IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職種別にみるエンジニアの役割10選|おすすめ転職エージェントを紹介

職種研究

エンジニアとはどういった役割を担う職業なのでしょうか。エンジニアとひとことに言っても、その職種や仕事内容は多岐にわたります。ここでは職業別にみるエンジニアの役割、エンジニアにおすすめの転職エージェントなどをご紹介します。

更新日時:

エンジニアとは

エンジニアとは

エンジニアとは、IT・Web業界で活躍する技術職を指します。 もともとは機械などの技師や技術者を指す言葉です。活動する分野によってエンジニアとしての名称は異なり、必要とされるスキルや役割も異なります。 最近では技術の進化や新しいシステムの開発にともない、エンジニアの種類も多様化しています。特にシステムエンジニアやプログラマーなど、ハードウェアではなくソフトウェア関連のエンジニアが増えてきています。

職種別にみるエンジニアの役割10選

職種別にみるエンジニアの役割10選

エンジニアにはさまざまな役割があります。 エンジニアの職種はその業務内容から細かく細分化されています。また、いくつかの職種は担当する分野が重なっていることもあり、はっきりと役割を分けることが難しくなっています。 ここでは、職種ごとにエンジニアが担う役割についてご紹介します。

職種別にみるエンジニアの役割1:システムエンジニア

職種別にみるエンジニアの役割1:システムエンジニア

システムエンジニアは、システム開発の上流工程である要求分析、要件定義、設計などの役割を担います。 プログラムの仕様設計を行い、システムエンジニアが用意した仕様書に沿う形でプログラマーがプログラミング作業を行います。 具体的には、システムエンジニアは顧客との仕様の打ち合わせやシステムの仕様書作成を行い、プログラムができた後は連結テストなどの試験を行います。

職種別にみるエンジニアの役割2:フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、Web製作におけるWebブラウザ側を開発する役割を担います。 Webデザイナーのデザインをもとに、HTML、CSS、JavaScript、PHPの設計や実装を行います。分野が似ていることから、マークアップエンジニアと混同されることもあります。 しかしHTMLを扱うマークアップエンジニアに対し、CSSやJavaScript、PHPのコーディングも行うという違いがあります。

職種別にみるエンジニアの役割3:Webエンジニア

職種別にみるエンジニアの役割3:Webエンジニア

Webエンジニアは、Webサイトで使用するシステムやアプリケーションを開発する役割を担います。 パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットで利用するアプリケーションの開発も行います。近年ではSNSなど新しいシステムが増加しており、Webエンジニアのニーズが高まっています。 また、WebエンジニアにはWebデザイナーやWebディレクターと連携して開発を行うという特徴があります。

職種別にみるエンジニアの役割4:データベースエンジニア

職種別にみるエンジニアの役割4:データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベースの開発・設計・運用・管理の役割を担います。 データベースとは、簡単に説明するとデータの倉庫のようなものです。ITが広く利用される時代になり、どの企業でもインターネット上でのデータ活用が欠かせなくなりました。 そのために、データベースにデータを保存したり、必要なときに取り出せるようなシステムを構築・運用することが、データベースエンジニアの役割となります。

職種別にみるエンジニアの役割5:エンベデッドエンジニア

エンベデッドエンジニアは、組み込み系システムを開発する役割を担います。 組み込み系とは、家電製品など独立した機械に組み込まれたコンピューターを制御するシステムの総称です。近年はロボット技術などの推進により、エンベデッドエンジニアの活動領域は広がっています。

職種別にみるエンジニアの役割6:カスタマーエンジニア

カスタマーエンジニアは、システムの保守や点検・修理を行う役割を担います。 システムエンジニアやプログラマーのように一からシステム設計や構築を行うエンジニアではなく、完成したシステムや機器の維持を行うのがカスタマーエンジニアの役割です。 トラブル発生時には昼夜を問わず駆けつけるなど、システム維持のためのサービスエンジニア業務を行います。

職種別にみるエンジニアの役割7:セキュリティエンジニア

職種別にみるエンジニアの役割7:セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、サーバーの構築や運用・保守、セキュリティに配慮したシステム設計・運用などを行う役割を担います。 サーバーに関連する業務や、情報セキュリティに特化したエンジニアです。未然にサイバー攻撃を防ぐための調査や対策などを行います。 セキュリティエンジニアは情報セキュリティに精通していることが求められます。また、クライアントと意見交換をする場面も多く、仕事内容は多岐にわたります。

職種別にみるエンジニアの役割8:テストエンジニア

テストエンジニアはソフトウェアなどが正常に動作するかどうか、テスト・検証・評価などを行う役割を担います。 テスター、またはQAエンジニアと評されることもあります。テストエンジニアはさまざまなテストケースを実施し、プログラムやデータベースの設計ミス、バグを発見し、製品の品質を向上させる役割を持ちます。

職種別にみるエンジニアの役割9:社内SE

社内SEは自社のシステムおよびインフラの構築・管理を行う役割を担います。 社内の情報システム部やインフラ管理部などに所属し、自社内の基幹システムやサーバーの運用保守、社内ネットワークの管理などを行います。 社内SEの業務範囲は広く、他にも各種アカウントなどのライセンス管理、社員に対するサポートに至るまで、社内システムに関する幅広い業務を担当します。

職種別にみるエンジニアの役割10:ブリッジシステムエンジニア

ブリッジシステムエンジニアは、他国と協働するIT関係のプロジェクトにおいて橋渡しを行うコミュニケーターの役割を担います。 国外の人材と協働するプロジェクトの場合、言語が異なるグローバルな環境となります。そのため、間に立って円滑に業務を進められる人材が必要となります。 つまりブリッジシステムエンジニアとは、SEとしての役割だけでなくプロジェクトマネージャーとしての能力、言語力が求められる職業となります。

エンジニアにおすすめの転職エージェント

エンジニアにおすすめの転職エージェント

エンジニアにおすすめの転職エージェントはどのエージェントになるのでしょうか。 この数年で転職サイトや転職エージェントは膨大な数となっています。それぞれ特定のジャンルに専門特化したエージェントも多いため、どこを使えばいいのかわからないという場合もあるのではないでしょうか。 ここでは、エンジニアにおすすめの転職エージェントをご紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリアは、パソナキャリアカンパニーが運営する転職エージェントです。 全ての業種、職種をカバーしています。特にIT・通信関連の求人に強くなっており、ITなど特定の分野は専任のキャリアアドバイザーがいるため、専門的で親身なサポートを受けられます。 また、パソナキャリアには独占求人が多いという特徴があります。さらに各企業の人事担当者との信頼関係も厚く、企業とのパイプもしっかりと構成されています。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは転職大手のマイナビが運営している転職エージェントです。 取引企業数が多く、豊富な求人が魅力です。これまでの転職サイトを運営してきたため、多くの企業との取引実績から築いたネットワークを転職エージェントにも活かしています。 また、マイナビは「マイナビエージェントIT」というIT・Web業界への転職支援に特化したエージェントサービスも運営しています。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは老舗のブランド力と求人数が魅力の転職エージェントです。 圧倒的なブランド力と求人数を誇り、業界業種問わず大手からベンチャーまで日本全国の求人をカバーしています。その中でもSEやエンジニアなどの募集は多く、業界別にみてもIT業界の求人が豊富です。 また、非公開求人は10万件以上保有しており、その数は業界トップクラスです。キャリアアップにもおすすめの転職エージェントといえます。

エンジニアの役割を知ろう

エンジニアの役割を知ろう

エンジニアはその職種によりさまざまな役割を持ちます。 ITやシステムに関する技術の発展が目覚ましい現代社会において、エンジニアの役割は拡大し、その重要さも増しています。また、生活になくてはならないインフラを支えるシステムも多く、エンジニアの人材不足も深刻な問題となりつつあります。 日常生活におけるエンジニアが担う役割を理解し、エンジニアの仕事内容に関して理解を深めましょう。

アクセスランキング