぶ場合のポイントにはどのようなものがあるかを具体的にご紹介していきます。 エンジニアとして働く場合でも、在宅勤務のありがた味や、その就労による(従来には得られなかった)特典が見られます。まずはその点を具体的に把握し、自己ニーズとかみ合わせてみましょう。

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント1:成果重視の評価になる

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント1:成果重視の評価になる

まず在宅勤務の場合、「ノルマ制の仕事」が課されることがほとんどで、そのノルマを達成したことによって「在宅勤務の評価」が直接的に課されます。 これは先述のように、「本当に在宅勤務していたかどうか」を確認する際の最も手っ取り早い評価基準となるためで、一定のノルマを達成したことによって「その仕事に要した絶対時間」が認められ、それによってエンジニアとして就労していたことが証明されます。

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント2:仕事の計画を自分で立てる

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント2:仕事の計画を自分で立てる

これは主に、在宅勤務をするエンジニアにとっては大きな特典になるでしょう。 ただし、正確なプランニングを立てることができなければ効率の良い仕事もできないため、この仕事のプランニングを立てることは非常に重要なポイントになります。 しかし、プランを自分で組み立てられることにより自己ペースを決めることができ、仕事そのものに無理がないよう設定できます。この点は魅力でしょう。

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント3:完全在宅の会社は少ない

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント3:完全在宅の会社は少ない

在宅勤務を推奨している会社でも、「月に一回は通勤すること」や、「毎週、会社に(エンジニアとして)就労して得られた成果を報告に来ること」などのノルマが課されることもあり、完全に在宅勤務で仕事を終えられるケースは現状少ないです。 この点も転職時には必ず想定しておき、その会社で採用されている在宅勤務のあり方がどのようなものかについて、正確に見定めておくことが重要になるでしょう。

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント4:コミュニケーションがとりづらい

エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント4:コミュニケーションがとりづらい

先述でもご紹介しましたように、在宅勤務の場合は「完全に会社と自宅との距離が遠隔での勤務」というケースになるため、その場合に何か(仕事上での)不具合が起きた場合、支持を仰ぐのも遠隔操作による連絡交換になります。 当然この場合には「相手が留守」「連絡がつながらない」といったハプニングも付きものなので、その点で仕事効率が悪くなることもあります。

エンジニアで在宅勤務を選ぶメリット3つ

エンジニアで在宅勤務を選ぶメリット3つ

さてここからは「エンジニアで在宅勤務を選ぶメリット3つ」と題して、在宅勤務だからこそ得られる具体的なメリットをご紹介していきます。 特にエンジニアとして在宅勤務する場合には、その実力・対応力(ニーズ充足力)がまず評価基準となるため、企業からの信頼性も厚く、ほぼマイペースでの仕事運営・管理が(そのエンジニア個別)で任されることになります。まずこの点も大きなメリットでしょう。

エンジニアで在宅勤務を選ぶメリット1:業務効率が高まる

エンジニアで在宅勤務を選ぶメリット1:業務効率が高まる

これはエンジニアとして働く上での個別能力によりますが、たいていの場合、在宅勤務を継続する上では「業務効率が高まる・引き上げられる」という結果が見られます。 これは主に「余計な人間関係を無視して仕事に没頭できる点」が大きく影響しており、人に気を遣うことなく、必要なことをマイペース、そして迅速かつ着実に行なえることに大きく起因しています。

エンジニアで在宅勤務を選ぶメリット2:肉体的・精神的負担の軽減

エンジニアで在宅勤務を選ぶメリット2:肉体的・精神的負担の軽減

次に「肉体的・精神的負担の軽減」に際するメリットについてです。これは仕事をする上でどうしても精神的に困憊してしまう状況を在宅勤務によって避けることができ、この場合も「完全マイペースで仕事を進められる点」が非常に大きな効果を上げています。 通勤ラッシュに巻き込まれることなく、人間関係に負担を覚えることもなく、常に自宅でエンジニアとして働けることへの喜びが心境を取り巻いてくれます。

エンジニアで在宅勤務を選ぶメリット3:私生活とのバランス

エンジニアで在宅勤務を選ぶメリット3:私生活とのバランス

在宅勤務の場合、仕事をどのように進めるかについては、基本的に「すべて自分で決めることができる状態」になります。 そのため、エンジニアとして働く場合でも完全マイペースをもって仕事のプランニングをすることができ、それによって仕事の効率を自分で守ることができます。そのように充実した仕事環境にあるため、私生活とのバランスも図りやすいでしょう。

エンジニアで在宅勤務を選ぶデメリットもある

エンジニアで在宅勤務を選ぶデメリットもある

エンジニアとして働く場合には、やはりクラフト業で直接的に活躍できる能力への評価が大きいものであり、その点で在宅勤務を継続していく場合、その評価がどうしてもおざなりになってしまうことが多々見られます。 企業によっては正当に評価されることもありますが、どちらかというと企業から忘れられそうな存在になることもあり、その点では適時に通勤し、バランスを見計らって在宅勤務を選んでおく姿勢も大事になるでしょう。

エンジニアの在宅勤務におすすめの求人サイト5選

エンジニアの在宅勤務におすすめの求人サイト5選

ここからは「エンジニアの在宅勤務におすすめの求人サイト5選」と題し、在宅勤務を継続していく際に理想的な求人サイトをご紹介していきます。 エンジニアとして働く場合は多くの企業からその能力を買われやすく、そのため自己能力を発揮できる分野をさらに広げられるという利点もあります。その点を考慮する上で、自己ニーズに見合った求人サイトを選んでおきましょう。

エンジニアの在宅勤務におすすめの求人サイト1:indeed

まず「indeed」ですが、この求人サイトはインターネットでも簡単に利用できる上、求人情報もかなり豊富に用意されているため非常に魅力です。 主に在宅勤務を推奨・採用している企業情報も率先して載せており、その際に「エンジニアとして働く場合の条件提示」を引き出し、その場合のニーズを促進してくれる支援力に秀でています。ぜひ一度、利用を検討してみましょう。

エンジニアの在宅勤務におすすめの求人サイト2:paiza転職

次にpaiza転職ですが、この求人サイトでは主に「エンジニアとして働く場合に最適な求人情報」を率先して掲載しており、SランクやAランク・Bランクなどのランク分けで職種内容を紹介し、求職者に見合った求人情報を的確に教えてくれます。 特にこの場合、プログラミングスキルをはじめとする「プログラマー関連のスキル」を持つエンジニア希望の人にとっては最適のサイトになるでしょう。

エンジニアの在宅勤務におすすめの求人サイト3:リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は基本的にエンジニア関連企業への転職に強い「リクナビエージェント」であり、男女を問わず、また年齢を問わず、キャリアアップを目指すことに特化した具体的かつ安定した就活サポートが魅力です。 ITエンジニアとして働く場合でも必須情報を的確に提示する上で、「個別の能力やスキル」を企業ニーズに効果的に引き合わせるためのトータル的なサポートに定評があります。

エンジニアの在宅勤務におすすめの求人サイト4:Rewoker

Rewokerの魅力は「求職者個別のスキルや条件設定によって求人情報がリアルタイムで変わる点」で、特にサイトの使用法においてはかなり実益的なサポート力が得られるでしょう。 エンジニア系IT関連企業への転職の場合でも、正確な情報が満載気味で紹介され、その情報提供力の高さ、サイトの使いやすさ、さらに転職後の定着率が高まる支援が約束されます。

エンジニアの在宅勤務におすすめの求人サイト5:レバテックキャリア

レバテックキャリアは「総合的な転職斡旋」が豊富な点で定評があり、中途採用者の場合でも適切な支援・サポートがなされることによって、「求職者にとっての希望職をしっかり確保できる」といった高い評価があります。 エンジニアとして転職する人も増加傾向にあり、特に「IT関連の企画職リサーチ」にその実力が発揮されやすく、「自分のスキル・環境・条件」に見合った斡旋がなされるでしょう。

在宅勤務のエンジニアについて知ろう

在宅勤務のエンジニアについて知ろう

今回は「エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント4つ|おすすめ求人サイト」と題し、「エンジニアで在宅勤務の会社を選ぶ時のポイント4つ」についての詳細情報をはじめ、その際におすすめできる求人サイトをご紹介しました。 エンジニア系企業へ転職する場合は、自己ニーズを向上させ、即戦力アピールが重要であり、それは在宅勤務時でも同じです。自分にとって最適な転職サイトを利用しましょう。

アクセスランキング