IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でエンジニアが質問される項目10選|おすすめ転職エージェントとは

職種研究

皆さんこんにちは、今回は「面接でエンジニアが質問される項目10選|おすすめ転職エージェントとは」と題し、「面接でエンジニアが質問される項目10選」などをはじめ、その際におすすめされる転職エージェント・その際の注意点などをご紹介します。ぜひご参考下さい。

更新日時:

エンジニアへの転職率

現代で見られる「エンジニアへの転職率」についてですが、エンジニアは基本的に「離職率が高い」と言われながら、エンジニアにおける多彩な業種によってはやはり「エンジニアとして働く人の傾向」も年々上がっている世情が見られます。 「エンジニアへの転職率」が具体的な数値として割り出すのは難しいですが、概ね「30%から40%」とされ、これは多くの関連職種がエンジニアのスキルを培ってくれる点に理由が見られます。

面接でエンジニアが質問される項目10選

さてここからは「面接でエンジニアが質問される項目10選」と題して、エンジニアとして働く場合・転職する場合に、その面接過程で質問されやすい項目をご紹介していきます。 エンジニアへ転職する場合には、まず「なぜエンジニアとして働くのか」という基本的な志望動機の作成をはじめ、そこで提示できる自己PR内容の充実、それまでの実務キャリアの提示、さらに過去の活動実績を具体的(魅力的)に伝えることが重要になります。

面接でエンジニアが質問される項目1:志望動機

まず「IT関連企業・エンジニアへ転職する場合」に質問されやすい志望動機です。この場合は「なぜそのエンジニアの仕事を選んだのか」という基本的な回答だけではなく、その上で「自分はどのような将来ビジョンを持っているか」につなげることが必須になります。 志望動機を聞くことはどの面接でもしますが、エンジニアの場合は主に「世情ニーズの流動が早いIT企業」への転職となるため、その点へのPRも求められます。

面接でエンジニアが質問される項目2:自己PR

エンジニアへの転職で課される面接では、この場合の自己PRは書類選考時と面接での2箇所で改めて聞かれる重要事項となります。書類選考時に記載した内容に上乗せする形で、さらに具体的な「自己PR内容(即戦力性を示せる点)」を伝えられるようにしましょう。 企業面接で評価されやすい自己PR内容では主に、この「即戦力になるかどうか」がまず基準に置かれやすく、それはエンジニアへの転職時でも同じく普通に見られます。

面接でエンジニアが質問される項目3:職歴や技術に関する質問

エンジニアへの転職時・その面接時には、それまでエンジニア関連職で培ってきた過去の実務キャリアをはじめ、そこで独自に果たしてきた活動実績・将来ビジョンの形成などが主に問われるでしょう。 これまでのエンジニアとしての実務キャリア・エンジニア職に関連する実績などを踏まえ、転職後でも十分活用できる実力・能力が評価されることになり、その点でも即戦力性を伝えることが重要になります。

面接でエンジニアが質問される項目4:業務で失敗したこと

過去の業務でどのような失敗をしたか、またその際にどのように修復したか(リカバリーしたか)という点は、その後の転職時にも大いに役立つステップになってくれます。この点も具体的に工夫しておき、エンジニアへの転職時・面接時のポイントにしておきましょう。 具体的に「どのような失敗をして、その失敗をどのように挽回したか」という点を面接ではっきり・簡潔に伝える工夫をしておき、インパクトを持たせてみましょう。

面接でエンジニアが質問される項目5:失敗後のリカバリーはどうしていたか

先述の続きとなりますが、「ビジネス上での失敗・過失」というのはどんな職場でもあるもので、大事な点は「その後のリカバリーをどのようにしたか(挽回したか)」ということになります。 この場合の評価点は主に「人間力」や「仕事への覇気・根気」、さらには「将来ビジョンの持ち方・仕事に対する責任能力・管理能力」などに焦点が当てられることになり、つまり「ビジネス手腕」が直接的に問われることになります。

面接でエンジニアが質問される項目6:長所と短所を教えてください

この「長所と短所」の質疑も、どんな転職時・面接時にでも聞かれる必須の質問事項となるでしょう。エンジニアとして転職する場合でも、この「長所」と「短所」はなるべく接点を持つよう(具体的に)伝えることが大切で、箇条書きの調子にならないよう配慮しましょう。 「この点がわたしの長所ですが、見方を変えれば(場合によっては)短所にもなります」などと、表裏一体感を微妙に引き出すことで、魅力的なPRになります。

面接でエンジニアが質問される項目7:今までのキャリアについて

この場合の「キャリア」というのはもちろん「職歴」になりますが、単に職歴を箇条書きで記載するだけでなく、そこで培った技術・スキルや将来ビジョンの形成の方法など、なるべく具体的に(面接では)伝えることが大切です。 はじめに過去の活動実績を伝え、その内からピックアップして「これだけは伝えておきたい」とするPR点を、自分から面接で伝えることが大切です。この際もエンジニアとしてのPRにつなげましょう。

面接でエンジニアが質問される項目8:質の良いシステムの定義

これはいわゆる「企画・プランニング」の類のPRに見られますが、自分がその企業に転職(入社)してどのような活躍ができるか、またどのようなオリジナルの起案ができるか、といった点を、面接時から直接的にアピールするためのステップアップになります。 企業面接というのは主に「転職後にその社員がどれだけ活躍してくれるか」という点に集中して評価する傾向があるため、面接時からそのためのPRをすることが大切です。

面接でエンジニアが質問される項目9:好きなIT企業

この「好きなIT企業」について聞く上で、その転職希望者が具体的にどのようなエンジニア職種に興味があるか、またどのような職種分野で活躍できるか、などといった具体的な評価があげられます。 面接では「その転職希望者の内実・過去に持った趣味」の分野も比較的慎重に質疑することがあるため、この場合は「なるべく多分野での興味」を伝えておき、その中から具体性のある理由を添えておくことが魅力的なPRとなるでしょう。

面接でエンジニアが質問される項目10:譲れないこだわり

転職時に「自分がやりたい仕事に対するこだわり」を持っておくことは、転職そのものへの覇気を踏まえ、転職後の即戦力性・自己成長度・さまざまなプロジェクトへの実力発揮を、おのずと企業側へ伝えるための指標を示すことになります。 この場合も面接ではなるべく具体的かつ簡潔にその「こだわり」を提示しておき、「なぜそのようにこだわりを持つのか」について、納得のいく説明ができるよう工夫しておきましょう。

おすすめの転職エージェント

ここからは「おすすめの転職エージェント」と題して、実際にエンジニア職へ転職する際・面接時の質疑応答に着実に答えられる実力を付けるためにも、確実に役立ってくれる転職エージェントをご紹介していきます。 転職エージェントを利用することによって、理想の転職先をスムーズに見付けられるだけでなく、その後のキャリア形成も着実に培っていける「安定した転職活動」ができるため、ぜひ相性の良いサイトを確保しましょう。

レバテックキャリア

まずレバテックキャリアでは「トータル的な転職斡旋力」がかなり強力で定評があり、中途採用者でも未経験でも適切な支援・サポートがなされ、それによって「自分の天職をしっかり確保できる・転職後の安定を図れる」という好印象の評価が得られています。 エンジニアとして転職する場合・面接に対応する際でも、そのために必要な魅力的な履歴書作成をはじめ、添削も完璧にしてくれる総合的サポートに定評があります。

ワークポート

未経験・中途採用、また年齢の差異もほとんど問わずに、理想的な転職活動を進めてくれるエージェント「ワークポート」です。IT企業への転職斡旋に定評があり、その転職後も充実した生活・仕事への定着率の向上に尽力してくれます。 エンジニアとしての実務キャリアを効果的に生かした上で、面接では着実に採用されやすい自己PRを提案し、良質のアドバイザーの支援によって円滑な活動が進められます。

doda ITエンジニア

「doda ITエンジニア」を利用する特典は「求人情報がかなり豊富な点」で、未経験・中途採用者を問わず、エンジニア・IT関連系の適職を見付けようとする際でも着実な成果が早期に期待される点にあるでしょう。 面接対応でもオリジナル性の高いPRをはじめ、エンジニア系の職種をリサーチする点でもかなり定評を持っており、「自己スキル・キャリア形成」に見合った職先がスムーズに確保できます。

JACリクルートメント

JACリクルートメントを利用する場合は、主にIT関連スキル・キャリアを生かした上でエンジニア系職種への支援・サポートが専門的になされ、非常に安定感のある活動を紹介してくれます。 エンジニアを目指して転職する場合・面接対応を工夫する際には、志望動機の作成を完璧に添削してくれる上、即戦力性を十分PRできる「オリジナル性の高い魅力的なアピール」に着実に整えてくれます。

エンジニアの面接のポイントを知ろう

いかがでしたか。今回は「面接でエンジニアが質問される項目10選|おすすめ転職エージェントとは」と題し、「面接でエンジニアが質問される項目10選」などをはじめ、その際におすすめされる転職エージェント・その際の注意点などをご紹介しました。 転職時・面接時の対応を工夫する場合には、自分にとって必須の知識・将来設計のためのステップを把握し、着実な活動を勧められるよう配慮しましょう。

アクセスランキング