IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアの働き方3つとメリット・デメリット|働き方が大切な場合

職種研究

近年、給与よりも働き方を重要視する傾向が高まっており、エンジニアの働き方も多様化してきています。会社員として企業に雇用されるだけでなく、派遣エンジニアやフリーランスのエンジニアとして働いている人も多く存在します。ここではエンジニアの働き方についてご紹介します。

更新日時:

エンジニアは業界ごとに働き方が異なる

エンジニアは業界ごとに働き方が異なる

エンジニアには専門とする業界により働き方も異なります。 近年、働き方のスタイルも多様化してきました。それはエンジニアにも同様で、さまざまな職種があるのと同時に業界によって多種多様な働き方があります。 ここではSI業界やインターネット業界など、業界ごとのエンジニアの働き方についてご紹介します。

SI業界

SI業界

SI業界とは、大規模なシステムを開発する業界です。 SIとは「システムインテグレーション」の略です。社会に必要不可欠な仕組みをITを使って構築する企業のことを指し、手作業で行っている業務をIT活用して効率化を進めることが主な業務です。 問題解決のためにコンサルティングから行うことも多く、一つの案件に多くの企業、エンジニアが関わります。そのため、経験やノウハウに基づいた設計、見積もりが重要となります。

インターネット業界

インターネット業界

インターネット業界とは、インターネットを利用したサービスを提供する業界です。 Web業界はまだ年数が浅いにも関わらず、急成長を続けている業界です。その種類はホームページ制作、ネットワーク構築などの「企業向け(B to B)」、各種SNS、ソーシャルゲームなどの「消費者向け(B to C) 」の2つに分類されます。 ITを活用しながら利益をあげていくサービスで、受託開発と自社サービスの企業が主となっています。

受託開発する企業も

受託開発とはクライアントから案件を受けてシステムを開発することです。 自社でシステムやソフトウェアを開発するための人員や設備、技術力が足らない場合、その開発を他社に依頼することになります。そういった開発を依頼され、仕事として受注して開発することが受託開発となります。 しかし近年は競合や開発ツールが増えたこともあり、単純にWEBサービスを作るだけでは高い単価をとることは厳しくなってきています。

エンジニアの働き方3つ

エンジニアの働き方3つ

エンジニアとして働く場合には、さまざまな働き方があります。 エンジニアは普通の会社員と違い、企業に所属しなくてもその技術力を活かして働くことが可能です。大きく分けると派遣、正社員、フリーランスという働き方がありますが、それぞれ不都合な点や働き方での違いはあるのでしょうか。 ここではそれぞれの働き方の違いと、メリット、デメリットについてご紹介していきます。

エンジニアの働き方1:派遣エンジニア

派遣エンジニアとは、人材派遣会社に登録し、企業へ派遣される働き方です。 IT業界では、一つのプロジェクトや事業の単位ごとに組織が動きます。そのため、必要な人材を派遣エンジニアとして期間を設けて雇用することがあります。 派遣エンジニアは効率的に人材を確保できるため、エンジニア派遣のシステムは多くの企業で活用されています。

派遣エンジニアのメリット

派遣エンジニアはライフスタイルに合わせて働きやすいというメリットがあります。 正社員として働くよりも自由が効きやすく、出勤時間や出勤ペースなどもプライベートに合わせて決められる職場も多くあります。 また、他の派遣業よりも高収入であり、一つの職場にとどまらずさまざまな環境で働くことができるため、自由を求める人には魅力的な働き方といえるでしょう。

派遣エンジニアのデメリット

派遣エンジニアは非正規雇用のため、給料が不安定というデメリットがあります。 派遣の場合、給料は仕事をした分となります。仕事がないときには収入がなくなるほか、正社員よりも給与や福利厚生が良くない場合があります。 また、雇用期間が限定されているため作業現場が頻繁に変わるという不安定さや、正社員よりもローンの審査に通りにくいというデメリットがあります。

エンジニアの働き方2:会社員エンジニア

エンジニアの働き方2:会社員エンジニア

会社員エンジニアとは、会社員として企業に雇用される働き方です。 多くのエンジニアは会社員として企業に雇用されており、ベンチャー企業から大手企業までエンジニアとして働ける企業はさまざまです。

会社員エンジニアのメリット

会社員エンジニアには安定した収入が得られるというメリットがあります。 会社員なので、会社が潰れなければ安定した収入を得ることができます。また、有給休暇などの福利厚生もあり、年末調整や税金の手続きなども会社がやってくれるため、働きやすいと感じることも多いでしょう。 さらに企業に所属することで、多くの人に関わる機会があります。研修制度がある企業の場合は、スキルアップできる点もメリットといえるでしょう。

会社員エンジニアのデメリット

会社員エンジニアには人間関係の悩みなどのデメリットがあります。 環境によっては上司や先輩などとの人間関係に悩む場合もあります。また、会社員エンジニアは自分では仕事を選ぶことができません。基本的には与えられた業務を行うだけなので、時にはやりたくない仕事をしなければいけないときもあります。

エンジニアの働き方3:フリーランスエンジニア

エンジニアの働き方3:フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアとは、企業や団体に所属しない働き方です。 派遣や会社員のようにどこかに所属することもなく、自由に働くことができるイメージの強いフリーランスエンジニアですが、実際にはどうなのでしょうか。

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスエンジニアは自由に働く場所や時間を決めるられるというメリットがあります。 フリーランスならパソコンがあればどこでも働くことができます。また、仕事内容も自分がやりたい仕事を選ぶことが可能です。ある程度需要があるなら、自分の得意な分野のみ受けることも可能でしょう。 さらに大きなメリットは、働いた分だけ収入に直結するという点です。上限もないため、働くことへのやりがいや満足感も大きくなると言えます。

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスエンジニアは案件ごとの契約となるため、収入が安定しません。 一つの案件が終われば、次の仕事が決まるまでは収入がなくなります。会社員のような有給休暇もないため、仕事をしていない時間の給与はないため、しっかり働けるように自己管理する必要があります。 また、健康保険も全額負担のため保険料が高くなり、その他確定申告なども自分で行わなければいけないというデメリットがあります。

給与よりも働き方が大切な場合3つ

給与よりも働き方が大切な場合3つ

給与よりもどんな働き方をするかがエンジニアには重要です。 近年、働き方の選択肢が増えてきたこともあり、給与面よりも自分がどのような働き方をしたいかを重要視するエンジニアが増えてきました。 ここではエンジニアにとって大切な働き方についてご紹介します。

給与よりも働き方が大切な場合1:リモートワークが可能かどうか

エンジニアにはリモートワークが可能な企業のほうが人気です。 リモートワークが可能ということは、働き方の自由度が増えることにもなるため、勤め先を決める上での大きな判断要素となっています。 リモートワークにもさまざまな程度があり、週1、2回はオフィス勤務というところや、リモートがメイン、完全なリモートというところも存在します。いずれにしても、リモートワークへ理解がある企業の方が働きやすいといえるでしょう。

給与よりも働き方が大切な場合2:時間の融通が効くかどうか

給与よりも働き方が大切な場合2:時間の融通が効くかどうか

エンジニアには時間の融通が効く企業のほうが人気です。 例えば子育て世代の場合は子供の送り迎えなどの時間を取ることができるのか、災害などで電車が遅延している場合に無理にオフィスに通わなくていいかどうかなど、時間のコントロール権が個人にあるほうが働きやすいといえるでしょう。

給与よりも働き方が大切な場合3:副業OKかどうか

エンジニアには副業OKな会社のほうが人気です。 高いスキルを持つエンジニアほど、さまざまな仕事をしたいと思う傾向にあります。また、副業にも取り組むことで本業でも役立つ技術や経験を手に入れられるというメリットもあります。 副業のせいで本業が疎かになるのでないかと思われがちですが、優秀な人ほど本業でも時間内に成果を出すことができるため、企業でも優秀な人材確保のために副業OKとしているところもあります。

エンジニアの働き方について理解を深めよう!

エンジニアの働き方について理解を深めよう!

エンジニアはさまざまな働き方が選べる時代になっています。 これまでエンジニアといえば、普通の会社員と同様に会社で業務を行うことがほとんどでした。ですが近年は業界ごとにさまざまな働き方が生まれ、エンジニアも自由に働き方を選べるようになっています。 しかし自由な働き方には責任もつきものです。エンジニアは自分のこだわりや収入などさまざまな点を考慮して、自分に合った働き方を見つけましょう。

アクセスランキング