IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアが履歴書を作成する際のポイント3つ|志望動機で大切なこと3つ

職種研究

今回は「エンジニアが履歴書を作成する際のポイント3つ|志望動機で大切なこと3つ」と題し、「エンジニアが履歴書を作成する際のポイント3つ」についての詳細情報をはじめ、その際の志望動機で大切なこと3つを紹介します。履歴書の書き方に悩んでいる方は参考にしてください。

更新日時:

転職における履歴書の重要性

転職における履歴書の重要性

履歴書についてですが、これは転職希望者にとって多くの場面で使われる重要書類となり、その重要度はおそらく皆さんもご存知のことでしょう。 履歴書というのは「自分の能力・スキルをアピールする書面に加え、それまでの自分の学歴や職歴全般・資格の有無などについて明記する書類」です。 つまり、就職活動時には「その履歴書が就活者の看板になる」と認識しておき、それだけ重要な書類であることを踏まえましょう。

エンジニアが履歴書を作成する際のポイント3つ

エンジニアが履歴書を作成する際のポイント3つ

さてここからは「エンジニアが履歴書を作成する際のポイント3つ」と題して、エンジニア系職への転職を図る際に、その場合に課される履歴書の重要度がどのようなものか、またその内容にはどのようなアピールを記載するべきか、という点についてご紹介します。 まずエンジニアを目指す場合でも、履歴書の基本的な作成方法を熟知しておくことが大切です。その基本を押さえておき、完璧な履歴書を仕上げてみましょう。

エンジニアが履歴書を作成する際のポイント1:書き方の基本を知る

エンジニアが履歴書を作成する際のポイント1:書き方の基本を知る

履歴書を作成する場合には、各項目欄が用意されてあり、それぞれの項目に必要な情報を記入していく形になります。下記に必要な項目をまとめました。 それぞれの項目を省略することなく、正確に明記することを必ず忘れないようにしましょう。どんな小さな点でも、公式書類であるため評価対象になります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 学歴
  • 職歴
  • 資格取得歴
  • 志望動機
  • 特技・趣味
  • 備考欄
  • 配偶者の有無
  • 世帯主との続柄
  • 希望通勤時間

エンジニアが履歴書を作成する際のポイント2:難しいIT用語を使わない

エンジニアが履歴書を作成する際のポイント2:難しいIT用語を使わない

エンジニアを目指して履歴書を作成する場合でも、その履歴書の役割は「企業側に自分の情報を正確に伝える書面」となります。つまり、「自分に関する情報が正確に伝わらなければ意味がない」となるため、その書式・体裁は「わかりやすさ」が必ず求められます。 そのため履歴書・職務経歴書を作成する時にはまず「わかりやすく、明確に記載する」という姿勢を忘れず、エンジニア系の専門用語ばかりの羅列を避けましょう。

エンジニアが履歴書を作成する際のポイント3:具体的なエピソードや数字を書く

エンジニアが履歴書を作成する際のポイント3:具体的なエピソードや数字を書く

これは基本的に「データ化」を指す内容になりますが、たとえばエンジニア関連企業に以前従事していた場合、そこで得た功績や実績の類を明記する際、各実績項目を数値化させておくとかなりわかりやすくなります。 さらに年月日・数値との組み合わせにによって「いつ、どのような実績を果たしたのか」が一目でわかるようになるため、自分のエンジニアとしての実績を数値で示せる場合は「数値によるデータリスト」の形を取りましょう。

エンジニアが志望動機を書く時に大切なこと3つ

エンジニアが志望動機を書く時に大切なこと3つ

ここからは「エンジニアが志望動機を書く時に大切なこと3つ」と題して、エンジニアとして実際に転職を希望する場合に「これだけは留意したい」とするポイントを3つの形でご紹介していきます。 エンジニアというのは主に「クラフト業」となるため、その専門職において自分が具体的に達成できた過去実績のストックがかなり大きな魅力・評価につながることがあります。その点に注目し、魅力的な履歴書を作成しましょう。

エンジニアが志望動機を書く時に大切なこと1:応募の明確な理由

エンジニアが志望動機を書く時に大切なこと1:応募の明確な理由

志望動機というのは履歴書の内でもメインとなる情報欄で、この内容をしっかり充実させておくことは大きなポイントになります。 この場合、「なぜその企業を選んだのか」「自分にとってエンジニアという職種はどのようなものか」「企業に入社して、具体的にどんな形で即戦力になれるか」といったそれぞれの点を、各項目に沿って具体的に明記しておきましょう。

エンジニアが志望動機を書く時に大切なこと2:自分の経験やスキルの整理

エンジニアが志望動機を書く時に大切なこと2:自分の経験やスキルの整理

これは基本的に自己分析の成果となりますが、履歴書や職務経歴書を魅力的に作成する場合には、やはりどうしても「自分の経験やスキルを客観的に分析し、わかりやすく整理しておくこと」が必須となります。 ・自分の能力レベル ・どのような作業ができるか ・効率はどの程度か ・キャパオーバーになるのはどの辺りからか 上記4点を客観的に分析しておき、自己PRの骨子の部分としてみましょう。これは自己管理につながります。

エンジニアが志望動機を書く時に大切なこと3:活躍できる理由

エンジニアが志望動機を書く時に大切なこと3:活躍できる理由

「自分がなぜその職務に就いて活躍できるか」という点を、わかりやすく具体的に明記しておくことが大切です。これも先述の「企業に入っての即戦力性のアピール」につながりますが、その企業にとってどのような利益につながるかを明示する重要になります。 この点を具体的に記載することにより、企業側としてもその転職希望者の「エンジニアとしてのレベル」をある程度把握でき、採用基準を示すきっかけになります。

IT業界未経験の人が履歴書を作成する際のポイント

IT業界未経験の人が履歴書を作成する際のポイント

ここからは「IT業界未経験の人が履歴書を作成する際のポイント」と題して、ITエンジニアとして働く場合にどのような点に注目すべきかについて具体的にご紹介します。 IT業界というのはその市場変動がかなり高速で動き、各企業で求められるニーズも時代によってさまざまな形で変わります。そのニーズの移り変わりをいち早く察知して把握しておき、自己スキルをそのニーズへ着実に対応できるよう配慮しておきましょう。

IT業界で働きたい理由を明確に

まず「なぜ自分はIT業界で働きたいのか」という点を具体的に示しておきましょう。エンジニアとして働く場合でも、その技術をどのように生かしたいか・能力をどのような形で社会に還元したいかという点への明示は、求職者の人間力を示す基準にもなります。 はっきりした主張を伝えられる技術もこの場合は必要で、これは主にプレゼンテーション能力にもつながるため、IT業界で求められるニーズへの充足度を見付けておきましょう。

どのような仕事がしたいかを考える

エンジニアとして働きたいと希望する人はかなり多くいます。その中で、自分はどのような仕事に就き、その職務においてこそ発揮できる実力・成果を具体的に明記することによって、競争率が激しい場合でも着実に採用をもらえる機会を得ることができるでしょう。 エンジニアの職務も多数あるため、その中でまず「○○エンジニアとして働きたい」とした確実な意思を伝え、それに関するPR内容を充実させておきましょう。

履歴書の添削を行ってくれる転職エージェント3選

履歴書の添削を行ってくれる転職エージェント3選

さてここからは「履歴書の添削を行ってくれる転職エージェント3選」と題して、エンジニアとして転職を希望する際でも必ず役立ってくれる各エージェントのご紹介をしていきます。それぞれの転職エージェント特有に見られる利点・魅力・特徴などを見ていきましょう。

履歴書の添削を行ってくれる転職エージェント1:レバテックキャリア

まずレバテックキャリアですが、ここでは「総合的な転職斡旋」がかなり強力で定評があり、中途採用者でも未経験でも適切な支援・サポートがなされ、それによって「自分の天職をしっかり確保できる」という好印象の評価が見られます。 エンジニアとして転職する場合でも、そのために必要な魅力的な履歴書作成をはじめ、添削も完璧にしてくれる総合的サポートに定評があります。

履歴書の添削を行ってくれる転職エージェント2:doda

「doda」を利用する魅力は「求人情報が豊富な点」で、未経験・中途採用者を問わず、エンジニア・IT関連系の適職を見付けようとする際でも着実な成果が期待されるでしょう。 履歴書でもオリジナル性の高い作成をはじめ、エンジニア系の職種をリサーチする点ではかなり高い実力があり、「自己スキル・キャリア形成」に見合った職先がスムーズに確保できるでしょう。

履歴書の添削を行ってくれる転職エージェント3:マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用する場合は、主にITキャリアを生かした職種・エンジニア系職種への支援・サポートが専門的になされ、非常に安定感のある活動を紹介してくれます。 エンジニアとしての実力を発揮できる適職情報を提示し、履歴書の作成にしても添削をじっくりしてくれる上、オリジナル性の高い魅力的な内容に整えてくれるでしょう。

履歴書の書き方を知りエンジニアとして転職を成功させよう

履歴書の書き方を知りエンジニアとして転職を成功させよう

いかがでしたか。今回は「エンジニアが履歴書を作成する際のポイント3つ|志望動機で大切なこと3つ」と題して、「エンジニアが履歴書を作成する際のポイント3つ」についての詳細情報をはじめ、その際の志望動機で大切なこと3つをご紹介しました。 エンジニア系職種へ転職する場合は、履歴書・職務経歴書の書き方を効果的に活用し、企業ニーズを満たすことが大切です。自分にとっての適職をスムーズに見付けましょう。

アクセスランキング