IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアが年収を増やす方法3つ|外資系企業のエンジニアは年収が高い?

職種研究

エンジニアは多くの場で活躍しています。特にIT技術が進んだ現代社会において、専門の知識と技術を持つIT関係のエンジニアはなくてはならない存在です。しかしながらエンジニアの年収は高くありません。この記事ではエンジニアの年収を増やす方法についてをまとめています。

更新日時:

エンジニアの意味

エンジニアの意味

エンジニアは非常に広い意味合いを持ちます。本来は技術者や機関士のことを指しますが、現代社会においては、工学分野の専門的な技術を持ち活躍する人材全般をエンジニアと定義します。 一般的に認知されているエンジニアはIT関連です。機械の設計を行う者、電子デバイスの開発を行う者、あるいはシステム全般を取り扱う者など、現代社会にはさまざまなエンジニアが存在しています。

エンジニアの語源は?

エンジニアの語源は?

エンジニアの語源は古く、15世紀の中世ヨーロッパにまで遡ります。 戦争の多い15世紀に、当時主流だったギルドに決まりに縛られずに活躍する軍事技術者として、インゲニアトールが登場しました。開発された新しい技術はインゲニウムと呼ばれ、これがエンジニアの語源であるとされています。 元々のエンジニアは軍事技術者であり、戦争問題を技術力という手段を用いて解決する人材というポジションでした。

エンジニアとエンジニアリングの意味

エンジニアは技術者のことを指し、エンジニアリングは学問の工学のことを指します。 つまりエンジニアは、その分野において専門的なエンジニアリングの知識・技術を持っている人材であると言えます。 エンジニアの種類は多様です。そのどれもが高い知識と技術力が求められます。その中でも一般に広く知られているシステムエンジニアやネットワークエンジニアは、特に幅広い能力が求められます。

エンジニアが年収を増やす方法3つ

エンジニアが年収を増やす方法3つ

エンジニアの平均年収は、およそ400~500万円です。 他の職と同じように勤続年数やキャリアにより平均年収が増える傾向はありますが、決して高い年収であるとは言えません。エンジニアは特殊な職であると考えがちですが、年収を増やすために行う方法は他の職種と同じです。 エンジニアが年収を増やすためには、転職やフリーでの活動が必要となります。

エンジニアが年収を増やす方法1:転職する

エンジニアが年収を増やすための方法の1つとして挙げられるのは、転職をすることです。 転職先にもよりますが、それなりのキャリアを持ち会社に貢献できる人材であると判断されれば、年収を引き上げることは不可能ではありません。 また、年収を増やすために転職する際には、事前に転職先の年収の相場を確認するべきです。キャリアアドバイザーなどの手を借りることも視野にいれるべきでしょう。

転職のメリット

転職先の1つとして、IT関係のエンジニアへの転職をおすすめします。 情報通信業界はインターネットが普及している現代において非常に需要があり、今後も安定した業界です。またIT関係で必要なプログラミングスキルは、どの業種でも重宝されます。 IT関係への転職は、今後どのような業種でも活用できる専門スキルを磨くことができるため、確実にプラスに働きます。

エンジニアが年収を増やす方法2:フリーランスになる

エンジニアが年収を増やす方法2:フリーランスになる

エンジニアが年収を増やすための方法として、2つ目に挙げられるのはフリーランスになることです。 フリーランサーとして活躍するエンジニアの中には、一部ではありますが平均年収の倍以上を稼ぐ人もいます。性質上、人間関係におけるトラブルが起こりにくく、また自分のペースで仕事を行うことができるのもフリーランサーの魅力のひとつであると言えるでしょう。

フリーランスのメリット

フリーランスは正社員と違い、案件毎に契約する必要があります。その中でも、高い専門知識やスキルを必要とする案件は、必然的に単価も高くなります。 スキルに自信があるのであれば、フリーランスは正社員よりも年収を増やすことに向いています。また、時間や場所に縛られないという点も大きなメリットであると言えます。

エンジニアが年収を増やす方法3:経営者になる

エンジニアが年収を増やす方法3:経営者になる

エンジニアが年収を増やすための方法として、3つ目に挙げられるのは経営者になることです。フリーランスにも言えることですが、経営者という立場になれば、自分のペースで仕事に取り組むことができます。 しかしながら経営者という立場は、エンジニアの技術者としての立場とは大きく異なります。経営者としての視点で物事を見ること、また柔軟な発想を持つことが求められるため、向き不向きがあります。

エンジニアの年収が高い企業ランキング4つ

エンジニアの年収が高い企業ランキング4つ

一般的に年収が低いと言われるエンジニアですが、あくまでも平均年収が低いだけであり、転職先の企業によりその年収は異なります。 また企業だけではなく、勤続年数や個人の習得しているスキルによっても年収は異なるため、一概に低いとは言えません。エンジニアは技術職であり、スキルは年収に比例します。 このランキングで紹介する企業の年収も、ある程度のスキルを所持していることが前提となります。

エンジニアの年収が高い企業ランキング1:日本商業開発

エンジニアの年収が高い企業の1つとして有名なのは、日本商業開発です。 日本商業開発の平均年収はおよそ1300万円と言われています。また新卒であっても初任給が50万円と、一般的な企業の初任給のおよそ2倍です。年収だけならば転職先として最もおすすめできる企業であると言えます。 日本商業開発は独自のビジネスモデルを持っており今後も伸びることが予想されます。転職の際は、年収に見合った高いスキルが求められます。

エンジニアの年収が高い企業ランキング2:Klab

エンジニアの年収が高い企業として2つ目に挙げられるのは、スマートフォンゲーム(ソーシャルゲーム)開発を中心に展開しているKlabです。 Klabの平均年収はおよそ550万円と言われています。また新卒の初任給はおよそ35万円と、一般的な企業に比べて高い傾向にあります。 Klabは自由な開発ができるため、技術力のあるエンジニアにおすすめできる転職先であると言えます。

エンジニアの年収が高い企業ランキング3:ドウシシャ

エンジニアの年収が高い企業として3つ目に挙げられるのは、ドウシシャです。ドウシシャは生活に携わる商品開発を中心の展開しています。 ドウシシャの平均年収はおよそ580万円であると言われ、また新卒の初任給はおよそ30万円と、こちらも一般的な企業に比べて高い傾向にあります。 また個人の習得しているスキルによっても年収は異なります。ドウシシャは実力のあるエンジニアの転職先には、最適の企業であると言えます。

エンジニアの年収が高い企業ランキング4:楽天

エンジニアの年収が高い企業の4つ目に挙げられるのは、楽天です。楽天は幅広い事業を展開しており、非常に知名度のある企業であると言えます。 楽天の平均年収はおよそ700万円となっています。また新卒の初任給はおよそ30万円と一般的な企業に比べて高い傾向にあります。 楽天は成果主義を採用しており、個人の実力と成果がそのまま年収に直結します。そのため勤続年数に関わらず、実力があれば高年収が得られる転職先です。

外資系企業のエンジニアは年収が高い?

外資系企業は優秀なエンジニアを求めているため、その年収は一般的な企業に比べて高い傾向にあります。 しかしながら外資系企業の多くは成果主義であり、個人の習得するスキルによってその年収は異なります。外資系企業の年収は実力に比例します。 そのため実力に自信のあるエンジニアにとって外資系企業は、非常におすすめできる転職先であると言えるでしょう。

エンジニアが年収を増やす方法について理解を深めよう!

エンジニアが年収を増やす方法について理解を深めよう!

いかがだったでしょうか。 エンジニアは年収が低いと言われていますが、そのようなことはありません。エンジニアの年収は実力が直結し、個人の習得しているスキルによって異なります。 年収を増やすためには優秀な企業に転職するだけではなく、実力と成果を出すことが重要となります。そのため、スキルを磨けば自ずと年収を増やす道が見付かります。

アクセスランキング