IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアにとって言語化が重要な理由3つ|言語化することのメリット5つ

職種研究

言語化という言葉をご存知でしょうか。言語化は考えていることを言葉で表現するということですが、エンジニアにも言語化は重要です。ここでは言語化の仕組みや、エンジニアにおける言語化のメリット、有効な言語化のトレーニング方法などをご紹介します

更新日時:

言語化とは

言語化とは

言語化とは、頭で考えていることを一定のルールのもとで意味を持った言葉にすることです。 考えていることが上手く言葉にできなかったという経験はないでしょうか。言語化とは、感情や直観的なものを他者へ伝達可能にすることを意味します。 頭で考えていることを相手に意味がわかるように伝えるには、わかりやすい言葉に変換して伝える必要があると言えます。

言語化の仕組み

言語化には、言葉として言語化するまでの工程と仕組みがあります。 言語化のためには、情報をインプットし、思考し、言葉に落とし込むことが必要です。そのためには、物事の道筋やつながりなどの論理ルールを働かせ、言葉にしたいことを適切に表現する論理ルールに当てはめる必要があります。 例えば言語化が苦手な人は、上記の思考の段階で止まっており、語句などを曖昧に定義しているため言葉にできない可能性が高いといえます。

エンジニアとって言語化が重要な理由3つ

エンジニアとって言語化が重要な理由3つ

エンジニアには言語化することが必要です。 システム開発やプログラミングが主な業務と思われるエンジニアにも、情報の言語化はしばしば重要な要素だと言われます。 なぜエンジニアには言語化が必要なのでしょうか。ここではその理由について説明します。

エンジニアとって言語化が重要な理由1:より深い理解ができる

言語化することでより深い理解ができるようになります。 言語化ができないということは、対象について情報の整理ができていないということになります。そのため、活用しようとしてもうまく扱えないことが多いでしょう。つまり、言語化をすることで情報が初めて体系化され、知識として活用できるようになるといえます。 エンジニアはシステムや使用するプログラム言語について理解する必要があるため、言語化は重要であるといえます。

エンジニアとって言語化が重要な理由2:モチベーション向上に繋がる

エンジニアとって言語化が重要な理由2:モチベーション向上に繋がる

言語化することによりモチベーションが向上します。 例えば自分が目標とすることを文字に起こすと、目標達成のためのモチベーションが上がります。つまり、情報をしっかりと言葉にすることは、自分の中で確信や自信につながるということになります。 言語化することによりモチベーションが高めることは、仕事の効率の上昇を図るためにもエンジニアにとって有効な手段であるといえます。

エンジニアとって言語化が重要な理由3:周りからの意見をもらえる

言語化することで周囲から意見やフィードバックがもらえます。 頭で考えているだけの段階では、他人には何を考えているのかわかりません。周囲からの意見をもらうためには、まずは考えていることを言語化することが必要になります。 個人作業の多いプログラマーなどのエンジニアにとっても、成長のために他者からのフィードバックは必要です。そのため、言語化は重要な手段であるといえます。

エンジニアが言語化することのメリット5つ

エンジニアが言語化することのメリット5つ

言語化することは、エンジニアにとって大きなメリットがあります。 サービス業や営業職などと違って、エンジニアは対外的な業務が少ない傾向にあります。しかしそんなエンジニアにも、言語化することは大きなメリットがあります。 ここではエンジニアにとって情報化することのメリットについてご紹介します。

エンジニアが言語化することのメリット1:自分の意図が伝わる

言語化することで他者へ自分の意図を伝えることができます。 同じ職種のエンジニアでもプログラミングには個人個人のクセや主義があり、人によってやり方は異なります。チーム単位でプロジェクトを行う場合、自分のやり方や意図について相手に伝えなければいけないこともあるため、正しく言語化できることは大きなメリットとなります。

エンジニアが言語化することのメリット2:他人のことを理解できる

エンジニアが言語化することのメリット2:他人のことを理解できる

言語化することで相手の言葉の意味や考えを正しく理解できるようになります。 自分の考えを言語化していると、他者の言葉にも敏感になります。きちんと言葉の意味が揃っていなければ矛盾が生じるため、相手の言葉に耳を傾け、不明点に対して質問することも増えるでしょう。 エンジニアにとって、クライアントの希望や要望を正しく汲み取る能力は必須です。そのため、言語化による他者への理解度の上昇は大きなメリットとなります。

エンジニアが言語化することのメリット3:考えることができる

エンジニアが言語化することのメリット3:考えることができる

言語化することで自分の考えを深めることができます。 言語化してアウトプットすることで、自分の考えについてなぜそうなるのか、それでどうなるのかなど、多方面へ考えを広げていくことができます。そしてそういった過程を踏むことでその考えに対して根拠などが明確になり、自分の考えへの説得力も増します。 思考を深めていくことは、設計を行うエンジニアや動作させるためのプログラミングを行うプログラマー双方に重要です。

エンジニアが言語化することのメリット4:個性を出すことができる

言語化することで自分という個性を出すことができます。 言葉にして自分の考えを表すことで、他者へ自分の意図や気持ちを伝えることができます。アウトプットできるものは元々自分の中にあるものでしかないため、相手へ自分の個性をアピールするということにもなります。 また、目標を口に出すことでそれ自身が個性になっていくこともあるため、積極的にアウトプットしていくことは自身の成長にも重要となります。

エンジニアが言語化することのメリット5:気づくことができる

言語化することで、相対している疑問や問題に対して自分で気づきを得ることができます。 エンジニアには日頃からシステムの問題やトラブルなどが発生することがあります。中には一日では解決しないような仕様上の問題や、プログラミングスキルに関する事柄も存在します。 そういったときには言語化し、その情報を整理し理解を深めることで、自身で解決を導くことができる可能性が上がります。

エンジニアに効果的な言語化トレーニング方法

エンジニアに効果的な言語化トレーニング方法

エンジニアに効果的な言語化トレーニング方法とは何でしょうか。 頭の中で考えていることをうまく言葉に落とし込むには、ある程度の慣れやトレーニングが必要です。しかし普段から喋り慣れているというわけでもない限り、すぐにうまく言語化することは難しいでしょう。 ここではエンジニアに有効な言語化トレーニング方法をご紹介します。

エンジニアに効果的な言語化トレーニング方法1:言いたいことを図示する

言いたいことを図示することで言語化トレーニングを行えます。 図示をする場合、要素間の関係性などの論理部分の理解を深めることに繋がります。言葉の定義を理解することはもちろん、要素要素を抽象化して取り出しで関連付けることで、どのような方向性の言葉で要素をつなぎ合わせればいいのか考えられるようになります。 普段から論理的な思考を必要とするエンジニアには、図示は向いたトレーニング方法であるといえるでしょう。

エンジニアに効果的な言語化トレーニング方法2:アウトプットを積極的に行う

日頃から情報をアウトプットすることで言語化トレーニングとなります。 例えばクライアントへプログラムの動作説明をすることは、有効なトレーニングとなります。エンジニア同士ではお互い知識を共有している部分もあり、曖昧な部分があっても意味が通じますが、クライアント相手となるとそういう訳にはいきません。 エンジニアとして日頃から他人へわかりやすい説明をすることを意識することで、言語化能力は飛躍的に上昇します。

エンジニアに効果的な言語化トレーニング方法3:ブログに書く

日頃から情報をブログなどに書くことで言語化トレーニングになります。 考えたことを文章に起こしてみると、思っていたよりも理解していないと気付くことがあります。他人にわかりやすいように文章にするためには、人の目に触れるブログなどの媒体に書くのが適しています。 実際、エンジニアでプログラミングのテクニックや日頃の気づきなどをブログにまとめている人は多く存在します。

言語化について知ろう

言語化について知ろう

言語化することにはエンジニアにとってさまざまなメリットがあります。 情報を言語化することは、自分の考えを正しく相手へ伝えるために必要です。また、自分の考えを深め、相手のことを理解し、問題点の解決のためにも有効な言語化は、エンジニアに必要なスキルといえます。 エンジニアとして能力を高め、キャリアアップしていくためにも、日頃から言語化トレーニングを行い、最適な言語化ができるようにしましょう。

アクセスランキング