IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアがレベルアップする秘訣10選|レベルアップで得られること3つ

職種研究

エンジニアには、永続的なレベルアップが必要であることをご存知ですか?エンジニアとして何かができるようになるだけでも多くの勉強を要しますが、1度学習し終えた後も勉強は続く存在なのです。なぜ必要なのか?どうすればレベルアップできるのか?ご紹介していきます。

更新日時:

エンジニアがレベルアップすることの重要性

エンジニアが活躍する業界では、新しい技術や知識が短期間の間で続々と誕生しています。そのため、新しい技術や知識の収集と身につけなどでレベルアップを行わないと活躍の場を得られなくなります。 個人でエンジニア活動を行うにしても、知識や技術のレベルアップがないとニーズのある開発や面白味のあるアイデアを考え出すことが難しくなります。1度習得したら終わりではなく、その後もレベルアップし続けることが重要です。

エンジニアがレベルアップするための秘訣10選

エンジニアがレベルアップするためには、それなりに必要なことがあります。行うべきことから心持の問題まで、あらゆる面でのレベルアップに繋がるとされる秘訣とも言えます。 レベルアップはエンジニアにとって欠かせないものですので、どのような秘訣があるのかを確認しておきましょう。それでは以下に、10つの秘訣をご紹介していきます。

エンジニアがレベルアップするための秘訣1:業界の情報収集を行う

エンジニアがレベルアップするための秘訣、1つ目は「業界の情報収集を行うこと」です。エンジニアが用いる技術や知識は日々進歩し続けているため、新しい技術が生まれ、古い技術が衰退するといったことがよく起きます。 レベルアップには新しい技術を知って身に付けることが必要不可欠になるため、どのような誕生や衰退が起きているのかといった動向の把握は大事です。また、動向は自分の方向性を定めるための素材にもなります。

エンジニアがレベルアップするための秘訣2:セミナーや勉強会に参加する

エンジニアがレベルアップするための秘訣、2つ目は「セミナーや勉強会に参加すること」です。エンジニア同士が交流できるセミナーや講習会は、数多く開催されています。 ベンダーが行うものもあれば、有志のサークルが開催するものなどがあります。様々なエンジニアと購入することで知識や技術を得る他、同業界での人脈作りや情報交換による互いを磨き合う意味でのレベルアップやスキルアップも見込めます。

エンジニアがレベルアップするための秘訣3:コミュニケーション力を身につける

エンジニアがレベルアップするための秘訣、3つ目は「コミュニケーション力を身に付けること」です。エンジニアの作業自体は大方1人で行えますが、開発系となればチームで仕事を行う事も十分にあり得ます。 ぞこで必要になるのは、エンジニアとしての知識や技術にプラスしたコミュニケーション力です。会社では1つの案件でも各分野に分かれて作業することが当たり前なので、連携してスピーディに仕上げるためにも必要な能力です。

エンジニアがレベルアップするための秘訣4:マネジメント力を身につける

エンジニアがレベルアップするための秘訣、4つ目は「マネジメント力を身に付けること」です。チームで開発などを行う時には、みんなをまとめて効率的に作業を進めるためのリーダーが必要になります。 エンジニアとしてのレベルアップを望むなら、リーダーポジションになれるようマネジメント力を身に付けることも大事です。マネジメント力はチームで仕事をこなしていくことで身に付くため、会社に勤めての経験が必要になります。

エンジニアがレベルアップするための秘訣5:ドキュメント作成スキルを向上させる

エンジニアがレベルアップするための秘訣、5つ目は「ドキュメントの作成スキルを向上させること」です。ドキュメントとは記録物や文書のことで、エンジニアの多くは基本としてある程度は身に付けます。 また、会社や担当によってはエンジニアも営業担当と共にプレゼンテーションなどを行うこともあります。ドキュメント作成の基本的な知識だけでなく、効率的に作業できるほどの技術まで身に付けておくとレベルアップに繋がります。

エンジニアがレベルアップするための秘訣6:英語力を身につける

エンジニアがレベルアップするための秘訣、6つ目は「英語力を身につけること」です。エンジニアが携わる仕事では海外取引があるものも多く、実際に海外エンジニアと共に業務を行うこともあります。 プログラミングなどで使うコンピュータ用語は世界共通ですが、コミュニケーションで使う言語は違うため支障が起こり得ます。英語は世界共通語とされているため、身につけておけば世界のエンジニアとの仕事もスムーズになります。

エンジニアがレベルアップするための秘訣7:メンターを見つける

エンジニアがレベルアップするための秘訣、7つ目は「メンターを見つけること」です。メンターとは師匠のことで、そのような存在が教えてくれることはレベルアップに繋がります。 経験に基づく心構え・知識・技術・必要な勉強・足りないものなどを教えてくれるメンターが見つかると、レベルアップの意欲も前向きになりやすいと言えます。なかなか出会えない場合は、セミナーや勉強会で交流するとメンターがいなくても磨き合えます。

エンジニアがレベルアップするための秘訣8:様々な業務を経験する

エンジニアがレベルアップするための秘訣、8つ目は「様々な業務を経験すること」です。エンジニアの技術は種類が多いため、関連したあらゆる業務を経験するとレベルアップに繋がります。 また、副業をすると人脈作りや経済感覚の身につけにも役立ちます。フリーランスなどであれば副業は自由ですが、正社員の場合は副業に規制がかかるためボランティアなどで様々な業務を行っていくとレベルアップの経験を積めます。

エンジニアがレベルアップするための秘訣9:学び続ける意識

エンジニアがレベルアップするための秘訣、9つ目は「学び続ける意識を持つこと」です。エンジニアは業界の情報を常に集めるべきですが、その上で学び続ける意識が必要になります。 第一線のエンジニアであるためにはレベルアップが欠かせないと認識し、理解した上で意識を持つことが大事です。そしてその意識の通りに、レベルアップに必要な行動をしていきましょう。

エンジニアがレベルアップするための秘訣10:自分の志向を明確にする

エンジニアがレベルアップするための秘訣、10つ目は「自分の志向を明確にすること」です。エンジニアに関する知識は幅が広く多量な情報量であるため、闇雲に勉強しても惑いや迷いが生じる可能性があります。 そうならないようにするためには、自らの方向性あるいはキャリアプランを明確に定めると良いでしょう。明確に定めれば、何をすべきか・何を学ぶべきかといったことが分かるようになり、的確に学習を進めるようになります。

エンジニアがレベルアップで得られること3つ

エンジニアがレベルアップで得られることは、大まかに3つです。1つは収入の増加、もう1つはキャリアパス、そして最後の1つは自由な働き方です。 それぞれ、エンジニアとして活動して収入を得たい時に有用なものとなります。それでは、エンジニアがレベルアップで得られることをご紹介していきます。

エンジニアがレベルアップで得られること1:収入の増加

レベルアップすることで技術や知識が向上するため、その分仕事の質を上がることが考えられます。その結果、収入も増加することが見込めます。 もちろん、就職であればそれなりの業務実績が必要になりまし、個人でも金連的な取り組みが必要になります。ただレベルアップしただけでは収入は増えませんので、相応の働きをしてレベルアップを活かしてください。

エンジニアがレベルアップで得られること2:キャリアパス

レベルアップをすることで、キャリアパスが築きやすくなります。キャリアパスとは「企業で社員がある職位までに辿る経験や順序」または「個人が将来目指す職業のために積む経験の計画や順序」のことです。 端的に言えば将来性であり、職に関する未来の自己像でもあります。レベルアップの中で得た情報や経験はキャリアパスを定めることや順序を進むことに繋がり、また未来図があることによるモチベーションUPも期待できます。

エンジニアがレベルアップで得られること3:自由な働き方

エンジニアとしての知識や技術を多く身に付けると、個人でも十分な活躍ができるようになります。フリーランスは就業規則に縛られることがないため、業務内容も日時も自由に仕事を行うことができます。 個人で行うことにはそれなりの大変さもありますが、自由は確実に手に入れられます。将来的にフリーランス的なエンジニア活動を考えているのであれば、エンジニアスキルや知識のレベルアップは欠かせないものとなります。

レベルアップしてエンジニアとして活躍しよう

エンジニアとして活躍したい、フリーランスでやっていきたいと考えている場合は、秘訣を参考にレベルアップを図りましょう。大変ではないと言えば嘘になるため、楽しみや面白味を見出しながらできると心身的な負担も減るでしょう。

アクセスランキング